FC2ブログ
ペットも大切な家族の一員。そう思ってくれるステキなあなたに、一般社団法人動物対話協会代表理事がお役に立つ情報をお届けしています。
飼い主さんの変化による犬の興奮の低下について
2009年05月17日 (日) | 編集 |
飼い主さんの心持ちが変わればペットの行動が変わるお話し
【その1】です。
主人公は小型犬の男の子です。
ブログの掲載のお申し出、本当にありがとうございます<(_ _)>

この子について、飼い主さんは次のように感じておられました。
「基本的にはとてもイイコでかけがえのない子なのです。
これらの問題がなければ。」…と。
問題とは主に以下のようなことでした。
・インターフォンに反応して吠える。
・家の前に人の気配がすると吠える。
・よその子を見ると興奮がひどい。
・車に乗ると落ち着きがなくて運転もままならない。
セッション時に拝見した彼は飼い主さんのおっしゃるとおり
基本的には本当にイイコで、自分が飼い主さんにとって
かけがえのない存在になっていることを十分自覚していました。

セッション前に飼い主さんと調整をして、週1回×2の
2週連続セッション&レッスンをすることにしました。
メニューは以下の通りです。
1回目…2時間
 現状確認と通常のアニマルコミュニケーションと実地レッスン。
 アニマルコミュニケーションには、セッション中の
 ワンコくんへのヒーリングシャッフルも含まれています。
2回目…1時間
 飼い主さんへのヒーリングシャッフルと、
 前回からの変化についての確認と実地レッスン。

以下にいただいたメールの抜粋をお届けします。
便宜上、ワンコくんの名前のところは
「彼」に置き換えさせていただきました。
--------------------------------------
コミュニケーションを受けてから、一か月以上経過しましたが、
彼は確実に変化していると思います。
当社比ですが(笑)。
犬への興奮はまだまだありますが、吠えは殆ど無くなりました。
大きい犬がいきなり近寄ってきた時には、さすがに吠えましたが…。
~中略~
普通にすれ違う時には、興奮しそうになる時に彼を
座らせて首輪を持ち押さえます。
最初はかなり暴れましたが、最近は私の言葉も
耳に入るようになったせいか、
以前ほどの暴れ具合ではありません。
車の中での興奮は、かなり抑えがきいています。
外に犬が見えるとかなりの興奮でしたが、
私が「興奮しない!落ち着く!」と言うと
ドライブボックスの中でお座りをするようになりました。
私の指示が出るまで座っています
(かなりお尻をジリジリさせていますが/笑)。

来客にも、とりあえず興奮しないようにと言い聞かせをして、
お座りをさせます。
私が戻ってもお座りし続け、私の指示で
玄関まで行く事をさせています。
(そのときには、もう玄関にはだれもいませんが/笑)

かなりの進歩だと私は思っています。

変わったのは、私もだと思います。
以前は彼の吠えや興奮が恥ずかしく、
相手の飼い主さんに悪いなーと思っていたのですが、
今は彼だけ見て彼の事しか考えていません(笑)。
彼が吠えるなら興奮するなら、とことん付き合おうと思います。
それがどうした?という感じで(笑)。
ただ、やはり集合住宅で繁華街にあるので、
ある程度躾はしていかないといけませんが。

私自身もコミュニケーションをして良かったと思うのは、
母親に対しての気持ちの変化です。
~中略~
今は、母の手を握ったり、笑いかける事ができます。
~中略~
そして、素直に彼に笑いかける事ができます。
以前は少し無理をしてた部分があったのかもしれませんが、
今は本気で笑いかけています。
大好きで大好きで、どうして良いかわからないくらいです(笑)。

本当に、HANAnさんのおかげだと思います。
変わるきっかけを与えて頂いたと思っています。

まだまだ色んな事があると思います。
また、悩んで迷ってご相談する事もあると思います。
その時には、よろしくお願い致します。
--------------------------------------
文章中にもありますが、飼い主さんの腹が座れば
ペットたちもそれに呼応してくれることがほとんどです。

過去にもインターフォンへの吠えについて
セッション中に実地レッスンを取り入れたことがあり
その時もその日のうちに変化が見られました。
今回再びアニマルコミュニケーションを取り入れることで、
セッション後すぐに実地レッスンすることは、のちの進歩に
格段の効果があることを改めて見せていただきました。

それにしても、
「大好きすぎてどうしたらいいか分からない」なんて
ステキだと思いませんか?
今後はそれぞれの「個」を認めた上での、
さらなるステキな関係が築けることと思っています。

明日の記事も実地レッスンを取り入れた結果の
飼い主さんの心の変化についてをUPします。
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック