動物対話士(R) の伊東はなんが、方言まで再現する的確なペットの通訳で飼い主さんとの本当の愛と豊かさを引き出してお伝えします。
雷のち晴れ
2009年01月19日 (月) | 編集 |
昨日、こともあろうに私の目の前で
ぼーずがお布団に用を足しました…(--;

彼らが小さいときからつきっきりで
しつけができなかった私たち夫婦は、
トイレ意外で用を足すことは
「トイレでしてくれれば嬉しいけど
そうじゃないところでしちゃってもしょうがないか…」
という程度に捕らえていました。

しかしそれは見てないときの話。
人が居るときはトイレに誘導して
ちゃんと用を足すことを勧めていたし、
それはみんなできていました。

なので、私がいるところでトイレ以外で用を足すことは
許しちゃいけないことだったのです。

で、ぼーずのことをこっぴどく怒りました。
きちんと目の前でトイレを使うところを見せてくれるまで
許さない!!!と言いました。
そしてその言葉の通り、昨日はぼーずに対して
一日中「トイレできない子は許さない!」と
怒りの空気を醸していました。
さすがのぼーずもそれはすぐに分かったようで
私のことは遠巻きに見ていました。
たまに「仲直りしようよー」と近づいてきても
「トイレができない子は嫌い!」と言って
知らん振りしてました。
彼はいつも私の頭に覆いかぶさるようにして寝ますが、
昨晩はそれもありませんでした。
相当怖かったみたいです。

夜が明けて今朝のぼーずは、
まるで意気消沈していてかわいそうなくらい。
それでもしばらくは放っておきました。
ぼーず以外の4ワンをお風呂に入れました。
そのときのぼーずの悲しそうなオーラは
このままでは悲しい子のままになってしまいそう…と
思ったほど。

そこで、ぼーずとしっかり向かい合う時間を取りました。
何で私がそんなに怒らなきゃいけないのか。
いつまで言わせ続ける気なのか。
4歳と言うのは立派な大人だということ。
それができないということはどんなに恥ずかしいことなのか。
私がそんなぼーずを見てどう思うか。
などなど。

ぼーずは言われたくなかったことを
たくさん言われたと思います。
とても傷ついたと思います。
でもやらなきゃいけないことはやらなきゃいけない。
なのであえて言いました。

分かったね?と何度も念を押して
がんばる…という答えがもらえたので、
ホントだね?頼むよ!!と言って
ぼーずをぎゅっとしました。
そのあとしばらくぼーずとお相撲をして遊びました。

今ぼーずは私の横に体を押し付けるようにのしかかりながら
すっかり安心して大股開きで寝ています(^m^)

雷のち晴れ。
これが昨日から今日にかけてのぼーずの心境です(^^)
あとは私の目の前でトイレを使ってくれるのを待つだけ。
早くしてくれないかなぁ。
褒めたくてうずうずしているのに~。
コメント
この記事へのコメント
最近 うちのモモに・・・

夜中外に出るときには
ワンワンいってはダメなのよ~って
静かにするんだよって いって 外に出しています
そのせいか ワンワン言ってないようです^^

寒くて 急いで 帰ってきてるからかもしれないけどね^^

ちゃんと いろんな言葉かけています
話をきいてくれもしますしね^^
夜中の食事の 大事な相棒になりました^^
2009/01/20(Tue) 00:01 | URL  | ひよこ #-[ 編集]
ひよこさま♪
そうなんですよね。
言えばわかってくれるはず…なんです。
それがお互いに自覚できれば、それまでよりも
ずっと深いつながりができると思ってるんです。
その言葉を心底信じて発信できるように、
私はうちの子と、怒るのもふざけるのも
日々真剣勝負です(^-^)
2009/01/20(Tue) 23:58 | URL  | はなん #-[ 編集]
コメントを投稿
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック