動物対話士(R) の伊東はなんが、方言まで再現する的確なペットの通訳で飼い主さんとの本当の愛と豊かさを引き出してお伝えします。
スポンサーサイト
--年--月--日 (--) | 編集 |
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
アニマルコミュニケーション勉強会@仙台
2008年03月18日 (火) | 編集 |
いよいよ今週末は仙台でのアニマルコミュニケーション勉強会です♪

今回はいつになく少人数です。
お部屋は広いところを借りているのでまだまだ受付は可能ですが、
そんなこんなですごくゆったり&濃い勉強会になりそうです。
この調子だと私からのフォトセッションをプレゼントしてあげられるかも♪
かもかも♪
それからね、この間作ったみかんジャムとマーマレードも持っていくよ。
参加くださる皆さん、忌憚なき感想をプリーズ。お願いします(笑)

実は今回、あまりの少なさに勉強会を中止にしようと思ったほどです。
主催者さんにもそれとなくお伝えもしていました。
けれどつい数日前、普段TVはついていても目に留めない私ですが、
そのときたまたまあるシーンを見てしまったのです。

画面は小学校低学年の教室。
先生が「今日は外で勉強しようか!」と問いかけると
子供たちは「わーーーい♪♪♪」と大喜びしました。
実はその提案は、いまいちクラスに馴染めなかった子のアイディア。
先生とその子は顔を見合わせて嬉しそうにニコニコしてました。


こんなシーンを見てハッとしたんです。
「私はなぜ勉強会をしているんだっけ?」って思ったんです。

アニマルコミュニケーション
決して特別な人のものではない!


これを伝えたくて勉強会を始めたんです。
まさにTVに出てた、「わーーーい♪♪♪」と
課外学習を喜んでいる子供たちのような受講者さんの笑顔を
見たいからだというのを思い出しました。
自分にもできるんだ!という体感が伝えたかったんでした。
お金儲けしたくてやってるんじゃないんです。
「だから安価で自分の技術を伝えてるんでしょ!」っていう
私の中の声が聞こえました。

たくさんの方のお問い合わせがあるのが
普通と思うようになってしまっていた私…。
大いに反省をしました。

そして初心に戻るべく、開催決定の通知を改めて
関係各位にお送りした次第です。

私が勉強会でやりたかったこと。
それは
アニマルコミュニケーションは特別なものではなく、
誰にでも楽しくできるものであるということを
広く、多くの方に知ってもらうということ。


反応が少なかったことに感謝。
いつもどおりだったらこんな大事なことに気付かずにいた私でした。

中止の可能性の通知にもひるまず受け入れてくださった
受講生の方々に感謝。
あなたたちがいてくださったから開催が決行できました。
本当にありがとう。

今回は再び原点に立ち返ることができた私にとって
記念すべき勉強会になりそうです。
参加者の方々、楽しみにしててください☆
コメント
この記事へのコメント
これは中身の濃い勉強会になりそうですね
たのしそー 仙台近郊で迷っているかたがいらっしゃったら是非参加をオススメします
勉強会参加経験者は語るではありませんが、そうか!誰でも出来るってこうゆうことって感じられると思います。
楽しい一日になるけど早くお家に帰ってかわいい我が子に逢いたくなる日でもあります。
少ない人数でも勉強会を中止にしなかったはなんさん素敵です
2008/03/18(Tue) 07:36 | URL  | みーみ #-[ 編集]
みーみさま♪
コメントありがとうございます♪
今回は私にとっても大きな意味のある勉強会になると思います(^^)
仙台に近い方でアニマルコミュニケーションに興味のある方は
ぜひぜひいらしていただきたい♪
2008/03/19(Wed) 12:04 | URL  | はなん #Si2BarZE[ 編集]
コメントを投稿
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。