動物対話士(R) の伊東はなんが、方言まで再現する的確なペットの通訳で飼い主さんとの本当の愛と豊かさを引き出してお伝えします。
スポンサーサイト
--年--月--日 (--) | 編集 |
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
説明できますか?
2009年08月30日 (日) | 編集 |
突然ですが、
もし皆さんがだれかに「それってどうして?」と聞かれたとき、
ちゃんと説明できますか?
「どうして?って言われたって…」と理由が言えなかったり、
「話せば長くなるから」なんてお茶を濁してませんか?
もちろん「どうせ言ってもわからないでしょ!」
な~んて逆ギレは問題外!ですね…(^^;

質問されたときというのは、
相手はそのときに答えがほしいということ。
なのにそれに対して答えられないのは、
それに対して自信のないときが多いのではないでしょうか?

なぜこんな話をしたかというと、
実は、
ペットの問題行動がやまない場合、
飼い主さんが、その問題行動を止めてほしい理由が
明確じゃないことが多いからです。
「どうしてその行動をされたくないのですか?」
と聞かれたときに、
「何で?って言われても…(ゴニョゴニョ)」とか、
「そういうのはやらないのが普通じゃないですか?!」
なんて、そういう答えでは相手には伝わりません。
相手にきちんと伝えるには、
きちんと理由を伝えることが大切です。
そして、聞かれたことに対しては
誠意を持って答えることが大切です。
これは人間同士でも同じですね。

去年の秋に「伝えること」について、
ふと聞こえてきた会話からこんなことを感じていました。
http://hananz.blog77.fc2.com/blog-entry-547.html
求められたことに対してあきらめちゃいけないって
当時はとても強く感じたようです。
「当時は…」と書いたけど、今でも同じ思いを持っています。

少し話が脱線してしまったけど、ここまで書けば、
本当に止めてほしい問題行動はどうすればいいのかは
聞かずもがな、ですね☆

北九州市で11月に行われる3時間のミニセミナーでは
そんなこんなも交えた
「テレパシーを使わないアニマルコミュニケーション術」
お伝えします。
「うちの子は何を考えてるかわからない」
「何度言っても言いたいことが伝わらない」
という飼い主さんにはぜひ参加していただきたいイベントです。
詳しくはこちらのページをごらんください。


HANAnの活動をより広く知ってもらうために
ブログランキングに参加してます。
アニマルコミュニケーションやヒーリングはステキ!
と思われた方は、この文字列をポチッとお願いします♪


blogramランキングにも参加中!
こちらもよろしくお願いします(^0^)/
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。