動物対話士(R) の伊東はなんが、方言まで再現する的確なペットの通訳で飼い主さんとの本当の愛と豊かさを引き出してお伝えします。
スポンサーサイト
--年--月--日 (--) | 編集 |
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
時と共に変化する心
2009年05月03日 (日) | 編集 |
昨日のお知らせどおり、今日もセッションレポートです(^^)

今日の主役は2匹の猫くんたちとその飼い主さん。
以前メールセッションを受けていただき、
その後、やはり1年くらいして今度は電話セッション
お申し込みくださいました。
セッションを受けたい理由は、いずれも
2匹の仲たがいについて、が主な内容でした。

一度目は弟猫くんがお兄ちゃんと遊びたく仕方なくて、
けんかを吹っかけたようになった感じのセッションでした。
しかし二度目のセッションのお申し込み用に送られてきた
写真を見ると、どうにも様子が違う感じ…。
弟猫くんは「僕は悪くないよ」と一生懸命主張しているのです。
おやおや?何があったんだ…?と
いろいろお話しを聞いてみると…。

今回のセッションで感じられたことをざっくりお伝えすると、
優しいお兄ちゃんに甘えて弟くんが調子に乗りすぎた結果
お兄ちゃんがキレた…という内容でした。
一年前は「まぁ、しゃーないやん」と大らかだったけれど、
それも月日が経ち、状況が変わってくると
そうも言っていられなくなる…と。

一度のセッションで「この子達はこうなのね」と
決めてしまわずに、今度はなぜだろう?と思ってくださった
飼い主さんの判断が功を奏した形となりました。
その時々によって状況や言い分が違ってくるのは
人もペットも同じ
なのですよね。

今回電話セッションを受けられた飼い主さんから、
『電話セッションのススメ』をいただきました。
------------------------------
電話セッション良かったです(*^o^*)
事態は深刻なのに…たくさん話が出来て楽しい1時間でした(^_^)v
電話機をハンズフリーにして、録音すればいつでも聞けます!
電話セッションおすすめですよ~(^_^)v
------------------------------
とのこと。
確かにこの方法だと、
ご家族はもとよりペットさんたちにも
飼い主さんや私の会話が聞こえるので
彼らも話題についてこれて、みんなが何を考えているかが
リアルに感じられてとてもいい環境を作ることができます。
なので、電話セッションの時には
ぜひともオンフック(ハンズフリー)にして
ペットさんたちにも同席していただきたいですね♪

このところ、セッションレポートの掲載許可が
続々届いてます。
私は「お待たせしました☆」という思いでいっぱいです。
どうぞゆるゆるとお楽しみください♪
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。