動物対話士(R) の伊東はなんが、方言まで再現する的確なペットの通訳で飼い主さんとの本当の愛と豊かさを引き出してお伝えします。
スポンサーサイト
--年--月--日 (--) | 編集 |
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
アニマルコミュニケーション:はなん、大失態をやらかす!
2007年01月25日 (木) | 編集 |
今回の主役。
ガク君
ガク君です。

そう、ガク「君」なのです。れっきとした男の子です。それなのに…、性別を聞かなかったことも災いして、女の子と思ってしまいました(汗)
とーってもお恥ずかしいミスなのですが、それでも意思の疎通ができたのはガク君の優しさでしょうねぇ…。本当にお恥ずかしい限り。申し訳ないです<(_ _)>

ガクままさんからは、ガク君についてこんな質問をいただいていました。
これを見ると、なぜはなんがガク君を女の子だと思ったのかが分かる…かな?
●毎月シャンプーをしにお店に連れて行くのですが、今まで頭を洗うのは嫌がりながらも洗ってもらったのに10月くらいからすごく嫌がって噛み付こうとするらしいです。しかも今月(12月)はドライヤーも嫌がったそうです。今まで大丈夫だったのにガクに何があったのでしょう??

●昨年の10月に出産し娘が産まれました。今までガクが一番かわいがられていたぶん、子供が産まれた今ガクはどう思っているのでしょう??子供が産まれてから大好きな公園に行きいつものように離して遊ばせると脱走するようになりました。きっと何か関係があるのですよね。


そう。二つ目の質問を「ガクの出産」と思ってしまったのです。
で、すっかり「ガクちゃん」になってしまい…(^^;
マコくん、モコくんという男の子がいたり、マロン君という男の子とマロンちゃんという女の子がいたり・・・で、名前で性別の判断は止めようと思っていたのが裏目に出てしまった感じ。ママさんから「ガクは去勢した男の子、子供を産んだのは私なんです~」と教えていただいた時は、あちゃー(>_<)って感じでした。

で、ガク君が男の子とは知らずにいたはなんはどう答えたかというと…。
-------------------------------------------------------
いただいた二つの質問を見直した時、ある共通点が見えました。
シャンプーを嫌がりはじめた時期と出産の時期です…。

交配についてはガクままさんの思うところもあると思いますが、一番大事にされていたガクちゃんが一番ではなくなった事へのストレスはかなりあるようです。

子育てはかいがいしくしていると思いますが、実は決してそれは好きでなく、母性のスイッチが入ってしまったので訳もわからずお世話させられてる…という印象が強いように感じました。
ガクちゃんの言葉を借りると「ガマンの日々」だそうです(^^;

なので、子供たちから離れた時に、ここぞとばかりにわがままを発揮してるのかも。逃げ出したい気持ちが公園での行動に繋がっているのかもしれません。

子育てをしているガクちゃんを、もっともっと褒めてあげてください(^^)
褒めてあげることでストレスを昇華させてしまうんです。「ガクのおっぱいで赤ちゃんがこんなに大きくなるなんて、ガクはすごいねー」「ガクにそっくりなかわいい子だね~。さすがガクだね~」「ベビのお尻のお掃除してあげたの?ガクはお母さんの仕事もちゃんとできるんだね」などなど。
一挙手一投足を褒めてあげてください。
思うだけでなく、ちゃんと言葉にして褒めてあげてください。赤ちゃんを眺めてニマニマして、写真をたくさん撮っていては、ガクちゃんは置いてけぼりを食ったようでさみしいのです。

ガクちゃんはとっても我慢強いから、ガクままさんには不平は言わないかもしれないけど、ベビより私をみて!というストレスが強いようです。
今のガクちゃんは、本来彼女が持っている気品ある強さが雲っているように感じます。
ガクちゃんが自信を取り戻した時、シャンプーも元通りになり、公園での脱走もなくなるような気がします…。

-------------------------------------------------------
すっかりガク君が出産したつもりでお話してるぅぅぅ。
しかもガク君の事を「彼女」とまで…(T_T)
これはママさんに「???」が飛んで当たり前です(恥)

ただ、ガク君のすばらしい理解力とフォローのおかげで、大筋で話がずれる事はありませんでした。
つまり、「子育てのところはガク君も協力している気になっていて、それなりに子育てのストレスを感じているようです」ということでした。

そしてガク君同様、すばらしい理解力を示してくださったママさんのおかげで、ガク君は今回(1月)のシャンプーはトリマーさんに「今回はとってもいい子でしたよ」と褒められたそうです♪
前日からママさんが「明日はがんばろうね」と励ましてくれたり、赤ちゃんが寝た後は一緒にお昼寝したりして、コミュニケーションの時間をたくさん取ってくださったのが効果的だったようです。
ガク君よかったね~。えらかったねー(^-^)
このご報告と共にガクままさんからとても嬉しい言葉をいただきましたので、この場を借りてご紹介させてください。

はなんさんに相談することでとてもよい勉強になりました。
それから、もっともっとガクをかわいいと思うようになりました。

本当にありがとうございました。


こちらこそ、ありがとうございました!
コミュニケーションのおかげで、ガク君のことがもっともっと好きになったなんて、こんなにステキなお言葉を頂けて嬉しいです。
このお仕事をやっててよかった!と思える瞬間のひとつです。
やっててよかった!と思うもうひとつの瞬間…。
それは、コミュニケーション後の変化についてご報告いただいた時です。
私はただ、気持ちをつなぐきっかけを作っただけ。
本当に気持ちがつなげるかどうかはご家族にかかっています。
この変化は他でもない、ご家族の理解の賜物なんです。
それなのにこんなに嬉しいお言葉を頂けるなんて…。
もったいないくらいです♪

今回ガク君とガクままさんにはそのどちらともをプレゼントいただきました。
ココロがほんわかして、胸がきゅんとして、目がウルルンとしました。
ガク君、ガクままさん、本当にありがとうございました。

ガク君もヨカッタね(^-^)
さぁ!来月もシャンプーがんばろう!(笑)


アニマルコミュニケーションのお申し込みはこちらからどうぞ(^^)
コメント
この記事へのコメント
こんばんわ。
UPしてくださってありがとうございます。
私のブログにもやっとUPしました。
自分の質問を読み直して、
「これは確かに間違えるなぁ~」と思いました。
はじめにガクは男の子です!
と書くべきでした。
はなんさんには大変申し訳ないことをしてしまったなぁ~と今更ながら反省しております。

一番嬉しかったことをメールに書くのを忘れたのでコメントに書きますね!

それは・・・
「ガクが子育てをしてるつもりになっている」
ということです。
ガマンの日々になりつつもきっと私のために
やってくれているのかと思うとガクがすご~く
かわいくなってしまいました。

はなんさん、本当にありがとうございました。
2007/01/26(Fri) 22:34 | URL  | ガクまま #-[ 編集]
いえいえ・・・(^^;
ガクままさん、コメントありがとうございます☆

性別の事は私が必須事項を記載して募集しなかったのがいけなかったので、
ガクままさんは全然問題ないのです(^-^)
というか、この時期はある意味自分を試してた感がありまして、
詳細情報を聞かずにどこまで感じ取れるか・・・を探っていました。
性別が違ったのは残念!と思いつつ、けどとても楽しんでお話をさせていただきましたので
結果としては70点くらいでしょうか(笑)
ガクくんって芯はとっても大人な気がしました。
子育ても楽しんでるのではないでしょうか(^-^)
これからもよろしくお願いします♪
2007/01/27(Sat) 10:13 | URL  | はなん #Si2BarZE[ 編集]
コメントを投稿
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。