動物対話士(R) の伊東はなんが、方言まで再現する的確なペットの通訳で飼い主さんとの本当の愛と豊かさを引き出してお伝えします。
スポンサーサイト
--年--月--日 (--) | 編集 |
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
ネコさんとコミュニケーション ミルクさんの場合
2006年12月13日 (水) | 編集 |
次はミルクちゃんの番です。

すぐりちゃんの同居ネコさん。ミルクちゃん。
ミルクちゃん
真っ白な美人さん♪
とっても表現力豊かな子でした(^^)
21:35~21:55 ミルクちゃんとのお話。
最初はとても私の事を警戒というか観察というかをしてました。
心を開いていいのかどうかを調べてるって感じ。
初めて会う大人だからでしょうか?
再び自己紹介をし、さっきのヒーリングは私がしたのよというと
しっぽを大きく2~3度ゆっくりと、パタンパタンと降ってくれました。
あーあなただったの~。よかったわよ~って感じ(笑)


→ママからのコメント
このときのミルクはずっと寝てました。でも眠ってなかったのですね~。
確かに熟睡するときの姿勢とは違ってたので、まどろみ状態というのがいいかもしれません。
私に顔を見せないような向きで寝ていたのですが、わざとかしら?なんて思いながら観察してました。
警戒心が強いのはもともとの性格ですね。
神経質で怖がりな面があるので、慣れてない人は苦手なんです。


ミルクちゃんにおうちの事を聞くと、
広い野原で何かを追いかけているのか、伸び伸び走っている姿が
イメージされてきました。とても活発で活き活きしてます。
たぶんストレスフリーで伸び伸びと生きているという事を
現しているのかな?と思いました。
いつまでもこんな生活が続くといいなぁと思っているようです。


あはは、ミルクらしい気がします♪
このコは遊び好きで、活発に遊ぶんですよね。カーテンに登ったりもするし。
わりと疲れ知らずで猫じゃらしを追いかけは走って、飛んで、また走って・・・・。
しょっちゅう「遊んで!」とせがまれますし、実際よく動きます。
そういう意味では広い野原でのびのびというのはすごく嬉しいイメージです。


すぐりちゃんの涙に続き、ミルクちゃんはとってもリアルに草原のシーンを見せてくれました。ドッグランのようなところにでも行ったのかしら?と思うくらい。
けど、質問の内容がおうちのことについてだったので「それくらい伸び伸びしてるのよ」っていう意味だと分かりました(^^)

パパさんについて聞いたところ、パパの紹介をしてくれました。
合ってるかなぁ?
「パパは私とすぐりちゃんを足して2で割ったみたいな人。
基本的に誰にでも優しいけれど、特に心を許せる人へのサービス精神は
とっても旺盛なの。
たまに人に気を使ってるわ。けどそれさえも上手に楽しさに
変換しているみたい。
本当はとってもお疲れなの。優しいパパが大好き!」だそうです(*^-^*)


またまたパパって誰だろ?なんですが、
こちらは私かも知れないなぁ、とぼんやりと思っています。
私、すぐりとミルクの性格を足して2で割ったような感じなんですよ(笑)
というか、それぞれに「似てるなぁ」って思うところがあって・・・。
前に誰かにそのことを話したような気がします。
ただ、そのときふたりがそばにいたかどうかまでは記憶にないのですが・・・・。
それとミルクのコメント、前半部分は私かな?と思いますが、後半になるにつれ
んーちょっと違うかな?という気もします。


ここでも私はパパについて聞いています。
実はすぐりちゃんもミルクちゃんもパパとかママという言葉を聞いても「?」という反応だったのです。なので、ご飯をくれたりお世話をしてくれる人だよとお話したので、そう言う事なのかもしれないなぁと思いました。
分からない時は、答えを無理矢理引き出さないほうがいいということを学ばせていただきました。

また、今回のブログでは割愛しましたが、お食事の所はすぐりさんの所でも触れたように次の子の意識が入ってきてしまっていました。
これは大いなる反省点です。残り少ない12月のチャレンジ期間内でその辺りの調整をしなくてはいけないなぁと痛感しました。

ママさんからの質問も一通り答えてもらったので
そろそろ終わりにしようとすると「えー。もう終わっちゃうの?」と。
けどもう話すこともないみたいでちょっとお困り気味のミルクさん(笑)
何もなくても人のそばにいるのが好き(落ち着く)らしく、
私にも慣れて来たのに帰っちゃうのがつまらなかったみたい(^^)
なので、彼女の好きなものを聞いてみました。


人好きで甘えんぼなミルクらしい反応で、思わず笑みがこぼれました。

慣れてしまえば天真爛漫♪
確かにそのとおりでした(^^)

ミルクちゃんは何が好き?
ミルクはミルク(牛乳?)が好き!
あとは、ササミと~、カツオブシ。(かつお風味全般?)
それからヒラヒラしたおもちゃ。
(新体操のリボンみたいなものをイメージさせてくれました)
あとみっちゃん(あっちゃんorなっちゃんと言ったさっきの子?)

そう♪好きな物がいっぱいあってよかったねーというと、
しっぽをパタンパタンと数回降ってくれました。
これは嬉しいとか満足とかいう合図なのかしら?


ここは謎パートです。
ミルクもすぐりおササミとカツオブシは食べたことがないはずです。
あと牛乳は母乳か猫ミルクのことかもしれませんが、子猫のときなので
かれこれ3年近く前のことだし、ちょっと心当たりがありません。

おもちゃは分かります!
釣竿型の猫じゃらしが大好きなんです♪
ヒモやリボンの部分がヒラヒラと動くと、楽しそうに追いかけてますよ~。

んーっとシッポを振るクセはないですねぇ。
すぐりは撫でてるときにパタパタと振ったりもしますが、
ミルクがシッポを振るイメージってないんです。
でも今回、はなんさんには振って見せたのかもしれませんね。
実際は少しだけ耳が動いてましたよ!


食べ物はやはり混同してしまっているようです…。
おもちゃのヒラヒラは大正解!(^0^)
ネコパンチとかするのかなー♪
かわいいなぁ(*^-^*)

しっぽについては…。ママさんが見ていないしぐさを見せてくれたのかな♪
とっても優雅で気品と威厳のある振り方でしたよ。


すぐりさんとミルクちゃんは本当にベストマッチな家族だと思いました(^^)
ママに愛されて伸び伸びと生活している様子がこちらにまで伝わってきて
とてもいいコミュニケーションができました。
二人ともそれぞれの個性を上手に伝えてくれた事に感謝します♪

ネコさんと一緒に生活している場合、コミュニケーションの時によく言われるのが「ネコ砂が気に入らないって言われると思ってましたが、言われなかったので安心しました」という言葉です。
私がお話させていただく時はほぼそのようなお話は出てこないです。
「物」より「心の中」についてお話くださるペットさんばかりで、
ご依頼くださるご家族の方も喜んでくださってます。

心が満たされてれば、多少不便であっても不満は言わないというのが
今までの経験で得たことです。
心が満たされていない時に、それを満たす代替え案として、砂のチェンジだったり、フードチェンジだったりを要求するように感じます。

けどそれって人間も同じですよね。
お金持ちがみんな幸せとは限らない。
貧乏な人がみんな不幸とは限らない…。

そういう事だと思います(^^)


すぐりさん、ミルクちゃん、ママさん、
ステキなコミュニケーションの場を提供してくださりありがとうございました。

またぜひご利用ください(^o^)丿
テーマ:ねこ大好き
ジャンル:ペット
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。