動物対話士(R) の伊東はなんが、方言まで再現する的確なペットの通訳で飼い主さんとの本当の愛と豊かさを引き出してお伝えします。
リンリン…(T_T)
2008年04月30日 (水) | 編集 |
名前が名前だけに、凛とかぶるなぁ…。
ニュースによるとお腹に37Lもの腹水を抱えていたとか。

揺りかごで「大往生」=闘病8カ月、最期は静かに-リンリン
4月30日12時32分配信 時事通信

 リンリンの死を受け、上野動物園の小宮輝之園長らは30日午前、同園内で記者会見し、「天寿を全うしたと思う」と述べた。同日朝、展示室内にあるコンクリート製のくぼみの中であおむけになって死んでいるのが見つかった。
 くぼみは生前、揺りかごのように使っていたお気に入りの場所。小宮園長は「苦しんだ様子はなく、安らかに亡くなったようだ」と語った。
 リンリンは繁殖のため、3度もメキシコに行った。園長は「世界で一番飛行機に乗ったパンダだろう。苦労を掛けた」と振り返り、「また機会があれば飼いたい」と話した。
 橋崎文隆動物病院係長は「人懐っこく、フレンドリーだった」と話した。昨年夏にリンリンが病気になってから、橋崎係長は日々、身体をこすって体調を観察。9月からは投薬を始めた。あちこちに体液が滞留し、体重は20キロ以上増加した。30日午前の解剖では37リットルもの腹水が見つかった。
 橋崎係長は半年以上続いた闘病生活に「よく持った。随分頑張った」とねぎらった。 
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20080430-00000070-jij-soci


動物園にアニマルコミュニケーターがスタッフとして在籍してたらどんなにステキだろう。
それとも訴えが多くてキツイかな?

去年の夏、とある人にチャネリングしてもらった時、
動物園でトレーニングしなさいと言われたことがありました。
動物の不満を聞いてしまうかもしれないことが怖くていやだと言ったら、
LOVEを送ればいいのですと言われたっけ。
けれどやっぱりなぜか足が向かず、一度も動物園には行ってないまま現在に至ります。

でも、リンリンの気持ち、お空に帰る前に聞いてあげたかったな…。
リンリン、どうぞ安らかに…。
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック