動物対話士(R) の伊東はなんが、方言まで再現する的確なペットの通訳で飼い主さんとの本当の愛と豊かさを引き出してお伝えします。
生まれつきの性格と過去世との関係
2009年06月28日 (日) | 編集 |
※明日6月29日(月)は完全休業日のため
 ブログの更新をはじめ、メールの返信・電話対応等は
 お休みさせていただきます<(_ _)>※



保護犬一時預かり3日目です。
大きさはこんな感じ。
預かりっ子と500mlペットボトル
左が女の子。右が男の子です。

ちなみに志乃&凜生後10日のころはこんな感じ。
しのりんとペットボトル
500mlのペットボトルと背比べしてみました。

預かりっ子たちも生後10日前後らしいのでちょうど同じくらい。
けど、預かりっ子たちのほうがはるかに大きく見える~(笑)

それにしても預かりっ子の個性の違いには
おもしろいやら考えさせられるやら…。
男の子のほうは穏やかで素直で子育ても楽チン。
それに引き換え女の子は我が強いこと、強いこと。
自分の要求が通るまで頑として諦めません(-_-)

人の子供は3歳くらいまでは過去世のことを
覚えていると言われています。
どうしてパパとママのところにくることにしたのか、とか、
生まれてくる前はどこにいたのか…を、上手に聞き出すと
すらすら教えてくれるといいます。

ならば犬だって覚えているはず!と思いました。
その思いは女の子の爪切りをしているときに
確実なものとなりました。
「やっぱり覚えてるんだ!」と。

先に爪を切った男の子はどうということもなく
スムーズに切れたのに、女の子はなぜか
はさみを持っただけで異様な嫌がり方を見せたのです。

爪の状態から見て、明らかに生まれて初めての爪切りです。
なので、それが痛いとか怖いとかいう予備知識はないはず。
しかも先にきった男の子も十分にリラックスした状態で
手足の爪を切り終えましたから、先の子を見て
学習したということもありえないし、
まだ目も開いたばかりで見えてないし。
もちろんリラックスして静かに爪切りを終えたので、
オーラから恐怖を感じることもなかったはず。

「これは絶対何か知ってる!」と思いました。


HANAnの活動をより広く知ってもらうために
ブログランキングに参加してます。
アニマルコミュニケーションやヒーリングはステキ!
と思われた方は、この文字列をポチッとお願いします♪



さっそく女の子ワンコのリーディング開始です。
過去世で彼女はずいぶんわがままに育ったようです。
家族は彼女(犬)に振り回されて、彼女のことを一家の最優先に
しないと落ち着くものも落ち着かないような…。
はたから見ると姫というより暴君といった感じ。
犬的には相当気持ちよかったのでしょう。
本当は今回は「人と助け合って生きていこう」という
目標を立てて来たようですが、つい前世と同じことが
とっさの態度として出てきてしまうようでした。

爪を切るときも、まだはさみを爪に当てていないのに、
指を固定しようとして押さえると、それだけで
「虐待されてますー!誰か助けてーーー!!!」
という勢いで泣き叫びます(--;
昔の飼い主さんだったら周囲を気にして諦めて
トリマーさんのところに連れて行ったのでしょう。
泣き叫べば止めてもらえるという意識が強く見えたので、
「そんなことしても誰も助けてくれないよ」と言いながら
・キミは何をしにここに来たのか。
・はなん家に来たからにはそんな甘えは許されないよ。
・人の言うことを聞いていたほうがどれだけ幸せかを
 一緒に来た男の子君から学びなさい。
などなどを言い続けました。

それでも泣き止まない女の子ワンコ。
子供に飴玉をあげると泣き止むように
ワンコにミルクを含ませました。
やっぱり人も犬も同じですね(笑)
少しおとなしくなったので、全部の指の爪を切り終えました。

その後、晩ご飯のミルクを終え、ひとしきり落ち着いてから
再び女の子ワンコと話をしました。
お腹いっぱいになったあとだったから
眠かったのもあると思いますが、
とりあえずおとなしく聞いてくれました。

人間と支えあいながら生きていくことが
彼女の今世の目標です。
一時預かりということで少なからずその子の人生に
関わることになってしまった私。
彼女の目的を感じさせられてしまったからには
その道にうまく進めるお手伝いをしなければ…
と思います。

生まれつきの性格が過去世の思いと
大きく関わっている可能性があることを
女の子ワンコが教えてくれました。
今までも何度かセッションでペットさんから
そのようなお話しを聞いたことがあったけど、
この子もそうだったなんて。
輪廻転生って深いね。

しばらくの間は女の子ワンコに対して
怒ったりなだめたりの繰り返しになると思います。
女の子ワンコはそれによって少しでも
より良い一生を送るための知恵をつけてくれると
いいなと思います。
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック