動物対話士(R) の伊東はなんが、方言まで再現する的確なペットの通訳で飼い主さんとの本当の愛と豊かさを引き出してお伝えします。
スポンサーサイト
--年--月--日 (--) | 編集 |
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
去勢の是非について
2009年10月01日 (木) | 編集 |
神奈川県のY様からメールをいただきました。

「HANAnさん、こんばんは。

ブログ楽しく読みながら、勉強させてもらっています。
HANAnさんのブログを読むと、いろいろ考えます。

ところで、今日は質問があります。
~中略~
去勢することをどう思いますか?
友人のプードル君は、普段大人しいのですが、去勢していないので
同じ去勢していない犬に会うと吠えるそうなんです。

~ワンコさんの固有名詞が入っているため中略~

相手のワンちゃんも吠えるので、相性もあると思いますが、
やはり去勢していない同士はライバル意識があるのでしょうか?

~ワンコさんの固有名詞が入っているため中略~

私は健康な体にメスを入れるのは反対なので去勢は考えていませんが、
将来病気になる可能性が高いため、
友人はお医者さんに勧められているそうです。

ワンちゃん自信はどう思っているのでしょうか?

このことは、皆さん気にしている内容なのですが、
メールまたはブログでHANAnさんの考え(動物達の考え)を
教えて頂けたら嬉しいです。

よろしくお願い致します。」

おそらくは同じようなことを考えておられる方も多いと思い、
「メールまたはブログでHANAnの考えを」とのことですので
ブログにてお返事させていただきます(^^)

                     
HANAnの活動をより広く知ってもらうために
ブログランキングに参加してます。
アニマルコミュニケーションやヒーリングはステキ!
と思われた方は、この文字列をポチッとお願いします♪


blogramランキングにも参加中!
こちらもよろしくお願いします(^0^)/

---
アニマルコミュニケーションとレイキとパワーストーンなら
HANAn H&Aヒーリングセンター http://comm.hanan.jp

                     

続きはこの下。


まず最初に、頂いたメールについて
(上記質問文だけではない部分も含めて)
単刀直入にお伝えすると、このご質問はお受けできません。
冷たいと思われたらゴメンなさい。
けど、それは私がこのお仕事を続けていく上で
とても大切なことです。

その理由のひとつは、内容的に「お友達のワンコ」という
特定の子がメインターゲットになったご質問だから。
他の方は皆さんちゃんとご予約を取って
セッションの中で個人的な話を聞いていますので、
その方々と公平を期すためにも今回のようなフライング行為はNGです。
個人的なお話しについては、ぜひご予約を取ってからご相談ください。

また、もうひとつの理由として、この手の話はケースバイケースで、
そのワンコくんがどう思っているかによりますので
ご質問内容を基にしてお話しをするのは無理があります。

去勢をしておとなしくなる子もいますし、変わらない子もいます。
飼い主さんがそうしたいなら・・・と受け入れる子もいるでしょうし、
どうして俺がそんなことされなきゃならないんだって思う子もいるでしょう。
こんなに大変なことを一般論でまとめてしまうのは乱暴すぎる…。

また、HANAnはどう思うかというご質問については
ここで私の考えで「こうしたほうが理想」と言ってしまうと、
そうでない選択をした人が「私は間違ったのかしら?」という
不安に駆られる可能性もあるので、そういう事態は避けたいです。
特に今回のように体にメスを入れるような大きなことについて
一般論でまとめ上げるのはとても危険なことだと思っています。


たぶん類似のお悩みを持っておられる方はたくさんおられると思います。
けれど、その方のペットたちの感性は皆同じではありません。
いつもセッションで言っていることですが、
「質問から得られた答えに賛同できるのなら聞いてください。
 それが不可能なら質問しないでください。
 ペットに期待を持たせた挙句、その期待を裏切るのは酷ですから」
というのを、頭の片隅に置いていただければありがたく思います<(_ _)>
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。