動物対話士(R) の伊東はなんが、方言まで再現する的確なペットの通訳で飼い主さんとの本当の愛と豊かさを引き出してお伝えします。
スポンサーサイト
--年--月--日 (--) | 編集 |
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
レイキヒーリングを受けるということ
2006年11月21日 (火) | 編集 |
私がレイキをはじめた動機は二つ。

ひとつ目はペットを癒したいから。
二つ目はアニマルコミュニケーションに有効だというのを知ったから。
…というか、これはレイキをはじめてから知ったことでしたが、
結果的にレイキを続けていこうと思った理由でもあります。
ひとつ目はもう、言わずもがなですが…。

普段私達が癒されているかわいいペット達を癒すのは誰?と
はたと気付いたのです。
私達が遊んであげれば彼らは癒されるってホント?
それだけでいいの?って思ったのです。
果たしてそれだけでいいのかしら…?って考えたら
絶対物足りない!って思ったんです。
彼氏やだんなさんとまったりするだけじゃなく、
お友達と美味しいお食事をいただいたり、カラオケに行ったり
温泉に行って非日常を味わったり…。
いつも家にいて待ったりしているというだけの
始終同じ環境がすばらしいとは思えなくて。
人間にも有効なリラックス方法をペット達にも!と思いました。

レイキは深いリラックスを得られるだけでなく、
調子の悪いところを元に戻すためのお手伝いもしてくれます。
時には人生最後の幕引きを美しく心地よくするお手伝いもします。
つまりより良く命を満喫するためのお手伝いをするのがレイキです。


それから二つ目の理由。
アニマルコミュニケーションに有効とはどういう事かと言うと、
気感が鋭くなるんですね。
つまり意思の疎通がより図りやすくなる、という事。
実際、レイキを始める前はうちの子や友達の犬との会話だけで
精一杯だったのが、最近はお写真を拝見するだけ、または
飼い主さんと電話をするだけでアニマルコミュニケーションが
できるようになってきています。

どっちの理由も、飼い主さんがそんなの必要ないといわれれば
そうかもしれないものですが、現実社会を見直したときに
どうしても外せないものだと思いました。

今後皆さんが、HANAnの技術をひとつの道具として
活用してくださる事を願ってやみません。
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。