FC2ブログ
ペットも大切な家族の一員。そう思ってくれるステキなあなたに、一般社団法人動物対話協会代表理事がお役に立つ情報をお届けしています。
知らないものは知らない。けれど知らないことも知っている…。
2008年08月09日 (土) | 編集 |
近頃このテーマ↑について触れる機会が多かったので、
ブログでも触れてみようかなと思います。
「知らないものは知らないとしかいえないのよ」ということについてです。

以前の勉強会でフォトリーディングの時にある生徒さんが
手元の写真のワンコ(別の受講生のワンコ)に向って
「ドッグランは楽しい?」と聞いたことがありました。
そのとき返ってきた答えは「ドッグランって何?」でした。
飼い主さんいわく「連れて行ったことがないから知らないかも…」とのこと。

彼らは何でもお見通しだという感覚を受けがちですが、
決してそうではありません。
知らないものは知らないのです。

例えば…。

「子供は面倒だから嫌いだよ」と、あるペットさんが言いました。
ママはちょっとがっかりします。
なぜなら、そろそろ子供がほしいなぁと思っていたから。
なのに愛するペットさんに子供は面倒だといわれたら
妊娠したい気持ちに二の足を踏んでしまいそう…。

でもね、そこで「知らないものは知らない」を思い出してほしいのです。
このペットさんは面倒な子供(無意味な恐れや無謀な接し方をする子)
しか知らないのかもしれません。
これは私たち人間にも日常的に経験していることです。

この間食べたみかんがやたらと酸っぱかった。
だからみかんとは酸っぱいものなのだ。

…みたいな。

だから「みかんって酸っぱいものなんだよ」になってしまう。
甘いみかんもあるのにね。
でもそれを知らないから分からないのです。
知らないことなら教えてあげればいいんです。
言われて初めて分かることって、私たちの生活の中にも
たくさんあるけど、ペット達だって同じです(^^)

たとえ話ではありますが「子供が面倒」という件も、
まさにこれと同じだと思うのです。
きっとそのペットさんは、フレンドリーで楽しい子供を
知っていたら面倒とは言わないと思うのです。
だったら事前にフレンドリーな子供と会わせるとか、
ご自身の子供はペットさんから見て
面倒と思われないような子にすればよいわけです(^^)

セッションをしているとそういうシーンは多々あります。
その反面、「何でそんなこと知ってるのー?!」ということも
多々あります。
これはセッションの時にいつもお話させていただくのですが、
ペットさんたちは音声で発せられる言葉より
心から発する言葉の方を信じるからです。

「あなたはかわいいねぇ」といつも言っているママに対して
「ボクは死なないし、いつだって家族がいて幸せだよ」
という子がいます。
とてもいい感じだけど、話がかみ合わないと思いませんか?(^^;
それはなぜかというと…。

そういう子のママは、ほとんどが
里親探しのサイトを見ては気の毒だと涙し、
お友達ペットの死を知らせるサイトを見てはかわいそうだと涙し…
という方々です。
なのでペットたちは、ママの「かわいいねぇ」の裏にある
「あなたはいつまでも我が家で幸せに長生きしてね」
という気持ちを感じ取り、それをママの言葉として採用しているのです。
なので「ボクは死なないし、いつだって家族がいて幸せだよ」
というような一見ちぐはぐに思えるような言葉になるわけです。

これと同じことがしつけの面でもいえます。
「何度言い聞かせてもダメなんです」という場合がそれです。

その言葉の裏には「どうせまたダメなんだろうなぁ」とか、
「どうして分かってくれないんだろうなぁ」という気持ちがありますよね。
それが「×」なのです。

それからこんなこともありました。
「パパの靴下はちゃんと洗ってあげてね。二回くらい洗うといいよ☆」
なんてアドバイスをくれた子もいました。
それを聞いたママはビックリ。
何でそんなこと知ってるのー?!って。
たぶんママが無意識のうちに
「何でパパの靴下はこんなに汚れるんだろう?」って
思っていたのを感じ取ったのかもしれません。
そしてその子もその思いを受けて様子を見に行って
「うん、確かに」なんて確認したのかも?!(笑)
それで、その子なりに答えを出したのが
「ちゃんと洗ってあげてね」だったのかもしれません(^^)

言って分かってもらうことと、言わなくても分かること。
彼らはいろんなふうに使い分けてるんだなぁって思います。
彼らの深いけどユーモラスな感覚にチャンネルを合わせると
意外な発見がたくさんあります(^^)
アニマルコミュニケーションって、つくづくステキです。
コメント
この記事へのコメント
確かにそうですね
人間の様に自分が体感したもの以外を、TVなどの情報で知る
そういう事はペットたちにはありませんもの
視点を変えてみると、おのずとそれは解るのですが
私達はついうっかり、表面に提示されたものしか見ないところがあります
これは大事ですね
覚えておきますね
2008/08/09(Sat) 15:01 | URL  | No Name #r46.OO9A[ 編集]
面白い
今日の記事はとっても面白かったです
最近そんな事が少しだけどわかるようになってきました

>そしてその子もその思いを受けて様子を見に行って
「うん、確かに」なんて確認したのかも?!(笑)
ウフフ笑ってしまいました
確かめに行くことってありますよね
そしてフムフムって納得してる感じもあります
またいろんな発見のお話をよろしくお願いします
日々の暮らしが楽しくなりま~す(^。^)

2008/08/09(Sat) 16:27 | URL  | ろみ #hurAyYjo[ 編集]
書き忘れ
熱中症予防で どの番組でも勧めてたのは
出かける前にお水をたくさん飲む事らしい・・
喉が乾くという時はもうすでに熱中症予備軍らしいの・・
喉が乾いてなくてもお水をたくさん飲んで出かけてね~
飲んだお水が血液循環に行くまでには時間がかかるので早めに飲むのがいいらしい
コーヒー紅茶は利尿作用があるので(膀胱炎の時は紅茶がお勧めだけど)
熱中症予防には・・お水がいいらしい
まだまだ暑さが続くので乗りきりましょうね
(^。^) おばばの独り言です
2008/08/09(Sat) 16:48 | URL  | ろみ #hurAyYjo[ 編集]
No Name さま♪
お名前が入力されてなかったみたいです。
ぜひ次回はお忘れなくお願いします~(^^;

どうもペットというのはいろんな意味で特別と思ってしまうみたいですね。
決してそんなことはないのですが…。
私の経験が少しでもお役に立てたら嬉しく思います。
これからもよろしくお願いします。
2008/08/10(Sun) 17:58 | URL  | はなん #-[ 編集]
ろみさま♪
たくさんの感想と情報ありがとうございます(^^)

確認しに行く…。
やりますよね(^^)
うちの子たちもです。
それにしらばっくれることもするし、ホントに人間と同じだと思います。
愛すべき家族ですよねー。

そして熱中症のこと。
あれはちゃんと治しておかないと
すぐその状態に戻ってしまうとか・・・?!
どうもほてりが抜けないと思ったらそのせいなのかしらん…。
たくさんお水飲むようにします。
ありがとうございます<(_ _)>

PS:
ブログ拝見しました。
ろみさんたちがお山に登ってから一年たったのですね。
いろんなことがありすぎて、もっと前のことのように感じていました。
改めてむーさんの事、心からお祈りいたします。
2008/08/10(Sun) 18:10 | URL  | はなん #Si2BarZE[ 編集]
コメントを投稿
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック