動物対話士(R) の伊東はなんが、方言まで再現する的確なペットの通訳で飼い主さんとの本当の愛と豊かさを引き出してお伝えします。
ラジオ番組のお知らせ
2017年05月24日 (水) | 編集 |
こんばんは。
動物対話士(R)の伊東はなんです。

先日は午前中から夜まで、
4本分のインターネットラジオの収録をしてきました。

午前中は、動物対話士(R)伊東はなんとして
ひとり語りの番組「ペットのように愛されたい」。
午後は「いい人いい話」というタイトルで、
伊東はなんのすばらしい友達をご紹介していく番組でした。

2つの番組、どちらも楽しく収録させていただいてますが、
特に「いい人いい話」は動物対話を離れた
ひとりの伊東はなんとして
お友達と楽しくお話しさせてもらっているのが
とても楽しいです。

いい人いい話 伊藤節子さん
6月3日放送のいい人い話のゲスト
フラワーコーディネーター伊藤節子さん

いい人いい話 ヤックー
6月17日放送のいい人い話のゲスト、ヤックー。

伊東はなんのラジオ番組は以下の日程で聞くことができます。

毎週月曜日12:30~13:00 ペットのように愛されたい
毎週土曜日22:00~22:30 いい人いい話
いずれも
インターネットラジオゆめのたね東日本チャンネル にて放送中。
http://www.yumenotane.jp

今のところ、その日その時間でないと聞くことができません。
どうぞお時間のよろしい日はスマホから、パソコンから、
番組を聞いてみてください♪

※FMラジオ等ではないので一般のラジオでは聞けません。
パソコンやスマートフォンなど、
インターネットが見られる環境でお聞きになれます。

            

一般社団法人動物対話協会
http://www.aada.or.jp/

HANAn
http://www.hanan.jp/
動物取扱業:14東京都訓第004535号
東京都杉並区下高井戸1-11-23
TEL・FAX:03-6304-3138

ペットさんの種類状態等一切不問。
2007年より専業アニマルコミュニケーターとして活動。
2013年夏に職業名を「動物対話士」として商標登録済み。
ペット入室可能なサロンにて、安心してセッションを受けていただけます。
※シーズー3頭、猫2匹がサロンにおります。あらかじめご了承ください。
テーマ:日々のできごと
ジャンル:ライフ
時間を積み上げて作り上げる大切さ
2017年05月23日 (火) | 編集 |
おはようございます。
動物対話士(R)の伊東はなんです。

ちょっと気を抜くとすぐに一週間が経ってしまう…。
まずいまずい(^^;

志乃の件、その後たくさんの方にご心配をいただいています。
それだけ多くの方がブログやフェイスブックを
見てくださってるんですね。
本当にありがとうございます。
たくさんの方に気をかけていただいて、
志乃は幸せ者です(^^)

どうやら志乃は、一瞬呼吸を止めたあのときに
三途の川のほとりに悪い部分を置いてきたようです。
倒れる前より体の動きが軽いし、咳もずいぶん減りました。
不思議なことがあるもんですねぇ。

もちろん、だからといって完全に余裕な状態ではありませんが、
それでも私自身、気持ちもだいぶ楽に外出できるようになりました。
今日は一日かけて4本のラジオ番組の収録をしてきます!
番組の宣伝もしなきゃですね(^^;
そのお話しは次回にでも…。

   

先週は養成講座三昧でした。
初級から上級までの受講生さんたちと一通り会った感じです。
たった半年しか違わないそれぞれのクラスですが、
講座への不安、納得度、考え方等々が、見事に違っていました。

初級の生徒さんは養成講座はまだ2回目。
中級の生徒さんは初級から数えて10回目。
上級の生徒さんに至っては15回目。
卒業した1期生は7月で卒業して丸1年になりますが、
それぞれ、自分の目指す道をそれぞれのペースで
着々と進んでいます。

時間の積み重ねに伴い培われてきた私への信頼。
動物対話に対する理解。
セッションへの向き合い方。
そんなものが目に見えるって、本当に幸せです。

動物対話士養成講座は初級の1回目から
上級の修了式まで1年半を要します。
誰に話しても「時間がかかりすぎて効率的ではない」と言われます。
けれど、生徒さんたちの姿を見ていると、
たった数日で出来上がってしまうプロたちとは
まるで比べ物にならない安心感があります。
1年半という時間をかけたからこそです。
受講生や卒業生の姿を見ていると、やはり
時間をかけたからこそ出来上がるものがあると確信できます。

そんな自慢の卒業生たちの一覧です。
http://aada.or.jp/#member
私が時間を見て手を入れている状態なので
作りかけ感満載ですが(汗)、
必要情報は出ています。
無料モニターを募集している方もいますので、
ぜひぜひご協力ください。

養成講座の結果だけでなく、
きっとどんなことでも同じことが言えるでしょうね。
途中に山あり谷ありでも、それを乗り越えて
丁寧に時間を積み重ねていけば、ちゃんと形になる…。
「継続は力なり」とはよく言ったものです。

これからどんなことがあるかわからないけど、
それぞれに対して、できる限りの誠意で
時間をかけてでもいいから丁寧に積み重ねていきたいと
改めて思った一週間でした。


さて、ラジオ収録の準備に入らねば!
ご長寿番組目指してがんばるぞー。
積み重ね、積み重ね!(笑)

2014年香港講演会チラシ
※この写真は記事とは全然関係ありません(^^;
3年前に香港で動物対話セミナーをしたときに、
現地のペット雑誌に広告として出た記事です。
不意に出てきたので、懐かしくて添付画像にしちゃいました。
こういうこともしてきたね、という
伊東はなんが積み重ねてきた歴史の一つです♪

            

一般社団法人動物対話協会
http://www.aada.or.jp/

HANAn
http://www.hanan.jp/
動物取扱業:14東京都訓第004535号
東京都杉並区下高井戸1-11-23
TEL・FAX:03-6304-3138

ペットさんの種類状態等一切不問。
2007年より専業アニマルコミュニケーターとして活動。
2013年夏に職業名を「動物対話士」として商標登録済み。
ペット入室可能なサロンにて、安心してセッションを受けていただけます。
※シーズー3頭、猫2匹がサロンにおります。あらかじめご了承ください。
生保営業最強セミナーに登壇!
2017年05月17日 (水) | 編集 |
こんばんは。
動物対話士(R)の伊東はなんです。

今日は生命保険各社の
超エキスパートたちが集まるセミナーで
動物対話についてお話しをさせていただきました。
染宮教育総研株式会社が主催の
第296回生保営業最強セミナーです。
今日のテーマは「染宮勝己の『優しい決算書講座』」。
税理士の染宮先生の決算書講座と合って
会場を埋め尽くす大入り満員セミナーでした。

そんな素晴らしい講座の後の30分を
「動物対話を用いたお客様との交流術」について
お話しさせていただきました。
染宮先生のお話しのあとなので、
きっとほんのちょっとしか残らないだろうと思ったら…。
第296回生保営業最強セミナー_全体
ほとんどの方が残ってくださいました!
ありがとうございます。

動物対話を知らない方にその魅力を伝える…。
これほど難しいことはありません。
いつもは下調べをしまくって、ここにしよう!と
決めてきてくださる方ばかりですから。

緊張の横顔です(笑)
第296回生保営業最強セミナー_はなん
撮影:瞬笑のローズ@笠間節子さん Thanks!

今や、市区町村に登録されている犬猫たちの数と
15歳以下の子供の数では、登録犬猫の数のほうが多いんです。
登録していないペットたちを合わせると、
日本の総人口を超えてしまう数の動物たちが
人間と暮らしている計算になります。

ですから、生命保険の営業マンさんたちも
ペットと暮らしているお客様とたくさん接しているわけで、
そこでお話が弾めば、お客様とより良い関係性が結べる♪
というわけです。

そこで今日は、
・生保営業マンがお客様のペットに好かれる方法
・お客様がさらに「うちの子」に好かれる方法
・お客さまから信頼を得る、もう一つの隠されたポイント
にテーマを絞ってお話ししてきました。

話を聞いてウルウルしてしまいましたという方が
講演後の名刺交換で続出でした。
私のお話しが少しでもお役にたてたらうれしいなぁ。

異業種の方に動物対話の素晴らしさをお伝えする快感、
クセになりそうです!

セミナー終了後に、染宮先生とローズと一緒に。
第296回生保営業最強セミナー_染宮先生&笠間さん


            

一般社団法人動物対話協会
http://www.aada.or.jp/

HANAn
http://www.hanan.jp/
動物取扱業:14東京都訓第004535号
東京都杉並区下高井戸1-11-23
TEL・FAX:03-6304-3138

ペットさんの種類状態等一切不問。
2007年より専業アニマルコミュニケーターとして活動。
2013年夏に職業名を「動物対話士」として商標登録済み。
ペット入室可能なサロンにて、安心してセッションを受けていただけます。
※シーズー3頭、猫2匹がサロンにおります。あらかじめご了承ください。
テーマ:動物対話
ジャンル:ペット
志乃のその後
2017年05月16日 (火) | 編集 |
こんばんは。
動物対話士(R)の伊東はなんです。

ここ数日、我が家のワンコのことで記事を続けてしまい
失礼しています。
今日、ちょっとだけご報告をさせてもらったら
明日からは日常の記事に戻しますので、
あとちょっとだけお付き合いください。

基本的に、わがままなお願い事項は
継続して行きたいと思っていますが…、

おかげさまで、奇跡のV字回復を見せています。
と言っても
小康状態を保っている、というところですが…。

日曜日に一瞬でも呼吸が止まったことを考えると、
今こうしていること、そのものが奇跡です。
今日の夕方にはこんな表情を見せてくれるまでになりました。
20170516志乃

明日もいい一日でありますように。


            

一般社団法人動物対話協会
http://www.aada.or.jp/

HANAn
http://www.hanan.jp/
動物取扱業:14東京都訓第004535号
東京都杉並区下高井戸1-11-23
TEL・FAX:03-6304-3138

ペットさんの種類状態等一切不問。
2007年より専業アニマルコミュニケーターとして活動。
2013年夏に職業名を「動物対話士」として商標登録済み。
ペット入室可能なサロンにて、安心してセッションを受けていただけます。
※シーズー3頭、猫2匹がサロンにおります。あらかじめご了承ください。
テーマ:日々のできごと
ジャンル:ライフ
伊東はなんから当面のお願いです
2017年05月15日 (月) | 編集 |
こんにちは。
動物対話士(R)の伊東はなんです。

ひとつ前の記事で、当サロンの看板ワンコのひとり、
志乃がちょっと大変なことになっています、と
お伝えさせていただきました。
それに伴い、
私のわがままをお願いしたく記事を書きました。
家族の看病ということで、どうかご理解をいただきたく、
平に伏してお願い申し上げます。

1)
ここからしばらくの間、
できるだけ出張セッションのお申し込みは
お控えいただけるとありがたいです。
写真やスカイプでも同等の内容がご提供できますので
ご安心ください。

2)
どうしてもはなんに会いたい!志乃に会いたい!
ほかの子たちにも会いたい!というありがたい方は
杉並サロンでの対面セッションは可能です。
ぜひご来訪ください♪
ただし、激昂しやすいペットさんはお留守番でお願いします。
志乃が発作を起こしてしまい、
セッションが中断されてしまう可能性があります。
その子のお写真をサロンにお持ちいただいて、
飼い主さんだけでお話ししましょう。
セッションの質に変わりはありません。

3)
状況によって、突然のセッション日時の変更を
お願いすることがあるかもしれません。
できるだけそうならないように私も志乃も努力しますが、
頭の片隅に置いていただけると助かります。
なにとぞご了承のほどお願いします。

4)
いつまでこの状態が続くかはわかりません。
ですので、どうしても出張をご希望の場合は
遠慮なくおっしゃってください。
志乃の状態と相談しながら
お日にちを決めさせていただければと思います。

以上、大変わがままなお願いとは承知の上のお願いです。
どうか、優しくお見守りいただければと思います。
セッションや講座については、
いつもと変わらず丁寧に全力でお伝えしていきます。

よろしくお願いします。

伊東はなん

追伸:
ほかの子たちはみんな元気です(^^)

            

一般社団法人動物対話協会
http://www.aada.or.jp/

HANAn
http://www.hanan.jp/
動物取扱業:14東京都訓第004535号
東京都杉並区下高井戸1-11-23
TEL・FAX:03-6304-3138

ペットさんの種類状態等一切不問。
2007年より専業アニマルコミュニケーターとして活動。
2013年夏に職業名を「動物対話士」として商標登録済み。
ペット入室可能なサロンにて、安心してセッションを受けていただけます。
※シーズー3頭、猫2匹がサロンにおります。あらかじめご了承ください。
タイミングは神様の貴重なお計らい
2017年05月15日 (月) | 編集 |
こんばんは。
動物対話士(R)の伊東はなんです。
なんかもう、昼も夜も区別がありません(^^;
定休日を作って曜日感覚を取り戻そうと思ってたのに。

というのもこの数日間のこと、
我が家の志乃さんの体調が思わしくありません。
土曜日の夜中から、いよいよか…というところまで来てしまい、
日曜日のお仕事は大変申し訳ないと思いながら
日時変更のお願いをさせていただきました。
ご快諾くださったことに心から感謝します。

ということで、日曜日は一日
志乃のそばにいてあげられるなぁと思っていたら、
お友達からメールが来て、
実はね…って志乃のことをお話ししたら、
サロンまで来てくれることになりました。
私の気持ちを察してくれたのかもしれません。
いつもタイミングを外さない、いいひとです♪

志乃の様子を見ながらいろんな話をしているときに、
大きな発作を起こして呼吸が止まりました。
私は、その時が来たんだと思って覚悟を決めましたが、
お友達はそうではありませんでした。

志乃ちゃん動いて!動いて!って声をかけてくれました。
そうしたら呼吸が戻ってきて…。
それを見て「酸素室に入れてあげよう」って言ってくれました。
ほかにもいろんな指示出しやサポートをしてくれました。
酸素室に入った志乃はみるみる落ち着きを取り戻してきました。
今は酸素室にいなくても、近くをふらふら歩くくらいまでになりました。

もし友達がいなかったら、呼吸が止まったあの時、
志乃を抱きしめて見送っていたことでしょう。
朝の一本のメールが志乃の命を繋ぎました。

今まで3頭の子を見送ってきましたが、
それぞれにいろいろなことを考えさえてくれました。
こんな立派な死に方をされたら後に続く子が大変だなと思っても、
次の子はそれをしのぐ逝き方を見せてくれました。

志乃は一度あちらに片足を入れて帰ってきました。
うちの子ではだれもしたことのないことです。
やっぱりそれぞれのお役目と個性があるんだなと思います。

あの時友達がいなかったら…と思うと、
あのタイミングのメールは
神様がくれた貴重なお計らいだと思うのです。
神様が「志乃が逝くのは今日ではないよ」
というのを分からせたくて
友達を送り込んでくれたのかもしれません。

どうやら志乃に残された時間はそれほど長くないようです。
いつもどおりに、でもいつもよりちょっと丁寧に
過ごしていこうと思っています。

ということで、今後も急なセッションの変更を
お願いをすることがあるかもしれません。
このような状況にあるということで
ご理解とご協力をいただけますよう、
平にお願い申し上げます。

去年の12月、お空に帰ったはなに寄り添う志乃。
生前はこんなことなかったのに。
はなによりそう志乃
こんなにやさしい子なんです。
どうかここから幕引きまでの時間が
志乃にとって穏やかで最善でありますように。


            

一般社団法人動物対話協会
http://www.aada.or.jp/

HANAn
http://www.hanan.jp/
動物取扱業:14東京都訓第004535号
東京都杉並区下高井戸1-11-23
TEL・FAX:03-6304-3138

ペットさんの種類状態等一切不問。
2007年より専業アニマルコミュニケーターとして活動。
2013年夏に職業名を「動物対話士」として商標登録済み。
ペット入室可能なサロンにて、安心してセッションを受けていただけます。
※シーズー3頭、猫2匹がサロンにおります。あらかじめご了承ください。
テーマ:動物対話
ジャンル:ペット
いとこがなくなりました
2017年05月13日 (土) | 編集 |
こんばんは。
動物対話士(R) の伊東はなんです。

なんだか唐突ですが、
数日前にいとこがなくなりました。
…という話を今日聞きました。
お通夜も告別式も終わった後でした。

悔しいなぁ。
寂しいなぁ。
私も最後のお別れしたかったなぁ。

私よりひとまわり年上で、
とっても面倒見が良くて優しいお兄ちゃんでした。

ついこの間、
また遊びに来なさいねって言われてて、
いつ行こうかなーって思ってたところなのに。

死への理解は仕事柄じゅうぶんあるはずだけど、
それでもやっぱり不意に知らされる連絡には
心が揺れます。

慣れるものではないし、
慣れてはいけないことだと思うけどね。


ゼラニウム
にいちゃん、どうしたんだよぅ。
びっくりしたじゃんー。
けどにいちゃんもびっくりしたよね。
ちょっとそっちに行くには早かったもんね。
せっかくだからゆっくり休んで。
おつかれさま。
また会おうね。
無事に光の元に行けますように。
M


            

一般社団法人動物対話協会
http://www.aada.or.jp/

HANAn
http://www.hanan.jp/
動物取扱業:14東京都訓第004535号
東京都杉並区下高井戸1-11-23
TEL・FAX:03-6304-3138

ペットさんの種類状態等一切不問。
2007年より専業アニマルコミュニケーターとして活動。
2013年夏に職業名を「動物対話士」として商標登録済み。
ペット入室可能なサロンにて、安心してセッションを受けていただけます。
※シーズー3頭、猫2匹がサロンにおります。あらかじめご了承ください。
テーマ:日々のできごと
ジャンル:ライフ
あたりまえがいちばんしあわせ
2017年05月11日 (木) | 編集 |
日中はすっかり夏の日差しの東京になりました。
そろそろエアコンの始動でしょうか。
この間までストーブを焚いてたのに…。
皆様いかがお過ごしでしょうか。
動物対話士(R) の伊東はなんです。

昨日、年を取ることについて書きましたが、
「そういえば…」と思いだしたことがありました。
ここ数年の私の座右の銘のことです。

それまではずっと、それはそれはずいぶん昔の
小学生時代からの私の座右の銘は
「女は愛嬌」でした(笑)
小学生のくせにこんな座右の銘を持つなんて
生意気な子供でした(笑)

そんなある日ふと思い浮かんだ言葉があったんです。
それが今日のタイトル。
「あたりまえがいちばんしあわせ」
これがここ数年の私の座右の銘です。

あたりまえこそありがたい。
あたりまえを大切にしないと、後で大変な後悔をする。
そんなことを思うようになったんです。
昨日記事に書いた、はなの認知症がきっかけでした。
いつもできていたことができなくなって、
あたりまえと思っていたことは実はそうではなくて
とても素晴らしいことだったんだって思ったのでした。

「そんなの普通じゃん」
「当たり前すぎてわけわかんない」
もしそんなふうに思うことがあったら、
それこそがあなたにとって、最も大事な物事だと思います。

今、目の前に愛すべきうちの子がいること。
その子たちが呼吸して、元気にご飯を食べていること。
車に向かって吠えたてること。
どれもこれも、当たり前の日常だけど、
いつかふとなくなることがあるということを
忘れないでください。

ありがたいとは、有難いと書きます。
めったにないこと、という意味です。

幸せなことはありがたいことですね。
めったにないほど満たされているってことです。
それが毎日続いている私たちの日常に
さらなる感謝を。

「あたりまえがいちばんしあわせ」
どうか明日もあたりまえの一日でありますように。


            

一般社団法人動物対話協会
http://www.aada.or.jp/

HANAn
http://www.hanan.jp/
動物取扱業:14東京都訓第004535号
東京都杉並区下高井戸1-11-23
TEL・FAX:03-6304-3138

ペットさんの種類状態等一切不問。
2007年より専業アニマルコミュニケーターとして活動。
2013年夏に職業名を「動物対話士」として商標登録済み。
ペット入室可能なサロンにて、安心してセッションを受けていただけます。
※シーズー3頭、猫2匹がサロンにおります。あらかじめご了承ください。
テーマ:動物対話
ジャンル:ペット
年を取るということ
2017年05月10日 (水) | 編集 |
こんばんは。
動物対話士(R)の伊東はなんです。

最近、年を取るということについて、
本当によく考えます。
白髪は出てくるし、体力は落ちてくるし、
目は見えなくなってくるし…(苦笑)

これ↑は私のことですけど、
ペットたちも同じですよね。
年を取れば白髪は出てくるし、体力は落ちてくるし、
目は見えなくなってくる…。

我が家のワンコたちも、
気がつけばみんなお年寄りチームです。
志乃はあと1か月弱で14歳。
ぼーずと芽依はこの秋で13歳。

人間年齢に換算すると72歳と68歳。
昨年暮れに16歳で亡くなったはなは80歳相当。

えてしてペットと呼ばれる彼らは
私たちより遅く生まれて、私たちより早くあちらに帰ります。
その姿は「いかに生まれ死んでいくか」を見せることで、
私たちに学びを与えてくれているのではないかと、いつも思います。

はなは10歳前後で認知症を発症しました。
昼夜逆転、いきなりの遠吠え、トイレシートをくしゃくしゃにする…。
どれも若いころにはしなかったことでした。
最初は集合住宅だったこともあって
とにかく「やめなさい!」って止めるばっかりでしたが、
その現象にだいぶ慣れてきたころ、
「はな、どうしたの?何かあった?」って聞くようになりました。
そうしたら「え?どうしたの?」って…。
あれぇ???って思って、獣医さんのところに行きました。
「今までしなかったことをし始めて、注意するときょとんとするんです」
って。
そして獣医さんはこういいました。
「残念ですが認知症です。犬にもあるんですよねー」と。

それを聞いた私、ほっとしたのを覚えています。
「なんだ。ぼけちゃったんならしょうがないか」って(笑)
急に受け入れ態勢のスイッチが入ったんです。
それ以来昼夜逆転中の遠吠えが始まっても、
「はいはい、大丈夫よー」って
落ち着くまで抱っこして時間を過ごしました。
今となっては懐かしい時間です。

200802はな
このころはまだ普通だったんだよなぁ…。

今は志乃と芽依が重度の心臓病で、
志乃は時々失神を起こすようになってしまったし、
芽依は心臓病独特のひどい咳をします。
ぼーずは目がほとんど見えなくなっています。
それぞれ何かを抱えていますが、
みんな明るく過ごしてくれているのがありがたいです。

人間でも年を取ると赤ちゃんに戻っていくと言われますが、
人の手が必要になる機会が増えてくるという点から見ても
きっとペットたちも同じなんでしょうね。

私、はなの介護期にこう思いました。
「やっと恩返しができる」って。
今まで苦労かけてきた分、たくさん甘えさせてあげたいし、
全部のわがまま聞いてあげよう、って思ったんです。

今度は志乃の番。
私と同じで頑張り屋さんで我慢しちゃうから、
まずは私がゆるくなるところからはじめないと!!


            

一般社団法人動物対話協会
http://www.aada.or.jp/

HANAn
http://www.hanan.jp/
動物取扱業:14東京都訓第004535号
東京都杉並区下高井戸1-11-23
TEL・FAX:03-6304-3138

ペットさんの種類状態等一切不問。
2007年より専業アニマルコミュニケーターとして活動。
2013年夏に職業名を「動物対話士」として商標登録済み。
ペット入室可能なサロンにて、安心してセッションを受けていただけます。
※シーズー3頭、猫2匹がサロンにおります。あらかじめご了承ください。
テーマ:動物対話
ジャンル:ペット
自由とは考えることを許されること
2017年05月09日 (火) | 編集 |
こんばんは。
動物対話士(R)の伊東はなんです。

今日は動物対話士養成講座4期生の
初級クラス第2回目でした。

杉並サロンにお越しくださったことのある方は
ご存知だと思いますが、
シーズー3頭、日本猫2匹が
いつもみなさんと一緒にいます。

この子たち、お客様が来ようと来まいと関係なく
いつも自由にしています。
今日はみんなと一緒に話を聞きたいと思えば1階にいるし、
今日は接待したくないのって思うと勝手に2階に上がります。

動物と暮らすのは、人間と暮らすとの
基本的には何も変わらないのでは?と思うのです。
人も動物も、あんまりルールでがんじがらめにしたら
考えることを放棄してしまうのでは?と。

ある程度の自由を認めて、
こちらの思いと違うことが起これば
「そういうことをするのはどうして?」と聞きながら
こちらがどうしてほしいかを伝えることで、
お互いがお互いのことを考えるのではないかな、と思います。

これは人対人だって、人対動物だって同じこと。
ペットと言われる動物たちにも耳はありますから、
私たちが何を言っているかは理解しています。
それを信じるかどうか、で成果が大きく変わってくるのですが、
信じている人とそのペットさんは、
本当に見事に意思の疎通ができていますし、
相手を尊重することを知っています。
犬だから人に忠実、猫だから人の話は聞かない、ではないのです。

実は今日の講座でもよちゃんがたいそうなわがままを言いました。
それは困ると伝えたら、すねちゃいました。
で、さっきのさっきまで、私は2階、もよちゃんは1階にいて
別々の部屋でした。

けど、もよちゃんも反省してさみしくなったらしく、
階下から私を呼んだので、どうした~?って降りていったら、
とっても反省してしょげた様子で近寄ってきました。
「さっきはごめんね」って。
ここまで来たら許さないわけにはいきません。
ちゃんとごめんねが言えたんだもん。

人だってなかなかそうはできませんね。
それができたもよちゃんはさすがです!
なので「お仕事中はわがままはダメだよ」って言って、
2階に行こうね♪って言ったら、喜んで駆け上がってきました。
そのあと抱っこして、もう一回念押して伝えて仲直り、です。
このブログを書いてる今も、私のお膝の上で一緒です。

行動する自由を与えられたということは、
自分の意思を持って考えることを許されたということ。
そうすると、話し合いの大切さを
自らの体験をもって知ることができます。

しつけ本に書いてある、
「動物たちは3~4歳くらいの知能しかありません」というのは
信じない方がお互いのためだと思うのが、
私がこの仕事を通して感じていることです。
彼らは実に思いやり深く、素直でユーモラスです。

私がインターネットラジオゆめのたねで
「ペットのように愛されたい」というタイトルで
ラジオ番組をしているのは、
そういうところを真似していけば
間違いなく愛されて大切にされるだろうなと
うちの子たちを見て思うからです。

そうやってだんだんペット化してくる
動物対話士(R)伊東はなんでした(笑)


            

一般社団法人動物対話協会
http://www.aada.or.jp/

HANAn
http://www.hanan.jp/
動物取扱業:14東京都訓第004535号
東京都杉並区下高井戸1-11-23
TEL・FAX:03-6304-3138

ペットさんの種類状態等一切不問。
2007年より専業アニマルコミュニケーターとして活動。
2013年夏に職業名を「動物対話士」として商標登録済み。
ペット入室可能なサロンにて、安心してセッションを受けていただけます。
※シーズー3頭、猫2匹がサロンにおります。あらかじめご了承ください。
テーマ:わんことの生活
ジャンル:ペット