動物対話士(R) の伊東はなんが、方言まで再現する的確なペットの通訳で飼い主さんとの本当の愛と豊かさを引き出してお伝えします。
分からなかったら聞きましょう
2009年03月25日 (水) | 編集 |
最近つくづく思うのが、
「クライアントさんと私は同じ歩みをしているんだな」ということ。
つまり、クライアントさんへのアドバイスは、
自分自身へのアドバイスでもあるということです。
今までもたくさんのそんなことを体験してきました。

最近多くお伝えしているのは
「疑問に思ったら聞いてね」という言葉。
これを言うと「HANAnさんに聞くことは考えてなかった」
というお返事が返ってきます。
実は私も最近あるところで
「もしかしたら質問するかもしれませんが…」と言ったら、
とても嬉しそうに「そうよ、聞かないと分からないでしょ。」って。
そんなやり取りを経て、質問することの大切さを実感したところでした。

自分も体験したからこそ言えることですが、
聞くこと自体が頭からすっぽり抜けていることもあったりするけど、
それ以外に「こんなこと聞いていいのかな?」って
遠慮しちゃうことも多くて、つい自分で何とかしようとしてしまうのよね。
本当は相手は聞けば喜んで答えてくれるのに。
まったくもって、もったいない思い違いをしてしまうんです。

もちろんわからないからといって丸投げ状態で質問するのではなく、
聞く前にはちゃんと考えて、調べて、
「それでも分からなければ聞く」という姿勢は大切だと思うし、
相手への礼儀だと思います。
けど、手を尽くしても分からなかったときに、
分からないからとそのままにしてしまったり、
心の中に閉じ込めてしまうのは辛いし、
成長の機会を失う可能性もあってもったない…。

相手のキャラクターを知り、信じ、力を借りる。
やるだけのことをやったなら、そのあとで人の力を借りるのは
決して悪いことではないと思います。
私も含めて心当たりのある皆様、
ぜひ無理せず周囲の力も借りられるように
自分の思い込みの殻を取りましょうね。
って、まずは私からだわ…。
素直にならなくちゃ!

なので、皆さんもセッションで「?」と思ったことは
遠慮なく聞いてください。
自分の中で解消しようとして鬱々とその思いを抱えているのは
とても辛いことだと思いますから。
ただしセッションを終えてから時間が経てば経つほど
私の記憶からも薄れていきますし、状況も変わってきますので
答えられなくなってきますので、セッションの中で
疑問に思ったことはできればその場で聞いてください。
それが無理でも、せめて翌日くらいには確認してください。
そのときは「セッションのやり取りの中で理解できなかったこと」に
限ります。
「そういえば聞きそびれたことがあるんですが…」という場合は
新たにセッションのお申し込みをお願いします(^^;


PS:質問の件について「あ、私のことだ」と思った人へ
同じような状況の方が何人もいらしたので記事にしました。
「これだけそう思う人がいるってことは、他にも同じ思いをしている人が
たくさんいるんだろうな」という思いで書きました。
「私のこと?」と思った方は、「似たような状況の人がいるんだなー」
と思っていただければ幸いです。
「特定のある人がそうだったから…」ということではないので
くれぐれも誤解なきようお願いします☆
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック