FC2ブログ
ペットも大切な家族の一員。そう思ってくれるステキなあなたに、一般社団法人動物対話協会代表理事がお役に立つ情報をお届けしています。
はなの命日。丸三年目
2019年12月16日 (月) | 編集 |
いつもお読みいただきありがとうございます。
人とペットさん、両方のカウンセラー
動物対話士の伊東はなんです。

2016年12月16日。
3年前の今日は
はながお空に帰った日です。
その前日はオペラシティで
心にいい音楽を聴いていました。
オペラシティを出たら
巨人が大きなツリーと月を見ていました。


社団法人設立パーティーを見届け、
16歳の誕生日を迎え、
自分祝いのスリランカ旅行も
しっかり留守番してくれて、
最後の最後はセッション中にスリングの中で、
クライアントさんには眠っているとしか見られないほど
静かに呼吸を止めたはな。
何もかもが立派すぎて
ずーっと泣けずにいました。
泣くと申し訳ない気がしたし、
褒めることしかないから泣けなかった。
そんな子でした。

はなは私が生まれて初めて一緒に暮らしたワンコ。
迎えてすぐに、嬉しくて親に見せに行ったら
父に「どこで飼うの?家ん中?お犬様だねぇ」と…。
そんなところからのスタート。

お犬様で何が悪い!
ねぇ♡

その後、波乱万丈、紆余曲折の私の人生に
良きパートナーとしてずっと一緒にいてくれました。
はなは犬だったけど、犬じゃなかった。
犬でも人でもない「はな」という自立した命だった。

はなを迎え、はなの子供たちも増え、
それまでずっと一緒にいたのに
離婚するときには身ひとつで家を出た私。
成立するまでは時々犬たちの様子を見に行っていたけど、
そんな私を待っていたのは
うつ病になった人のような無表情のはな…。
申し訳ないことをしたとはなを抱きしめて号泣したことは
今でも忘れられない。
だから、このままじゃいけない!って
ペット不可だったアパートではなと二人暮らしを始めて、
ゆっくりと自分を思い出していったはな。
その後、いろいろが整って何度かの引っ越しをして
しっぽの家族を全員引き取って、今がある。

はなは最初の子だったから特に、
他の子たちにはしていないこともたくさんした。
今思えば他の子たちにもしてあげたらよかった
ってこともいっぱい。

けど、はなは吉もかなもしらない。
はながいたときは犬率のほうが高かった。
今は猫率のほうが高い…。
だんだんそんな時代になってきてる。

時は流れる。
時代は変わる。
私も少しは変わった…かな…?


はなのお骨はまだ家にあります。
別に執着でも何でもないんだけど、
納めたいお寺が見つからないというのもあるし、
このままでもいいか、っていうのもあるから。
だって、一緒にいたときに頼りになっていた子が
骨になったからと言って悪さをするなんてありえない。
だから、どうにかしたいと思ったときにそうします。
それまでは、ね。

…って書いたら「当分一緒でしょ」って。
あら。
久しぶりにはなさんの声だわ。
困ったな。
久しぶりすぎて泣きそう。
今日はこれから1年ぶりの友達に会うのに。

今夜ははなゆっくりお話ししよう。
久しぶりに。

はなと一緒に話すときは赤ワインだよね。
夜には用意しておくわ。


これだけはなと濃く関わってきたのに
ペットロスになっていないのは、
今を見て生きているしっぽの家族たちのおかげ。
ありがとね、みんな。


-----

【人生を変えるセミナーです】

ペットさんとの会話を有意義なものにして
きずなをより深める動物対話基礎講座の詳細はこちら↓
http://hanan.jp/school

-----
【いつでも大募集!】

伊東はなんのセッションや講座を受けた感想を
いつでも大々的に募集しています!
皆さんの声が、文字が、
たくさんの方の力になります。
ご感想はこちらまで、「感想送ります」とお願いします。
いただいたご感想メールには、
ブログには書かない伊東はなんが直接に
「あなただけに向けてのお返事」をいたします。
「私も感想送りたーい!」とか、「まだ書いてないわー!」とか、
「はなんさんからの感想メールがほしい!」という方、
ぜひご感想をお送りください。

-----
【インスタグラムやってます】
いろんなSNS系の中で
一番「素の伊東はなん」が出てると思います。
愛してやまないしっぽの家族たちもちゃんと登場してますよ。
フォローしてくれたらうれしいです。
https://www.instagram.com/ito_hanan/

-----
一般社団法人動物対話協会

          
人とペットさん、両方のカウンセラーとして
双方が笑顔になるお仕事をしています

一般社団法人動物対話協会
http://www.aada.or.jp/

HANAn
http://www.hanan.jp/
動物取扱業:14東京都訓第004535号
東京都杉並区下高井戸1-11-23
TEL・FAX:03-6304-3138

ペットさんの種類状態等一切不問。
2007年より専業アニマルコミュニケーターとして活動。
2013年夏に職業名を「動物対話士」に変更し、名称は商標登録済み。
ペット入室可能なサロンにて、安心してセッションを受けていただけます
※杉並サロンにはシーズー2頭、猫3匹がいます。あらかじめご了承ください。
テーマ:動物対話
ジャンル:ペット
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック