動物対話士(R) の伊東はなんが、方言まで再現する的確なペットの通訳で飼い主さんとの本当の愛と豊かさを引き出してお伝えします。
シンクロニシティ 「聖フランシスコ」の巻
2008年08月13日 (水) | 編集 |
今日のお題「シンクロニシティ」とは共時性を意味します。
シンクロニシティ(英語:Synchronicity)とは、
事象(出来事)の生起を決定する法則原理として、
従来知られていた「因果性」とは異なる原理として、
カール・ユングによって提唱された独: Synchronizitätという
概念の英訳である。
日本語訳では共時性(きょうじせい)とも言う。

何か二つの事象が、「意味・イメージ」において
「類似性・近接性」を備える時、このような二つの事象が、
時空間の秩序で規定されているこの世界の中で、
従来の因果性では、何の関係も持たない場合でも、
随伴して現象・生起する場合、
これを、シンクロニシティの作用と見做す。

wikipedia「シンクロニシティ」より抜粋

きょうじせい 【共時性】
〔補説〕 synchronicity
心に思い浮かぶ事象と現実の出来事が一致すること。ユングの用語。
[ 大辞林 提供:三省堂 ]
Yahoo辞書より引用

私は動物と会話をする「アニマルコミュニケーション」を
仕事にしています。
アニマルコミュニケーションをする人は
「聖フランシスコ」の力を借りるといいと言われています。
聖フランシスコは1182年にイタリア中部アッシジに生まれ
すべての人を愛し、動物・自然を愛し、
生命の尊さと平和を説いたと言われる人です。
カシス仲間だった天沙さんによれば、
私がお仕事をしているときは
聖フランシスコがサポートしてくれているそうです。
ありがたや。

少し話は変わって、オーラソーマ(色と香り(主に色))
というものがあります。
オーラソーマの種類の中のクイントエッセンスには「クツミ」と呼ばれるものがあります。
アニマルコミュニケーションをサポートしてくれるのは
このクツミというクイントエッセンスが有効です。
クツミの詳しい説明はこちら
こちらは勉強会のときに、皆さんのサポートになるものの
ひとつとしてお使いいただいてます(^^)

クツミは元々はインドの聖者で、
聖フランシスコとして生まれ変わったこともあるそうです。
このクイントエッセンスを使い始めたのは
我孫子のヒーリングショップPureさんが、
「はなんさん、アニマルコミュニケーションをお仕事にしてるなら
これを使うといいですよ」とでアドバイスをくださったからです。
Pureさんは「私と聖フランシスコは縁がある」というのは知りません…。
ココでまず「むむむ…」なシンクロが起こりました。
これは数ヶ月前の話。
そのまましばらく月日はつつがなく流れました。

そんな私が先日「ブラザー・サン シスター・ムーン」という
DVDを見ました。
お話しの主人公はフランチェスコ(=フランシスコ)です。
この映画はスピリチュアルなお勉強をさせていただいている
先生が推薦されている1972年公開の古いものです。
私はこれを取り寄せる時に知ったのですが、
うひゃ!ここにも聖フランシスコ!…と思い
クツミのクイントエッセンスと天沙さんの言葉を思い出しました。

そしてDVDを見た翌日。
ゆえさんとの超スピリチュアルな神社めぐりで
私自身のリセットも完了しかけたころ、
ふと目に入ったのが「聖フランシスコ教会」の案内看板。
前日見たDVDはフランチェスコが教会を建て直すシーンが
たくさん出てきました。
このシンクロって何?!と思い、
ゆえさんにお願いして立ち寄らせていただきました。

聖フランシスコ教会
見るからに結婚式用チャペル…なのにとっても荘厳。
扉が閉まっていたので思わず係の人に掛け合って
中を見せていただきました。

ババーン!!!
豪華なステンドグラス
ここは日本よね?!と問いただしたくなるような
本物のステキなステンドグラス。
一つ一つが繊細で神聖。
こんなに繊細

こんなところからも見せていただきました。
展望室からの眺め

本当は要予約です。
そしてステンドグラスにもこんなに近づけません。
それだけでもラッキーなのに、ご丁寧にアイスティーで
おもてなしいただき、教会にまつわるいろんなお話しを
お話ししてくださいました。
引き出物用のステキな器も拝見しました。
あまりにステキだったので、
個人的にお取り寄せしていただけるように
お話しをつけました。
事務所を構えたらこの器でお飲み物をお出しします。
楽しみにしててください♪
手にしっくり来る(来すぎる!)すばらしすぎる器ですよ。

聖フランシスコに導かれてここまで来ました。
「素直に進めばこうなることが分かったでしょう?
 だから何も案ずることなく思うままに進みなさい」という
彼の粋な計らいでしょう。
最初に教会の看板を見たときに、
「今日は神社めぐりの日だから」と神社以外を受け入れなければ
こんなステキなものがあることすら知らずにいました。

そしてフランシスコの計らいにもシンクロがありました。
つい先日宣言した自分自身への言葉です。
「比較は不要。 思うようにやりなさい」という、あれです。

この感動を胸に東国三社の最後を飾る香取神宮へ。
心行くまでおまいりを済ませたと同時に閉館を伝える笛の音…。
まるで私たちの訪問を待っていてくれたように思いました。
本当にいい一日でした。

こんなことってあるのねーと思いながら、
家に帰って再び聖フランシスコについて調べていたら
聖フランシスコの「平和を願う祈り」が!
これはいつもお世話になっている先生と
お勉強の前にささげる祈りの原文でした。
ここにもフランシスコがいたのか…。
とどめのシンクロはかなり効きました。

ここまで言われたら本当にご縁があるとしか
思わざるを得ません。
そういえば香取神宮でこんなことを言われました。
「感じたことに素直に従えばこんなにいい事があるのですよ。
何度もシンクロを味わうことでその事実を確かめるのもいいけど、
一度で分かるようにおなりなさい」と…。

聖フランシスコは実在の人物らしいので、
もう少しちゃんと調べてみようと思います。
うわー、大変だー
コメント
この記事へのコメント
ご無沙汰しています
びっくり!
凡人の私もいろいろ助けて貰っている(?)
聖フランシスコ。
はなんさんもご縁のある方だったんですね。
いや~、話せば長い、話さないと意味不明な
事情なんですが、不思議だなぁ。。。

あ、ご無沙汰しています。
ニッキーの相棒です。

我が家のご隠居は相変わらず、若旦那とは
最近急に話が通じるようになりました。
そのうちふたりの愚痴を聞いて下さいね。
2008/08/14(Thu) 20:58 | URL  | ゆっきー+ニッキー+α #WJ9iU69.[ 編集]
ゆっきーさま♪
お久しぶりです(^^)♪
拍手お会いした日が懐かしいといえるほど
時間が経ちましたね~。
お元気そうでなによりです!

ゆっきーさんも聖フランシスコにご縁が?!
話せば長い話、今度ぜひ聞かせてください♪
そして若旦那と話が通じるようになった件、
愚痴聞き(笑)させていただけるのを楽しみにしています(^^)
2008/08/15(Fri) 17:45 | URL  | はなん #Si2BarZE[ 編集]
コメントを投稿
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック