FC2ブログ
ペットも大切な家族の一員。そう思ってくれるステキなあなたに、一般社団法人動物対話協会代表理事がお役に立つ情報をお届けしています。
我が家のかかりつけの動物病院
2008年08月19日 (火) | 編集 |
我が家のかかりつけの動物病院は
かわはら動物病院という千葉県野田市にある病院です。

かかりつけになって早7年。
しのりんの出産の前段階からはじまって、
凛を看取っていただき、
3兄弟の交配、出産等々も面倒見ていただき…。
本当に助かってます。

ここにたどり着くまでに二軒ほど病院を変えました。
最初にかかったところは混合ワクチンの証明書をくれず、
出してほしいとお願いすると手数料を取る病院でした。
初めて動物病院に行った私はそれが普通だと思っていたのだけど、
犬友達と話しているとそれはありえない対応だと言われ。

二軒目に行った病院は今でも地元の人のみならず
他県ナンバーの車もたくさん来るところだったのですが、
担当くださった先生が薬に頼ってばかりの先生で…。
今考えれば担当ドクターを代えてもらえばよかったのですが
当時の私にはそんなこと考えも及ばず。

そして人づてに行ってみたのがかわはらさんでした。

この先生は獣医師会に所属しているのに
基本「人と同じものを」という考えの方のようで
そのスタイルが大好きなんです。

・お腹がゆるいみたいなんです
 →ビオフェルミン飲ませて、ささみの茹で汁を上げて
  しばらく様子を見てみてください。

・手足を舐めるんです
 →真菌ですね(もちろん検査後の話です)。
  ムトーハップで薬浴してください。
  とりあえず数回分出しておきますね。

・目に傷が入っちゃって…。
 →抗生剤などが入ったものを出しておきます。
  そのほか涙が出にくいと思ったら、コンタクトレンズの
  ドライアイ用の使いきりのをさしてあげてください

・肝臓強化対策を薬じゃないものでしたいんですが。
 →わかりました。では、シジミ汁のスープの部分や
  ウコンで対応してみてください。

などなど。
もちろんどの症状もちゃんと調べてくれたあとの回答ですが、
人間のもので対応できるのならそっちで行きましょう、という感じ。
人用のものを使うことについては賛否両論あると思いますが、
私にはこのスタイルがとても合っています。
分からないことを聞くとちゃんと答えてくれるし、
ダメなものはダメってちゃんと言ってくれるし、
手作りご飯をむやみに反対しないし。

こんなお医者さんが増えてくれるといいなぁと思います
コメント
この記事へのコメント
動物病院
人にも動物にも
優しいお医者さんのようですね
私もそんな先生いいと思います

うちのかかりつけの動物病院も
捨て猫でもきちんとみてくれて
優しいので 長い付き合いになっています

気がつけばチロは95年からの付き合いで
13年になる・・・

その前に行っていたとこは
野良に近いチロを連れていったとき
野良猫ですよ・・・
そんなに手をかけるのですか?
と言われ 二度と行くことはなくなりました

お金のかかった動物だけを大事にするなんて
何のために 医者になったのかと・・・聞いてみたい気がしました

患者さんがとっても多いのを見ると
それを良しとした飼い主さんも多いということかと
ちょっと淋しい気にもなりますが
今のお医者さんに 出会うことになって
感謝していることは確かです。
2008/08/19(Tue) 11:23 | URL  | ひよこ #-[ 編集]
とっても良さそうな獣医さんですね!
私も薬は否定しないけれど、なんでもかんでも薬…っていうのもどうかなぁ…と思うクチなので。
なかなか「ここだ!」という病院が見つからないのですが、かかりつけは作っておきたいし…と
悩み中です。
2008/08/19(Tue) 21:19 | URL  | はぐみ #-[ 編集]
ひよこさま♪
>野良猫ですよ・・・
>そんなに手をかけるのですか?

わわ・・・。
これはショックですね。
確かに人の選択には口出しできないけど、
うーーーん・・・。

お互いいい病院に出会えて感謝!ですね(^_-)☆
2008/08/20(Wed) 11:06 | URL  | はなん #Si2BarZE[ 編集]
はぐみさま♪
私も薬に頼ってばかりはあまり好きではなくて…。
けど最近はそういう飼い主さんが多いのかな?
そちら形の病院に患者さんというか患畜さんが流れてるのが
見てとれます。
なのでうちの病院は最近スムーズに受診ができていいのだけど、
それはそれで一抹の寂しさを感じます(^^;
2008/08/20(Wed) 11:08 | URL  | はなん #Si2BarZE[ 編集]
コメントを投稿
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック