FC2ブログ
ペットも大切な家族の一員。そう思ってくれるステキなあなたに、一般社団法人動物対話協会代表理事がお役に立つ情報をお届けしています。
「どうしてこんなに言葉が分かるの?」~とある日のセッションより~
2008年09月07日 (日) | 編集 |
先日のセッションで、とてもステキなお話しがありましたので
ママさんのご快諾をいただいてブログに掲載させていただきます(^^)
ご協力ありがとうございます>ママさん


今日の主人公は2歳になる女の子のワンコちゃんです。
意味は分からないけどたくさんのkissをくれるので
その意味を知りたいというのと、
お留守番の時間が長いけど平気?というのが主なご質問でした。

ざっくり言ってしまうとkissは彼女の意思表示のようです。
お出かけから帰ってきたときは「どこに行ってたの?」とか、
気分が下がっているようだと「どうしたの?私がいるよ♪」とか。
お留守番は寂しいけどがんばってる、というのが
ワンコちゃんからのお話でした。

けど今回はこのお話ではなく、
言葉の理解度についてをご披露したいのです。

セッションの中で、
「2歳の女の子とは思えないほどしっかりしてますよ」
「家族それぞれにしてあげたいことをお持ちのようです」
とお話させていただきました。
ママさんはよくワンちゃんに
「あなた本当にワンちゃん?なんでそんなに言葉がわかるの?」
と聞くそうです。
「ママもソファに座りたいからちょっとそっちに寄ってくれる?」
というと、すこーしだけお尻をずらしてくれるとか(*^-^*)

動物(特に犬猫)は2~3歳程度の知能しかないといわれています。
であれば「ちょっと」とか「そっち」はギリギリ分かる程度だけど…。
私たちと一緒に住んでいるペットたちは
日常的に私たちの言葉(主に日本語だと思います)を
シャワーのように浴び続けて育っています。
これは生まれたての人間の子も同じですね。
意図せずどんどん言葉を浴びせられる。
すると、それがどんな意味を持っているのかを
体感的に理解するようなのです。

動物と私たちは体の構造が違います。
ですから言葉の発生は難しいかもしれません。
でもその言葉がどういう状態をさすのかは理解しています。

だから時として深い言葉を伝えてくれたり、
そんなことも知ってるの?ということも教えてくれます。

言葉が話せない と 言葉が理解できない は
イコールではありません。
話せないだけで、十二分に理解はしています。
とても2~3歳の理解力しかないとは言えません。

だから言葉には本当に気をつけてください。
ダメな子扱いの言葉は彼らを傷つけてしまいます。
できれば社交辞令での卑下もやめたほうがいいかも。
社交辞令と分かっていても、やっぱり傷ついちゃうんです。

彼らは本当にまっすぐ生きてます。
ワンコちゃんのママさんもとてもよく理解してくださっていました。
いつも家庭の状況をお話してたそうです。

これからも家族の一員として、
自分の立場を明確にしながら
家族の役に立つことは何かと探していくと思います。

これからもますます仲良く、
ますます健康でいてください(^^)
コメント
この記事へのコメント
管理人のみ閲覧できます
このコメントは管理人のみ閲覧できます
2008/09/07(Sun) 20:59 |   |  #[ 編集]
Hさま♪
9歳の子、今までは平気だったのでしょうか?
だとすれば何か言いたいことがあるかもしれませんね。
人間が言い方を変えても、その子にとっての「根本的な原因」が改善されなければ解決は難しいと思います。
アニマルコミュニケーション(≠AC)を受ければ
解決のためのヒントが得られるかもしれません。
機会があればぜひセッションさせていただければと思います(^^)
2008/09/08(Mon) 05:12 | URL  | はなん #Si2BarZE[ 編集]
管理人のみ閲覧できます
このコメントは管理人のみ閲覧できます
2008/09/08(Mon) 14:59 |   |  #[ 編集]
Hさま♪
今までもぶるぶるすることがあった。
そして今月に入って液体も出すようになった。
であれば、その前兆は先月以前にあったのかも?!
この辺はお話しを聞いて見ないことにはなんともいえませんね。

人見知りをする子とのことですが、猫さんの場合は特に
「この子、知らない人がいるのに出てきてるわ…♪」
ということがよくあります。
もしご心配ならメールでもOKです(^^)b

そして・・・つまらないこだわりと思われるかもしれませんが、
私はアニマルコミュニケーションはACとは呼ばないので
その点だけよろしくご理解願います。
なぜACと言わないのかはこちら↓をご参照ください。
http://hananz.blog77.fc2.com/blog-entry-165.html
2008/09/09(Tue) 10:38 | URL  | はなん #Si2BarZE[ 編集]
ごめんなさいね。
ACと書き込んだ後にはなんさんのコメントを見たら
(≠AC)
となっていたので、そうなんだ、しまった~。と思っていたんです。
今までアニマルコミニケーションを受けたのが3名で(1名ははなんさんです♪)そのうち1名の方によく聞いてもらっていたのですがその方がACと呼ばれるので私も簡単に表記できるし何も思わず書き込んでしまいました。
何故、そう言わないのか。今から読んで来ます。
それから、申し込みもさせていただきますね。
2008/09/10(Wed) 01:31 | URL  | ほっと #HSDP1/G.[ 編集]
ほっとさま♪
アニマルコミュニケーターもそうでない人も、
ほとんどの方はアニマルコミュけーションのことをそのように略します。
確かにAnimal Communimationなので間違いではないのですが、
一般的にACと言われているものは決してそれではないということ、
その言葉がいいものをあらわすのではないということを考えると
安易に使ってはいけないのではないかと思ってしまうのです。
これは本当につまらない私だけのこだわりかもしれません。
けど、できるだけ言葉を大事に使いたいと思っている私にとって
気がついてしまった以上、見逃してはいけないことだと思ったのです。

お申し込み、お待ちしております(^-^)
2008/09/10(Wed) 06:43 | URL  | はなん #Si2BarZE[ 編集]
コメントを投稿
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック