FC2ブログ
ペットも大切な家族の一員。そう思ってくれるステキなあなたに、一般社団法人動物対話協会代表理事がお役に立つ情報をお届けしています。
2020年の最初の超吉日にしたこと
2020年01月22日 (水) | 編集 |
いつもお読みいただきありがとうございます。
人とペットさん、両方のカウンセラー
動物対話士の伊東はなんです。

人とペットの双方向の意思疎通はステキです。
人とペットの垣根のないやさしい社会を一緒に作りましょう♪

これが動物対話を通じて私が伝えたいことです。


昨日の記事、見てくれましたでしょうか。
有言実行してきましたよ。

祖父母をはじめ、親戚一同がいる菩提寺に
お墓参りに行ってきました。
あいにくの曇天で富士山は見えなかったけど、
代わりに伊豆半島全体に天使のはしごが
かかっているのを見ました。
やわらかで穏やかでキレイだった…。


祖父母たちのお墓でひとしきり時間を過ごしていたら
奥の区域に眠るいとこのお兄ちゃんが気になって、
お線香は全部おじいちゃんたちにあげてきちゃったから
手ぶらだったけど行ってきました。

そうしたら…、
生前そのままのお兄ちゃんの声と口ぶりが届いてきてびっくり。
普段の動物対話のセッション以上のクリアさです。
それはそれはもう大号泣。
一人で行ってよかったって思いました。
お兄ちゃんは私の頭をポンポンして
「大丈夫だよ」って言ってくれました。

もし彼が今、生きていたとしても
同じことを話しただろうなって思うと、
生きていてもなくなっても魂との対話というのは
何も変わらないというのを改めて感じました。

帰り際、昔みたいにバイバイって手を振って
お寺をあとにしました。

そして次はサロンの地元の氏神様ね。


今までのお礼とこれからしたいことの宣言をしてきました。
そうしたら神様がこういうのです。
「準備もできていないうちから願いを叶えろと言われても無理じゃ。
おぬしは今、準備をしておろう?叶えるのはそれからじゃ」って。
いやはや、これもとってもリアル。
今日はなんなんだ?って感じ。

天赦日ですからね、
神様や魂の存在がいつもより近くてもいいんだけど、
あまりにリアルすぎてびっくりしてる私がいます。

で、サロンに戻って味噌の仕込みです。
本当は大寒に作るのがいいと言われていますが、
今年の大寒はあったかかったからね。
もともと大寒というのは一年で一番寒いときという意味だから、
寒仕込みじゃないと意味がない。
ということで、今年はあえての大寒外しです。



一キロの大豆を水でもどして煮てるんだけど…、
一体最終的に何キロになるのか(汗)

けど、一年でも数えるほどのいい日に仕込んだし、
ご先祖様にも神様にもごあいさつした後だから
絶対いいお味噌になるはず。
解禁は秋以降、だな。

それからもう一つ、やったことがあります。
これはもう一つの記事に。

-----

【人生を変えるセミナーです】

ペットさんとの会話を有意義なものにして
きずなをより深める動物対話基礎講座の詳細はこちら↓
http://hanan.jp/school

-----
【いつでも大募集!】

伊東はなんのセッションや講座を受けた感想を
いつでも大々的に募集しています!
皆さんの声が、文字が、
たくさんの方の力になります。
ご感想はこちらまで、「感想送ります」とお願いします。
いただいたご感想メールには、
ブログには書かない伊東はなんが直接に
「あなただけに向けてのお返事」をいたします。
「私も感想送りたーい!」とか、「まだ書いてないわー!」とか、
「はなんさんからの感想メールがほしい!」という方、
ぜひご感想をお送りください。

-----
【インスタグラムやってます】
いろんなSNS系の中で
一番「素の伊東はなん」が出てると思います。
愛してやまないしっぽの家族たちもちゃんと登場してますよ。
フォローしてくれたらうれしいです。
https://www.instagram.com/ito_hanan/

-----
一般社団法人動物対話協会

          
人とペットさん、両方のカウンセラーとして
双方が笑顔になるお仕事をしています

一般社団法人動物対話協会
http://www.aada.or.jp/

HANAn
http://www.hanan.jp/
動物取扱業:14東京都訓第004535号
東京都杉並区下高井戸1-11-23
TEL・FAX:03-6304-3138

ペットさんの種類状態等一切不問。
2007年より専業アニマルコミュニケーターとして活動。
2013年夏に職業名を「動物対話士」に変更し、名称は商標登録済み。
ペット入室可能なサロンにて、安心してセッションを受けていただけます
※杉並サロンにはシーズー2頭、猫3匹がいます。あらかじめご了承ください。
テーマ:
ジャンル:学問・文化・芸術
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック