FC2ブログ
ペットも大切な家族の一員。そう思ってくれるステキなあなたに、一般社団法人動物対話協会代表理事がお役に立つ情報をお届けしています。
殺処分日が決まっていたワンコ-1 保護団体さんから譲り受けるということ
2019年10月08日 (火) | 編集 |
いつもお読みいただきありがとうございます。
人とペットさん、両方のカウンセラー
動物対話士の伊東はなんです。

10月2日から5日まで沖縄にいました。
猫たちはたっぷりのお水とご飯を置いて。
ぼーずはトリミングサロンにお願いして。

今回の訪沖はいつもとは違う特別なものでした。
殺処分予定日の決まっていたワンコを家族にしようと決め、
その子のお迎えのための沖縄入りでした。

実は保護犬を迎えるのは人生初。
保護団体さんから譲渡してもらうのも初です。

うちにも保護っ子はいます。
猫たちは全員保護っ子で、もよちゃんと吉は私が、
ちーちゃんは友人が、それぞれ個人で保護して
そのままうちの子になったパターンでした。

そもそも私は保護団体さんからしたら
譲渡対象外だと思っていましたので、
こちらから積極的なアプローチもしませんでした。

というのも、
・年齢制限あり
・自営業は要検討させてください
・泊りがけの出張がある場合は
 同居の家族がいないとダメです
・留守版の時間が長い人はご勘弁
…みたいな条件のところがほとんどで、
私は年齢制限以外のNG要素の
すべてに当てはまってしまうという…(^^;

犬だって人だって同じ「家族」でしょ。
人間の子どもにも保護犬たちと
同じことが言えますか?って話です。

年を取ってから子どもを産んではいけません。
子どもの留守番が多くなりそうな仕事に就いている人は
親になってはいけません。
って言われたらどうします・・・?

「だって人と動物は違うでしょ」という人も
いることは承知しています。
でも、動物対話の世界はそこに境界線を持ちません。
家族の一員として、人も動物も同じ目線で見ます。

人間の子どもだってお留守番はします。
年を重ねてから生まれた子供さんだって
幸せに育ちます。

いろいろな考え方がある中で、
私は動物対話士として
家族がどんな条件だったとしても
そこに「家族としての日常的な幸せ」が
あればいいと思っています。

お年寄りと暮らしたっていい。
留守番が長くてもいい。
一緒にいる時間がそれぞれを尊重した時間だったら
それでいいんじゃないかって思うんです。

…とはいうものの、
収容施設に入れられるような思いをした子たちに
「幸せ」とは何かを知ってもらいたい、
今度こそ幸せな生活をしてもらいたいという
保護団体さんの気持ちもよーくわかるので、
これらを否定する気は全くありませんけど、
そういうわけで、私の生活スタイルが
譲渡条件と合わないだろうことから
私には保護団体さんから新しい家族を迎えるという
選択肢はないと思っていました。

それが、出会ってしまったのです。
かな-1
かな-2
かな-3

2019年8月5日のことでした。

続く




-----

【人生を変えるセミナーです】

ペットさんとの会話を有意義なものにして
きずなをより深める動物対話基礎講座の詳細はこちら↓
http://hanan.jp/school

-----
【いつでも大募集!】

伊東はなんのセッションや講座を受けた感想を
いつでも大々的に募集しています!
皆さんの声が、文字が、
たくさんの方の力になります。
ご感想はこちらまで、「感想送ります」とお願いします。
いただいたご感想メールには、
ブログには書かない伊東はなんが直接に
「あなただけに向けてのお返事」をいたします。
「私も感想送りたーい!」とか、「まだ書いてないわー!」とか、
「はなんさんからの感想メールがほしい!」という方、
ぜひご感想をお送りください。

-----
【インスタグラムやってます】
いろんなSNS系の中で
一番「素の伊東はなん」が出てると思います。
愛してやまないしっぽの家族たちもちゃんと登場してますよ。
フォローしてくれたらうれしいです。
https://www.instagram.com/ito_hanan/

-----
一般社団法人動物対話協会

          
人とペットさん、両方のカウンセラーとして
双方が笑顔になるお仕事をしています

一般社団法人動物対話協会
http://www.aada.or.jp/

HANAn
http://www.hanan.jp/
動物取扱業:14東京都訓第004535号
東京都杉並区下高井戸1-11-23
TEL・FAX:03-6304-3138

ペットさんの種類状態等一切不問。
2007年より専業アニマルコミュニケーターとして活動。
2013年夏に職業名を「動物対話士」に変更し、名称は商標登録済み。
ペット入室可能なサロンにて、安心してセッションを受けていただけます
※杉並サロンにはシーズー1頭、猫3匹がいます。あらかじめご了承ください。
テーマ:保護犬
ジャンル:ペット
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック