動物対話士(R) の伊東はなんが、方言まで再現する的確なペットの通訳で飼い主さんとの本当の愛と豊かさを引き出してお伝えします。
トーマくんのお散歩嫌いの理由を探る
2006年10月31日 (火) | 編集 |
ある日、以前から知り合いだったトーマのママさんからメールを頂きました。
------------------------------------------------------
はなんさんはわんこの気持ち分かりますか?
実はうちの若い方のトーマなんですが、最近散歩に行ってもぜんぜん歩かなくなってしまって原因が分からず困っています。
夏の間は早朝の5時過ぎに毎日行ってたのですが、今年は思うように歩かなくて・・・
それで涼しくなったら歩くのかと思って夕方の散歩に連れて行っても同じようなことで。
体力がなくなってしんどくなったら歩くのが嫌になるのか、歩きたくない理由があるのか・・・
テレビの動物番組で動物の気持ちが分かる女性の方がいますが、私もわんこの気持ちを感じ取れる力があればいいんですが・・・
はなんさんなら読み取れるかと思ってお聞きしました。

------------------------------------------------------
とのこと。トーマ君はシーズーの男の子。
お家には同じくシーズーのじょ~じょ君という先住犬がいます。
トーマくん 写真は今回の主役。トーマ君

アニマルコミュニケーションについては勉強中の身であるということをお伝えしましたが、それでもよいのでぜひ!とご依頼を頂きましたので、さっそくトーマ君にアクセスしました。
以下は、はなんからトーマのママさんに送ったメールです。
------------------------------------------------------
今日の15時過ぎから15分くらい、ようやく私も落ち着いてコンタクトをとる事ができました。
15時過ぎくらいからのトーマ君に何か変化はありました?
あらぬ方向を見て何かを聞いているような…?
いや、なくてもいいんです。
ただ、そういうしぐさがあった時は確実にコミュニケーションができているとの事ですので、ちょっと聞いてみただけ~(笑)
いかんせん練習生ですから(^^;

あぁ、言い訳が長くなりました(汗)
トーマ君とのコンタクトの内容をお伝えします。

まず、お散歩についてどう思ってるかを聞いてみたところ、「おさんぽ怖い」というイメージが返って来ました。
お散歩の何が怖いの?と聞くと、足周りへの不安を伝えてきました。
そういえば…。じょ~じょくんのヘビ事件って、トーマくんがお散歩を嫌がるようになった時期とかぶってません?
痛い思いをしたのはじょ~じょさんであっても、その姿をトーマくんも見ているし、彼らどおしでコミュニケーションを取っていると思うので情報は伝わっているハズです。

または肉球と爪の間に石をはさんで痛い思いをしたり、お散歩中に肉球を傷つけてしまったということはありませんか?
いずれにしても歩く事への不安が感じられたので、いろいろ提案をしてみました。以下私とトーマくんの会話です。
(茶色が私(はなん)、オレンジ色がトーマ君です)


そんなに足元が不安だったら靴をはいてみたら?
歩きにくそうだなぁ。それに靴より上の部分は隠れてないし。
じゃぁつなぎは?つなぎ着て靴はくの。
なんかカッコ悪くない?
確かに…(^^;
ていうか、もう秋だし虫もいなくなってかなりお散歩も快適だよ。
お姉ちゃん
(トーマのママさん)もトーマが元気に歩くのを待ってるし。自信持ちなよ!もう怖い虫もいないし大丈夫だって!
大丈夫?虫こない?
こないよ~。お散歩楽しいよぉ。風や地面のにおいをかぎながら歩くの。楽しいだろうなぁ。お姉ちゃんと一緒の散歩♪( ̄ー ̄)ニヤリ
楽しい?お姉ちゃんも嬉しい?
もちろん!
ホント?
ほんと♡
じゃぁ行く!最初怖いかもしれないけど、お姉ちゃんに言っといて。ちゃんと「もう何も怖くないよ」って教えてくれるように。「僕もお姉ちゃんと楽しく歩きたい」って。
おーけー。それじゃお散歩楽しんできてねー♪


最後のほうのトーマ君は目がキラキラして、お散歩の楽しさを思い出したようでした。
トーマのママさんが事前に、私とちゃんと話してくれるようにお願いしてくれたのが功を奏したようです。ありがとう!

さて、これがどこまで妄想ではないか、トーマ君に通じたか…。
結果が楽しみです(^^)

------------------------------------------------------
この嘘のような本当のような会話の結果は…
トーマのママさんのご了承を得て、はなんへのお返事を掲載させて頂きました。トーマのママさん、ご協力ありがとう!
------------------------------------------------------
こんばんは!
お疲れのところトーマとコンタクト取っていただきありがとうございました。
メッセージ、読ませていただきながらウルウルしてしまいました。
今日の散歩はちょうど3時過ぎから歩き出しました。
いつものコースとは違う、少し遠回りをしたのですがとっても楽しそうに歩いてくれたのでうれしかったです。
雨が降り出してきたので早歩きさせてしまって、しんどかったかな?
コンタクトを取っている時にちょうど歩いていたので変わった様子に気付いてあげられなかったんですが・・・
トーマは機嫌良くはなんさんと話をしてくれたんですね?

トーマが歩かなくなったのはじょ~じょが毒蛇に噛まれた時期の前後ぐらいだと思います。
じょ~じょの毒蛇が関係しているとは思いませんでした。そうでしたか・・・
去年散歩中に、落ちている栗のイガが肉球の間に入ったことがあります。
足回りの不安とは・・・。はなんさん、本当にありがとうございます!

靴やつなぎの件ですが・・・
つなぎ・・・カッコ悪いって言ったんですよね?
実は去年、お腹がつんつるてんになって後ろ足の付け根も痒さのあまり噛みまくるので真っ赤になったことがあるんです。
それを防止するために私が自分の着ていたTシャツをつなぎっぽくお手製で作って家の中で着せていました。
あんまりいい出来ではなくて・・・
本人も嫌々着ていたのではないでしょうか?
ちょっと笑ってしまいました・・・つなぎがカッコ悪いって言ったときは。
服も家の中でずっと着ているんですよ~実は。
家の中で着せている服も何枚かあるのでとてもよく似合う服のときは「かわいいねぇ~よく似合うねぇ~」って言ってます。
本人はちょっと得意げな表情してます。

1日の中で散歩が一番好きなはずだったのに今年は思うように歩けていなかったので心配したのですが、これで何だかホッとしました。
本当は私がトーマの気持ちに気付いてあげないといけないのに、はなんさんにこうして教えていただけて本当に助かりました。
トーマには不安なく毎日楽しく散歩しようね!って伝えます!
これでもっともっと散歩が楽しみになってくれることを願っています。
はなんさん、本当にありがとうございました!
私もトーマもはなんさんに助けていただいてばかりです。
本当にありがとうございます。
これからもトーマ&じょ~じょ共々よろしくお願いします!
また明日からの散歩に何か変化があるかお伝えしますね!

------------------------------------------------------
アニマルコミュニケーションでは、このようにしばしば飼い主さんの思いもしなかった事をペットが教えてくれる事があります。
トーマ君の場合は、お散歩が怖いのは足元をさらすのが怖かったため、ということ。同居犬のじょ~じょ君がヘビに噛まれて大騒ぎした事を覚えていて、「明日は我が身」と思ったようです。
意外な告白として、つなぎはカッコ悪いと思っていた事まで(苦笑)。
本当にいろんなことを教えてくれます。
そしてこのお話にはとっても嬉しい後日談があります
------------------------------------------------------
はなんさん、こんばんは!
今日はとってもうれしいことがありました。
いつものように散歩に出かけたんですが、最近ジャーマンシェパードを飼っているおうちに立ち寄るのが日課になっているんです。
シェパードが犬が好きではないので、いつも通りかかるとなくんですが・・・
飼い主さんがそばにいるとクンクン寄ってきてくれるんですね。
今日はお近づきのしるしにおやつを一緒に食べましょう!ってことでシェパードの飼い主さんがビスケットを持ってきてくれたんですね。
「トーマは食べますか?」って聞かれたので、うちの外では一切食べ物は口にしないんですよ・・・って言ったんです。
そしたらシェパードが飼い主さんからビスケットをもらって食べているのを見てビスケットを差し出すと・・・
食べたんです!
今まで人からもらったモノはもちろん、私が持って行ったモノすら食べなかったのが~今日は一緒に食べたんですね。
これはすごい進歩だと思ってうれしかったです。
明日もシェパードの飼い主さんがいれば一緒におやつを食べて仲良くなれるようにしたいと思います。

------------------------------------------------------

トーマ君は自分がお散歩を嫌がった理由を理解してもらえて安心し、お散歩に対する不安が取り除かれたことでお散歩が楽しくなり、ついには更なる進歩まで遂げたのです!
動物も人間と同じで、理解者がいる事によって大きく成長をすることが出来るのです。

言葉が通じないから…と言って諦めるのはもったいないことです。
誰もがトーマ君のように秘めた可能性をもっているのですから…☆
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック