FC2ブログ
ペットも大切な家族の一員。そう思ってくれるステキなあなたに、一般社団法人動物対話協会代表理事がお役に立つ情報をお届けしています。
【プロフィール】改めまして伊東はなん自己紹介
2019年09月02日 (月) | 編集 |
いつもお読みいただきありがとうございます。
人とペットさん、両方のカウンセラー
動物対話士の伊東はなんです。

先月の癒しフェア以来、今までの見直しと
これからを見据える作業をしています。
そいういう意味でもやっぱり出展してよかったなって思ってます。

今日は改めて「伊東はなんの紹介」を
してみたいと思いました。
癒しフェアの講師紹介欄にある言葉が
なかなかいいぞ!と思ったのでこちらで改めて。


伊東 はなん

新時代を牽引する動物業界のジャンヌダルク

一般社団法人動物対話協会代表理事/
杉並区動物適正飼養普及員

【プロフィール】

30歳で初めて犬と暮らすという遅咲きペットライフの中で、動物も人間同様に言葉の通じる生き物であることを知る。
一方で子供時代から動物と暮らしている人でも一緒に暮らしているペットの気持ちが分からない人が多いことを知り、動物との対話手法を極め、世に広げることを決意。
その技術を教えてくれたのは、他でもない一緒に暮らす犬たちだった。

2011年には東日本大震災ボランティア中に現地で保護された子猫を紆余曲折の後にうちの子として迎えると、たちまち人生に欠かすことのできない唯一無二の相棒として成長。

犬と暮らしから犬猫との共存を経て、年の近い親子犬たちを毎年のように看取り、改めて「生きること」「死ぬ意味」を正面から受け止める日々の中で、見るべきは見えない世界ではなく、目の前にいる「うちの子」であると痛感。

見えない世界に翻弄されるスプリチュアルブームに喝を入れ、「現実こそがスピリチュアル」と唱え、特殊能力不用の、誰でもできるペットとの対話手法の啓蒙するため、2016年に一般社団法人動物対話協会を設立。
人と動物の立場の垣根を取り払うために奔走する。

伊東はなんは動物対話を通して関わる人にこのように話す。

「動物との『真の意味での対話』を体験してください。
彼らこそ現実世界にしっかり根を下ろし、捕らわれのないまっすぐな視線と思考で私たちのことを見ていることを知ってください。
そして、彼らの本当の存在意義に気づいたとき、あなたの人生は大きく好転していることでしょう。」と。

『動物対話を真の意味で理解すると人生が変わる』
これは大げさでなく、
伊東はなんから動物対話を学んだ多くの受講生が、今なお変わらず体験している事実である。

一般社団法人動物対話協会
https://aada.or.jp

伊東はなん個人サイト
http://www.hanan.jp

伊東はなんプロフィール写真 with 吉



改めまして
今後ともよろしくお願いします。



-----

【人生を変えるセミナーです】

ペットさんとの会話を有意義なものにして
きずなをより深める動物対話基礎講座の詳細はこちら↓
http://hanan.jp/school

-----
【いつでも大募集!】

伊東はなんのセッションや講座を受けた感想を
いつでも大々的に募集しています!
皆さんの声が、文字が、
たくさんの方の力になります。
ご感想はこちらまで、「感想送ります」とお願いします。
いただいたご感想メールには、
ブログには書かない伊東はなんが直接に
「あなただけに向けてのお返事」をいたします。
「私も感想送りたーい!」とか、「まだ書いてないわー!」とか、
「はなんさんからの感想メールがほしい!」という方、
ぜひご感想をお送りください。

-----
【インスタグラムやってます】
いろんなSNS系の中で
一番「素の伊東はなん」が出てると思います。
愛してやまないしっぽの家族たちもちゃんと登場してますよ。
フォローしてくれたらうれしいです。
https://www.instagram.com/ito_hanan/

-----
一般社団法人動物対話協会

          
人とペットさん、両方のカウンセラーとして
双方が笑顔になるお仕事をしています

一般社団法人動物対話協会
http://www.aada.or.jp/

HANAn
http://www.hanan.jp/
動物取扱業:14東京都訓第004535号
東京都杉並区下高井戸1-11-23
TEL・FAX:03-6304-3138

ペットさんの種類状態等一切不問。
2007年より専業アニマルコミュニケーターとして活動。
2013年夏に職業名を「動物対話士」に変更し、名称は商標登録済み。
ペット入室可能なサロンにて、安心してセッションを受けていただけます
※杉並サロンにはシーズー1頭、猫3匹がいます。あらかじめご了承ください。
テーマ:動物対話
ジャンル:ペット
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック