動物対話士(R) の伊東はなんが、方言まで再現する的確なペットの通訳で飼い主さんとの本当の愛と豊かさを引き出してお伝えします。
スポンサーサイト
--年--月--日 (--) | 編集 |
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
隣のチワワ
2009年05月05日 (火) | 編集 |
正確には隣の隣…になるのですが、
休日になるとたまに、ベランダの隙間を縫って
我が家に、隣の隣に住んでるチワワが探検しに来ます。

この子がまた、気の毒というかなんというか…。
遊んでほしいのだけど、そのアプローチの仕方を知らないのです。
吠えながら迫ってくるので「どーしたの?」と近づくと
吠えながら後ずさりしながら逃げる。
じゃぁいいよ、といってその場を離れると追ってくる。
そっかそっかとおやつを持ってくると、手から食べる…。
その間、チワワの飼い主は呼ぶでもなく放りっぱなし。
チワワも帰ろうとせず…。
チワワはチワワなりに遊んでもらってるつもりらしいけど、
吠えられっぱなしでは触れないし、
そんな状態では正直かわいいとも思えない…(--;
いろんな意味でかわいそうだなぁと思います。
社会化の大切さや、飼い主とワンコとの付き合い方について
いろいろ考えてしまいました。

かと言って、そこんちにいって
「お宅のワンコ、社会化レッスンしたほうがいいですよ」
なんて大きなお世話だし…。
つくづくセッションに来られるペットさんたちは
幸せだなぁと思いました。
そして、早くアニマルコミュニケーションが一般的になって
もっともっと当たり前になればいいなぁ。
そのためにも、もっともっと私もがんばらないと!
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。