FC2ブログ
ペットも大切な家族の一員。そう思ってくれるステキなあなたに、一般社団法人動物対話協会代表理事がお役に立つ情報をお届けしています。
癒しフェア、中の人ご検討中のみなさまへ
2019年08月09日 (金) | 編集 |
いつもお読みいただきありがとうございます。
人とペットさん、両方のカウンセラー
動物対話士の伊東はなんです。

いよいよ来週は癒しフェア 2019 in TOKYOです!
来てね!!


癒しフェアの中の人(8/16まで受け付けます!!一緒に楽しみましょう!) も
セッション経験のあるペットさんたちのお写真(8/13必着分まで)
まだまだ募集中!
ご応募お待ちしてます♪


おかげさまで癒しフェアの中の人、
続々と仲間が増えてきています。
ありがとうございます。

何人かの方から同じ質問が出たので、
もしかしたら他にも同じ点で迷っている人がいるかも…と。

なので、業務連絡を兼ねたお知らせです。

ボランティアスタッフとして中の人になりたいけど、
強調文講演も聞きたい。
スタッフになっても聞けますか?


答えは
もちろん!
です。

講演中は講演会場の周りにいて
話を聞きたそうな人、気になってる人に声をかけて
お席に促すことをしてもらいながら聞いてほしいと思っていますが、
「講演中は話をがっつり聞きたい!」という方は
スタッフ用ビブスを脱いで、普通のお客様の顔して
お席にかけて話を聞いてください(^^)
で、講演が終わったらまたブースに戻って
中の人に戻る、という形でOKです。

中の人が行う詳しいことは
8月15日前後に一斉送信でお知らせしますので
それまで少しお待ちくださいね。

その他ご不明点はブログのコメント、メール、
ホームページのお問い合わせフォームなどなどから
お知らせください。

それにしても、いよいよですねぇ。
講演用のスライドを作るのもこれから。
スタッフ用のビブスも今日届く予定。
癒しフェアの冊子に乗せる原稿は昨日チェックしたっけ…?
みたいな感じで、
もう、私の頭の中は癒しフェア一色です。

ブースに貼る「うちの子」たちも引き続き大募集してます。
「動物対話のセッションを受けたことがあるペットさん」という
条件は付きますが、ぜひぜひお申し込みください!
送ってくださった方には
ブースでの展示の様子をお送りできたらいいなと思ってます。

私はいけないけど、せめてうちの子を!っていうのもいいですねぇ。
私もうちの子たちをこっそり貼り出してもらおうかな。
代表特権で(笑)

今日はこれから中の人をしてくれる方と
ランチしながら打ち合わせです。
こちらも楽しみ!楽しみ!


-----

【人生を変えるセミナーです】

ペットさんとの会話を有意義なものにして
きずなをより深める動物対話基礎講座の詳細はこちら↓
http://hanan.jp/school

-----
【いつでも大募集!】

伊東はなんのセッションや講座を受けた感想を
いつでも大々的に募集しています!
皆さんの声が、文字が、
たくさんの方の力になります。
ご感想はこちらまで、「感想送ります」とお願いします。
いただいたご感想メールには、
ブログには書かない伊東はなんが直接に
「あなただけに向けてのお返事」をいたします。
「私も感想送りたーい!」とか、「まだ書いてないわー!」とか、
「はなんさんからの感想メールがほしい!」という方、
ぜひご感想をお送りください。

-----
【インスタグラムやってます】
いろんなSNS系の中で
一番「素の伊東はなん」が出てると思います。
愛してやまないしっぽの家族たちもちゃんと登場してますよ。
フォローしてくれたらうれしいです。
https://www.instagram.com/ito_hanan/

-----
一般社団法人動物対話協会

          
人とペットさん、両方のカウンセラーとして
双方が笑顔になるお仕事をしています

一般社団法人動物対話協会
http://www.aada.or.jp/

HANAn
http://www.hanan.jp/
動物取扱業:14東京都訓第004535号
東京都杉並区下高井戸1-11-23
TEL・FAX:03-6304-3138

ペットさんの種類状態等一切不問。
2007年より専業アニマルコミュニケーターとして活動。
2013年夏に職業名を「動物対話士」に変更し、名称は商標登録済み。
ペット入室可能なサロンにて、安心してセッションを受けていただけます
※杉並サロンにはシーズー1頭、猫3匹がいます。あらかじめご了承ください。
テーマ:動物対話
ジャンル:ペット
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック