FC2ブログ
ペットも大切な家族の一員。そう思ってくれるステキなあなたに、一般社団法人動物対話協会代表理事がお役に立つ情報をお届けしています。
「わんこ連れ離婚」と「言い聞かせ」
2008年07月29日 (火) | 編集 |
飼い主さんからご快諾いただきましたので、
皆様にご披露させていただきます。

今日のお話しは、
夫婦+犬1頭の家族が離婚をされて
ママ+犬という生活になった方のセッション内容です。

ワンコさんもママさんも今まで大変苦労されてきました。

ワンコさんはもうじき8歳になる中型犬の男の子。
今のママさんは2人目の飼い主さんにあたります。
初代飼い主さんは彼を生後2~3ヶ月のころに
彼を迎え入れました。
そのころの家族構成は、
60歳でアルツハイマーになってしまったご主人と奥様、
20代前半の娘さん…という3人家族でした。
虐待は全くないけど、ぼけてしまったご主人から
暴力を受けていました。
お散歩は1日2回10分程度であとは繋がれたまま。
娘さんの「犬との遊び」は傘の先でつつくという感じだそうで、
現在の飼い主さんになったママさんはそれを見ていられずに
最初はお散歩や通院代行などの申し出から始まり、
ついには彼と暮らすために家を建ててしまったほどです。
そして彼との生活が始まりましたが、ワンコさんは
引っ張り癖がとても強く、転んで顔をすりむいたり
捻挫したことも…。
何度言い聞かせても、トレーニングしても
変化がなかったとのことです。

ママさんは独身時代はご家族とのしがらみがきつく、
結婚してからは単身赴任が多いご主人との間で
大変な思いをされました。
離婚の話が出始めてからはそれにまつわる諸々に
お仕事のつらさも相まって、全身が真っ赤になるほどの
アレルギー症状に悩まされていました。
家中のお水をきれいにする装置をつけたり、
食べ物に細心の注意を払ったり、心理指導を受けたりして
ずいぶん良くなってきているとのことでした。

このたびの飼い主さんからのご依頼は、
アニマルコミュニケーション
       &
人とワンコのヒーリングシャッフル
でした。

以下は施術後にいただいた飼い主さんからのメールです。
こちらの掲載もOKをいただいております。
**は地名、****は飼い主様のお名前、
***はワンコさんのお名前なので伏せてあります。
それ以外につきまして、掲載時の幅の関係で
段落箇所は少し変えましたが、あとは原文のままです(*^-^*)

HANAn様

おはようございます。**の****です。
先日は、遠い所をどうもありがとうございました。

まず、***の変化から、
引っ張り、その日の夜のお散歩からなくなりました!
出かける前、顔をがしっとはさんで、目をしっかりと見て、
怖い声でしっかりとよーく言ってきかせました。
「引っ張ったら動かないからね。本気だからね。」
で、ちょっとでも引っ張ったら
「引っ張ってる。お座り。歩かないよ。」と
めちゃめちゃ怖く言い聞かせました。
とにかく効果ばつぐん。
これ以来、引っ張らなくなったし、引っ張ったらすぐに動かない、
***が自主的にお座りして私を見る、という環境ができました。

あっという間にできるようになるなんて、
今までの苦労はなんだったのか、というほどあっけないでした。
あんなにトレーニングしたのに、
理由をきちんと話して引っ張りを止めさせようとしたのに、
がしっと怒ったほうが効果があったなんて、晴天の霹靂…

もう公園でリードをぶらぶらさせても引っ張らないし、
アイコンタクトもちょこちょこしてくるし、
こんなにおりこうだったとは、
本当にHANAnさんには感謝感謝です。

***がさびしくつらく暮らしていないとわかってほっとしましたが、
胃にストレスがかかっているのが、気にかかります。
私の精神的な影響が大きいのでしょうか。
でも、***の数ヶ月の気持ちの変化はとても大きいので、これも驚きです。
去年の秋は夫の所へ行きたがっていたし、今年の春頃までは
すれ違う人を見たり、夫を捜していたんです。

わんこのほうが、気持ちの切替えが上手ですね。

また、なんでそんな事わかるの?っていうことがあったのも、びっくりです。
保護されている犬がたくさんいる事をどうしてわかっているのでしょうね。
「おうちが足りないよ。」は、おもしろいでした。
ごはんも、手作りがあるので
「ドライフードはもう食べなくていいの?」と聞いてきたのには、
驚きでした。
本当に私たちと同じように考えているのね、と、
あらためてはっきりとわかりました。

「お姉ちゃん」も、すごく驚きました。
今まで「ママ」と、***に話しかけていたので
彼は、「ママじゃなくてお姉ちゃん」と、
もしかしたら訂正を言っていたかも。

試しに、***に「私はお姉ちゃんなの?」と話しかけたら
すごい笑顔で私を見たので、そうなんですねえ。

私のほうは、ヒーリングシャッフル効果が後になるほど効いてきました。

身体がほぐれて、最後に15分寝たのがとても良かったみたいです。
うとうと夢を見て、リラックスしました。

今までお昼寝をしたことがなかったのですが、
きのうは、雑草取りでばてて、午後、畳に寝転んだところ
いつの間にかお昼寝をしてしまいました。

やはり夢を見て、起きた時なんとなく、リラックス感がありました。
これからは、お休みの日はお昼寝するのがいいみたいです。

とてもいいリラックス方法を教えていただけて感謝です。

また、考えている事に対して、違う角度からの意見やら
アドバイスをもらえたのもとても良かったです。
目がさめるようなアドバイスがいただけました。
やはり、自分だけでがんばって考えていても、行き詰ってしまいますね。

早く勉強会に参加し、スピリチュアルの輪に入りたいです。

一言で言って、来ていただいてとても良かったです。
***のお願いも、聞いてあげるようにしなくちゃね。
「めそめそしない、イライラしない、ごはんをたくさん食べて、早く寝る。」
よく見てます。(夜更かししてないけど)

***、3年前は、「もっとたくさんお散歩したい。」
今は、「まだお散歩できるよ。」話し方が大人になってます。
おもしろいです。

では、またの機会まで…
今回は本当にありがとうございました。



最近では「言い聞かせてしつける(伝える)」ということが
メインのしつけ法になってきましたが、
「言い聞かせても聞かないんです」というご依頼が多いのも事実。
そんなときはちゃんと叱ってやってください。
「目を見て話す」のが大事なのは人もペットも一緒。
目を見るのは攻撃的と思われる…というのは
野良さんだけじゃないかなと思います。
少なくとも今まで私が対面セッション
させていただいたペットさんたちは、自分の目を見たから…
という理由で攻撃的だと思われたことはありません(^^)

がしっと叱ったあとは、同じことを繰り返さないかどうか
チェックしてあげてください。
そして上手にできたら、ベタベタに褒めてあげてください。
怒りっぱなしはダメです。

それからヒーリングシャッフルは継続施術が効果的です。
交感神経と副交感神経のバランスを取ったり、
自律神経を整えるお手伝いをしたり、自己免疫力を高める
お手伝いをします。

うちのパパさんのお父さんは週2回のシャッフルを1ヶ月続けたら、
心身ともにとてもバランスが取れてきました。
先日は月1回の病院での定期検査があったそうですが、
いつになく結果が良好でご機嫌だったので、つい軽いジョークで
「検査結果がよかったのが本当にシャッフルのせいか
確認するために来月のシャッフルは1ヶ月ほど休みましょうか」
って言ってみたら「なんてことを言うんだ!」と言わんばかりの
顔をされてしまいました(^^;
それだけ効果があったってことだと思います(^^)v
ホントは毛布を一組ご自宅に置いて就寝用に使ってもらえると
そろそろ週1回の施術でもいいんだけどなぁ。
なんてこんなところでぼやいてみたりして(笑)

とにかくヒーリングシャッフルは、
毛布を一組持って、毎日寝るときにお使いいただければ
シャッフルの施術ペースはゆっくりでもOKなので、
気になる方はぜひ一組お持ちください(^^)♪
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック