動物対話士(R) の伊東はなんが、方言まで再現する的確なペットの通訳で飼い主さんとの本当の愛と豊かさを引き出してお伝えします。
アニマルコミュニケーション:お兄ちゃんになったジェイド
2006年12月23日 (土) | 編集 |
今回の掲載はコーギーのジェイド君。
この次にでてくるソレイユちゃんの同居犬です。
彼女がきてからヤキモチを焼いて威嚇するようになってしまったとの事。

ジェイド君のココロの中はどうなっているのかな…?

ジェイド君


以下がジェイド君のママに送ったはなんからの言葉です。
(ジェイド君に関するところのみを抜粋しました)

まずジェイ君。
ソレちゃんのことが気に入らないんだね。
かなり男の子らしい気質のように感じました。
ソレちゃんのことは「オレ、気にいんねーんだよ、あいつ」って感じ。
原因は確かにやきもちのように感じます(^^;
やきもちの理由は主にこの二つでしょうか。
・自分よりソレちゃんのほうが見た目で勝っている
  (と彼が感じてる、ということです)
・ソレちゃんには優しく接するのに自分にはそれがない。
  (服従訓練も含めて指していうようでした)

彼は縦社会を強く意識する子だと思います。
亭主関白っぽい感じ。
ソレイユは3歩下がってついてくればいいんだ…くらいな勢い。
負けん気が強いですね。
服従訓練も一人でやるよりも、複数で上達度を競わせたほうが
ぐんぐん伸びるのではないでしょうか♪
基本的に一匹狼風かな?
たまには人さびしいこともあるかもしれないけど、
一人でいても孤独とは思わないことのほうが多いと思います(^^)

相手が弟分(妹分)としての立場をわきまえてくれたことを理解すれば
とても頼もしいお兄ちゃん肌を発揮します。たぶん・・・(^-^)

まずはジェイ君にもう一度妹分が来たことを理解してもらうことが大事かな。
なぜ彼女がMayさんちに来るようになったか。
ソレちゃんはブリーダーを渡り歩いたということは
少なくてもMayさんちで3つ目のおうちになるんですよね。
そのソレさんの辛さをジェイ君にも教えてあげてください。
だからお兄ちゃん、面倒見てあげてね、頼むよ!って。

ジェイ君が変わればソレちゃんもずいぶん変わると思います。

ここから先、本当は実際に会って言い聞かせることをすると
さらに変化が見られると思います。
写真では伝えきれないわだかまりがジェイ君の中にもあるように思うからです。
それでもさっきジェイ君には少し伝えてみました。
なかなか納得しなかったけど、しょーがねーなーってところまでは
心を許してくれた気がします。
すこ~~~しは柔らかい態度になってるといいなと思います。


一人っ子でママを独占できていた時代が、彼女の登場で一変してしまったみたいでした。
もちろんご家族はちゃんとジェイド君を立てて接してくれてるんだけど、
動物は人の気持ちを読む事に関しては本当に天才!
ソレイユちゃんのことが心配…という気持ちを上手に汲んで甘えるソレイユちゃんに
ちょっとしたジェラシーって感じみたいでした。

しかしその後、ジェイド君のママからこんな嬉しいメールが♪

面白いのはメールをいただいてから2匹ともちょっと仲が良いです。
リハビリを兼ねての自由的な犬の学校?に2匹参加(というか利用させてもらっている)だからかもしれないですが・・・


うんうん(^^)
自分だけ服従訓練させられてるのが面白くなかったんだもんね。
ソレイユちゃんと一緒なら「ボクのほうが前からやってたもんねー」って感じで
鼻高々にレッスンが受けられて、彼の自尊心も傷つけずに済みます。
このままずーっといいお兄ちゃんでいてほしいなと思います(^^)
テーマ:かわいい♪コーギー
ジャンル:ペット
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック