動物対話士(R) の伊東はなんが、方言まで再現する的確なペットの通訳で飼い主さんとの本当の愛と豊かさを引き出してお伝えします。
スポンサーサイト
--年--月--日 (--) | 編集 |
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
「はなんさん!奇跡が起きましたっ(ToT)」
2009年02月03日 (火) | 編集 |
電話セッション後、すぐに変化が見られてとても嬉しかったので
ぜひブログにご紹介ください!とのメールをいただきました。
今日のブログタイトルはそのときのメールのタイトルです。
これだけでも喜びの気持ちが伝わってきます(^^)
ブログ掲載のお申し出、本当にありがとうございました!

今日のお話しの主人公は野良猫さんです。
あまりにやせ細っている姿に見かねて
ご飯をあげ始めたのは去年の秋のこと。
それから今まで半年ほどかけて、
ようやく少しだけ近づくことができるようになったものの
「人を信じる」ことが難しいようで威嚇されたりするそうです。
そのため性別を確認することもできずにいるとのことでした。
お話しを聞くだけでもかなりの警戒っぷりのようです。
けれど猫さんさえ嫌でなければ家族にしたいと思っているので
猫の気持ちをぜひ聞いてほしい…とのことでした。

チョロさん
セッション用に送られてきた猫さんの写真。
ご家族ではこの猫さんに「チョロ」という名前をつけたそうです。
以下、セッションのときの様子とその後のご報告メールです。
お写真から感じたのは「家猫になりたい」という気持ちと
「昔からこんなに人嫌いではなかったんだ」という気持ち。
家猫になった経験はないような感じを伝えてくれました。

チョロは威嚇行動があると伝えられてはいたものの、
実にいろんな情報を伝えてくれました。
おしゃべりがとっても上手だったので、
家猫になりたいのはまんざらウソでもないんだなぁと思いながら
チョロからの情報を受け取っていました。
この子はイメージで情報を伝えるのが得意のようです。
捕獲器に捕らえられて虚勢手術を受けさせられたような感じも
伝えてくれました。

また、ある日、チョロにお玉で肉団子をあげようとしたときに
チョロはとっさにそのお玉を咥えていってしまったそうです。
それはなぜかと聞いたら「きらっと光って危ないと思ったから」
と教えてくれました。
虚勢手術をするために使われたと思われる捕獲器の檻(網?)を
連想してしまい、「あぶない!」と思ったみたい。
それも、自分の身が危ないと思ったのではなく、
「お母さんが危ない!」と思ったそうです。
それで肉団子よりも先に、光ったものを遠ざけなければ!と思って
お玉を遠くに持って行ったんだ!という感情が伝わってきました。
威嚇はしていても、自分の恐怖体験を差し置いてお母さんを
守ろうとするチョロの気持ちに、ご依頼者さんはウルウル…。
威嚇や引っかくというのはとっさに出てしまうクセと思ったほうが
チョロのためのようです、とお伝えしました。

そのほか1時間半ほどかけていろいろお話させていただきましたが、
「家猫になりたい気持ちは十分あるので焦らずにいきましょう」
というお話しをしてセッションは終わりました。
そしてセッション翌日に今日のブログタイトルのメールが届きました。

はなん様

先日は大変お世話になりありがとうございました。

感想をお送りしようかなぁと思っていたところで、
今日、奇跡が起きました。
なんと、チョロが触らせてくれたんです!
そして、抱っこまでさせてくれたんです!!
チョロが、勇気を出して一歩を踏みこんでくれたんです!!

もう、撫でながら、号泣してしまいました。
今、私の腕にだかれてくれています。
チョロの体は温かくてフワフワの毛並みです。
愛しい愛しい小さな命です。

うちのコになってくれたら付けてあげるね、
と言っていた首輪も、付けさせてくれました。
記念に撮影した写真を添付さましたのでぜひ見てやってください。

その勢いで病院にも連れて行こうかと思ったのですが、
その前に家の中を抱っこしてつれて回ったところ、
ベッドの下に潜り込んでしまいました。
しかも手を出すとシャーっと威嚇&引っ掻き攻撃(-_-;)

病院が嫌だったのかなあと思い、
「今日は連れて行かない。でも、
チョロの調子が悪い事があったら連れて行くよ。」
と話しかけ続けたたところ、やっと再度抱かせてくれています。

もしよければ、私達の事例をブログでご紹介ください。
チョロの写真も掲載してもらえたらと思います。

私たちのような関係で悩んでいる方の助けになれれば・・・とおもいます。

取り急ぎご報告まで。


これが念願の首輪をつけたチョロの画像です。
チョロ、首輪をつける
なんとも堂々とした表情(^^)

いただいたメールの中で、
しっかりコミュニケーションができているのが
読者の皆様にもお分かりいただけると思います。
病院のことを考えたら威嚇され、
今日は行かないといったらまた抱かれてくれた
…というところです。
「日本語でいいから話しかけてくださいね」というのを
実践してくれた結果です(^^)

もし「いつも話しかけてるのに言うことを聞いてくれない」
とお悩みの方がいらしたら、音声としての声と
心の声とが違っていないかを考えてみてください。
二つの声が一致してない時は心の声を採用するのが
ペットたちの特徴です。

昨日、2月・3月のスケジュールをUPしました。
対面セッションは千葉県柏市のHANAnのサロンか
ご依頼者様ご指定の場所にて、
メール・電話セッションも受付中です。
ぜひペットとの仲をより親密にしたいと思っている方は
アニマルコミュニケーションをご活用ください(^^)
コメント
この記事へのコメント
すごいです。感動しました。

みぃちゃんがうちの子になりたての頃
夜、ゲージに入れようと抱き上げる時
威嚇と引っ掻き攻撃をしていたのを
思い出しました。

チョロちゃん
良いお母さんの子になれて
良かったね♡

2009/02/03(Tue) 12:48 | URL  | はなちゃん #-[ 編集]
実はうちの実家でも
姉が同じように野良猫に寝床を作ってあげたり、餌を置いたりしているらしいのですが、チョロさんみたいにものすごく逃げ足が速く、威嚇も激しいそうです。

時には家の中に入り込んでいるときもあるそうなんですが、決して近寄っては来ないそうです。(姉はインコを狙ってるのかもと心配しています)

姉が心から家猫になってほしいと願えば、その子も近づいてきてくれるのかな~。

今回のお話をウチの姉にも教えてあげます♪
2009/02/03(Tue) 22:12 | URL  | Mimi #-[ 編集]
野良猫の思い出
昔かっていた? 庭に住み着いた?
そんな猫たちのこと思い出しました

最後の最後まで生き残り 
家猫になったのは チロ。


中には 触らせてくれない子もいました
でも みんないい子だったので 大好きだった

触らせてくれない癖に^^
私の部屋の机の下で 赤ちゃん産んで
威嚇して シャーシャーいってました
懐かしい思い出です^^

そうそう その時に 猫ノミのお土産つきで
大騒動になりました^^

2009/02/03(Tue) 23:53 | URL  | ひよこ #-[ 編集]
ありがとうございます(*^_^*)
皆さんはじめまして。
はなんさんのお力添えで、なんとか
チョロのお母さんになれた(?)ひろ☆です。

皆さん、温かいコメントをありがとうございます。
とてもとても嬉しく思っています。

その後のチョロとの関係は、
「3歩進んで2歩下がる」ような、
ゆっくりとしたあゆみで進んでいます。

先日の「病院はイヤ」という態度を示されたあと、
私なりに色々考えてみました。
そして、私自身も会った事の無い先生に、
どんな事をされるのかわからなくて不安だと
思っている事が意識されました。

あぁ、だからチョロは余計に不安でイヤだって
思ったんだなぁと反省し、その後チョロに
「じゃあ、お母さんが先に先生に会って
どんな人か見てくる。どんな事をするのか聞いてくる。
それで、お母さんが納得できる先生が見つかったら、一緒に行こうね。」
と約束し、早速動物病院に行ってきました。

最初お電話で、飼い主だけで行くので相談させて欲しいと言った時は、
受付の方が戸惑っておられましたが了承してくださり、
又、先生がとても優しい雰囲気の方で、今後処置する可能性のある
内容についても丁寧に説明してくださいました。

チョロには、その先生の優しい雰囲気をイメージしながら、
言葉で説明し続けていってみようと思っています。

こんな風に、聞こえない声に意識を向け、
また、誠実に対応し続けていくということは大変だけど、
私にとって素敵な素敵な体験です。

挫けそうになる事もあるけれど、そんな時ははなんさんや
こちらの皆さんに助けてもらいながら、頑張りたいと思います。

新米お母さんのひろ☆ですが、
これからもどうぞ宜しくお願いしますm(__*)m
2009/02/04(Wed) 09:34 | URL  | ひろ☆ #XWELPq6Y[ 編集]
はなちゃんさま♪
そういえばみぃちゃんもノラちゃんでしたね。
この経緯は、はなちゃんさんにも感慨深いかもしれませんね~。
どうしてもその家に来てしまう…というのはやはり
何かしらの意味があるんだと思います。
はなちゃんさんにとってもそうだったように…(^^)
2009/02/04(Wed) 23:00 | URL  | はなん #Si2BarZE[ 編集]
Mimiさま♪
Mimiさんのご実家でも同じような体験があったんですか。
おなかがすきすぎるとインコさんも危ないかもですね(-_-)

心から話をすれば通じるのは人も動物も同じです。
ぜひお姉さんにもお伝えください(^^)
2009/02/04(Wed) 23:03 | URL  | はなん #Si2BarZE[ 編集]
ひよこさま♪
私は生まれてから一度も一戸建ての家に住んだことがありません。
なので野良猫のお世話というのはしたことがないのですが、
いろいろな思いがあるんだろうなぁと思います。
そういえばチロさんもノラさんでしたね(^^)
2009/02/04(Wed) 23:05 | URL  | はなん #Si2BarZE[ 編集]
ひろ☆さま♪
ひろ☆さんのお申し出により実現した記事です。
心からお礼申し上げます♪
読む方の心にたくさんの響くものがあったようで、
私も嬉しく思います。

これからも焦らず偽らず、チョロと付き合っていってください。
ひろ☆さんの人生にステキなプレゼントをくれることでしょう。
チョロもそれをしたいと思っていると思います(^^)
2009/02/04(Wed) 23:10 | URL  | はなん #Si2BarZE[ 編集]
コメントを投稿
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。