動物対話士(R) の伊東はなんが、方言まで再現する的確なペットの通訳で飼い主さんとの本当の愛と豊かさを引き出してお伝えします。
スポンサーサイト
--年--月--日 (--) | 編集 |
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
おかあちゃん思いの猫さん
2008年05月31日 (土) | 編集 |
猫のゾロ君にはやんちゃな弟分のベェという猫くんがいます。
ベェ君は突然ゾロ君に挑みかかったりして、何が何やら・・・。
ベェに対してどう思ってるんだろう?どうにか仲良くできないものか???
ということでセッションのご依頼を頂きました。

飼い主さんからご了解をいただいたので
セッション内容のご紹介をさせていただきます。

それにしてもおかあちゃん思いのいい猫さんでした。
私よりもずっとゾロ君のほうがしっかりしてます(^^;
以下、ゾロ君のママに送ったHANAnのメール(一部抜粋)です。

* * * * *
【はじめに:お写真から感じること】
(このカテゴリーの文章はいただいた文章を見ずに、
 ゾロくんのお写真だけを見て感じたことを書いています)

猫だけど犬っぽい感じがします。
「何はなくともまず自分」というのが猫っぽいとしたら、
犬は「私よりもまず、あなたはどう?」ってまず相手を伺う…。
ゾロ君にも「僕は二の次でいいよ」という犬らしい感じが
受け取れました。

状況判断や感情の読み取りがうまく、
とても「飼いやすい子」だと思います。
とにかくやさしい。思いやりが深い。そんな印象です。

思ったことは外に出さず内にためてしまう感じがします。
たくさんたくさん触れてあげることでその辺のストレスを
解消することはできると思います。

いい子だと思われること。
これが彼の一番の望みであり喜びであると感じました。


【質問1:現在の気持ち】

第一印象は不満を抱えてるっぽいなぁという感じでした。
分かってもらえてない…って感じ。
ボクは何にも悪くないんだけどな~って。
分かってもらえないからつまんなーいって感じ…。

もっと愛情をほしがってる感じがします。

…と書いたら、不意にゾロ君がこんなことを言いました。

「おかあちゃん忙しいの分かってるし、そんなこと言ったらアカン!」

う~ん。
ゾロ君に怒られちゃった(^^;
ゾロくんっぽい!と思っちゃいました。
【はじめに】で書いた、
>とにかくやさしい。思いやりが深い。そんな印象です。
まさにこんな感じです。

ゾロ君はお母さんのことホントに心配してるみたいなんですけど、
Sさん何かつらいことあります?
「おかあちゃんに負担(になるような思いを)させたらアカンねん」って、
「ボクのことはおかあちゃんが落ち着いたらでええし」って
ゾロ君が言うんです。
彼が感じてるおかあちゃんの悩みとは
主にお仕事のことみたいなんですけど…。

ゾロ君はそういうところまで心配しちゃうくらい
おかあちゃんのことが大好きみたいです(*^-^*)


【質問2:どうすれば喧嘩しないで仲良く暮らす事ができるのか】

だんだんおしゃべりにも慣れてきたみたいです(^^)
以下ゾロ君のお話しです。
---------------
オレがな、ホンマはもっとベェのことちゃんとしてやらなアカンのやけどな、
あいつホンマよう聞かんのや。
いっつも調子よう生きてからに、オレのことなんてお構いなしや。
「オレがー」って自分の事ばっかりでな、見てて頭にくるけど
知らん振り決め込むんよ。疲れるから。
せやけど兄貴やし構ったるよ。もちろん。
そうせんとおかあちゃん困るしな。

(はなん:ベェのこと、嫌い?)

ベェが嫌いかっちゅーとそうでもないから気にせんでええよ。
根はいいヤツやしな。
構いたなるときにはちょうどいい相手なんよ。
ガキ相手にするのもおもろいでー。

(はなん:おかあちゃんは二人がけんかないでほしいらしいけど…)

しゃーないやん。
あいつがやってくんやし。
腹立ってる時はこーやって(ちからまかせに爪とぎを引っかいてる姿)
ストレス解消してるし。
おれだってそれっくらい頭にきとーけど、しゃーないやん。
悪いのはあいつや!(言い放つ)

(はなん:ベェのこと、ホントは嫌いなん?)

嫌いじゃないって!ひつこいなー。

(はなん:ごめんごめん)

ゴメンやないで、まったくー(ため息)

-------

ゾロ君、ベェ君のことは嫌いじゃないそうです。
ゾロ君いわく、すべてはベェが悪い、と(^^;

ゾロ君って結構気は短いように感じました…(^^;


【最後にHANAnから】

ベェ君のことで困っている感情はあるようです。
けれど自分の中で消化しようとしているところなので、
わざわざ他人からそこに触れられるのはちょっとイヤみたい。
ゾロ君は、おかあちゃんを困らせたくない気持ちが強いので
それをわかってると言う意思表示を人間がしてあげると
彼は安心すると思います(^^)

「なにもなくつつがなく」暮らすのが、彼の理想のようです。
* * * * *


このメールを送ったら、
ゾロの話し方はまるで夫みたいだとおっしゃってました。
メールという限られた世界の中でお伝えするのはとても難しいのですが、
ゾロ君は分かりやすくお話ししてくださった感じがします。

セッションでは悲しがってるとかさみしがってるという言葉は
できるだけ使わないように、もしそういう感情が届いたら
対処法まで聞いてからお伝えすることがほとんどです。
けれど今回の場合、その辺はすべてゾロ君がしてくれた感じがしています。
きっとゾロ君の「そんなこと言ったらアカン!」ってセリフがなかったら
違う展開になってたんだろうなぁなんて思いながらお届けしたセッションでした。
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。