FC2ブログ
ペットも大切な家族の一員。そう思ってくれるステキなあなたに、一般社団法人動物対話協会代表理事がお役に立つ情報をお届けしています。
アニマルコミュニケーション:答えられる事とそうでない事
2007年02月03日 (土) | 編集 |
アニマルコミュニケーションとは、動物の気持ちを聞いて飼い主さんに通訳するお仕事…と思っています。ご依頼内容はしつけに繋がる部分も多く、またそうでない場合にもそれなりの効果は出ていますが…。

それでも、どうしても答えられない系統の質問が3つあります。

●この病気は治りますか?という質問●
これはあらかじめはっきりお伝えしておきますね。
獣医師ではないので、治る・治らないのお話はできません。
治るとか治らないというのは診断になり、診断はそれなりの資格を持った人が下すものなのです。
私はあくまでもペットさんの通訳ですから、こと病気に関しては「治したい」という気持ちは伝えることができても「治ります」とは言えないのです。ギリギリのところで「大丈夫だと思うけど…」程度。でもやはり最後は「ちゃんとお医者さんに行って診てもらってね」と言います。
その病気(ケガ)の最終診断は獣医師さんのお仕事です。
はなんのコミュニケーション結果だけで安心したり不安になったりしないでください。これはホント、強くお願いします<(_ _)>

●NOと言われたら困る質問●
例えば、
「3日間留守にしようと思うのだけど、あの子はどう思ってるかしら」など、
人間側の決意ができていない時の質問は聞くことができません。
だってね、NOと言われたらどうします?(苦笑)
大抵は「そう言われてもねぇ…」だと思います(^_^;
なので、こういう場合は
「3日間留守をするので、いい子に留守番するように伝えてください」
に置き換えてください。これなら通訳可能になります。
私から「3日したら帰ってくるからいい子にしてようね♪」とお願いできるからです。

人間としてどっちにしたらいいか答えが出せなくて、
「どう思う?」という質問をしたい時は
ペットさんの気持ちを最優先にできる時だけにして下さい。

●一般常識に合わせたほうがいいかという質問●
先の質問と似たような内容ですが、実はこの手の質問は結構あります。
例えば…。
「相手の子を触ったり撫でたりすると腕にヘコヘコします。このままヘコヘコをさせておいていいのでしょうか。」

うーん…。
これを止めさせたいか、放っておくかは飼い主さんの判断によります。
はなんはヘコヘコさせていいともいえないし、悪いともいえない(^^;
まずは飼い主さんの意思と判断が必要になります。

もしそれを止めさせたい時には
「ヘコヘコするのは止めてほしいので、そう伝えてほしい」とご依頼ください☆

このようなご依頼を受けた時は
・なぜヘコヘコするのか
・あなたの家族はそれを見る(される)のを嫌がっている
・やめる事はできるか?
という感じでお話を進めていきます。
そして最後に「少し我慢してごらん♪」とお願いをします(^-^)
同時に飼い主さんへも、変化の確認をしてもらい、それが認められた時は
きちんと褒めてもらうようにお願いをします。

理由を聞くところからお願いをするところまで、早い子では数十秒、
なかなか納得してもらえない子には何分でも時間をかけて理解をしてもらいます。時には交換条件を出して納得してもらう事もあります。

または「どうしてそういう行動をするのか聞いてほしい」とお尋ねください。
この場合は、答えによって飼い主さんのその後の判断と対処が別途必要になります。

どんなかたちであれ、納得してもらう事が肝心だと思っています。
それが改善への一歩だと思うから。

このような流れでコミュニケーションをしてから実際に問題行動が収まるまで、HANAnのクライアント様のご報告では早くてその日、平均でも2週間程度でおさまる事が多いようです。
場合によっては何回か繰り返してコミュニケーションを図ることも必要になってきますが、それでもしつけ教室にかかるお金を考えたら格段に安いし早く解決すると思います。

彼らは人間ではないけれど、意思や感情のある面では私たちと同じです。
「きちんと話し合って、両者納得の上で日常生活を過ごすこと」
これが何よりの幸せの元だと感じています♪


アニマルコミュニケーションのお申し込みはこちらからどうぞ(^^)
コメント
この記事へのコメント
なるほど
黒柴のとまとちゃんのところから来ましたm(__)m
ただいまACについて勉強中の身です
モニターの一人として、あるAC見習いの方に愛猫を見てみらった時に、この「質問」について困る事はないのかなぁ…と素朴な疑問を持ちました
こちらの記事を読んで、なるほど…と納得
それと、近しい方のペットたちを見る時もなかなか難しいのではないだろうかと…
これは私が勉強している先の先生に聞いた話です
「こうあって欲しい」という気持ちが、相手方のペットに対して働いてしまいやすいとか
むむむ…難しいなぁと、勉強しながら思っているところです(^_^;)
2007/02/10(Sat) 12:26 | URL  | あける #r46.OO9A[ 編集]
お勉強がんばってください(^-^)
あけるさんのお役に立つことができて良かったです♪
私はアニマルコミュニケーションについては、
ひとつのメーリングリストに参加しているだけで、
アニマルコミュニケーションに特化した先生はいません。
私は動物の声を聞くという事よりも、
ひたすら自分の感性を磨くお勉強をしています。
それができれば動物だろうが人だろうが、
生きていようがいまいが、
必要な情報はキャッチできるはず…と思ってます(笑)
私の感性の先生は二人いらっしゃいますが、
どちらも日本で10本の指に入るだろう、
ものすごい力の持ち主です。
そういう方の元で学ぶことができる自分を幸せに思います(^-^)

あけるさんもお勉強がんばってください!
いろいろ情報交換できたらいいですね(^^)
また遊びに来て下さいね(^o^)丿
2007/02/11(Sun) 23:13 | URL  | はなママ@はなん #Si2BarZE[ 編集]
コメントを投稿
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック