FC2ブログ
ペットも大切な家族の一員。そう思ってくれるステキなあなたに、一般社団法人動物対話協会代表理事がお役に立つ情報をお届けしています。
対面ヒーリング:看護疲れ-1
2006年10月09日 (月) | 編集 |
先日緊急手術した友達のお母さんとお友達に直接会って
レイキヒーリングをしました。

友達はと言えば、お母さんが倒れてからつきっきりの看護で
食事も喉を通らず、将来を悲観してしまうような状態。
お母さんの回復の一端をになう友達がこれでは今後が心配でした…。

そこで友達と待ち合わせて、オープンエアののんびりした空気の下で
緊急措置として用意したダンボール箱の上に座ってもらい、
ホワイトセージを焚いて場の清めを行って、いざ対面ヒーリング開始。

頭から足先まで全体で1時間ほど、ゆっくりていねいに
エネルギーの流れを整えました。
途中、だんだん前のめりになってきた友達を見て
相当エネルギーが不足していたんだなと、それまでの労をねぎらい、
同時に、かなり深いところまでヒーリングのエネルギーが
届いていることを感じました。

私は私で、とても強いグラウンディング(地球との一体感)を感じ、
いろいろな存在からのサポートを強く自覚しました。

足先までのヒーリングが終わった事を告げても友達は
しばらく放心状態のまま…。
10分くらいそのままだったかも。

そしてふと我に返ってマシンガントークスタート(笑)

マサヨちゃんが私のコメカミのところに手を置いたらね、
赤やオレンジの光の玉がね、けど真ん中は白いんだよ。
でね、背景は深い紺色なの。宇宙みたいなところ。
で、その光が両脇からぶわーっと目の前まで飛んでくるんだよ。
ぶつからないんだけどね、そういうのがドンドン来るの!

そのうちなんだか分からない力が私を前のめりにさせていってね、
このままいったら倒れる!って思ったから必死に止めたけど
まっすぐには出来ないの。もうあれが精一杯!
(45度くらい傾いてました)

たまに後ろにも引っ張られそうになって、それも一緒。
私がしてるんじゃないんだよ。引っ張られる感じ。

けどそれで何かが抜けていく感じがしたね。
だんだん楽になってきたの。


私は、子供が学校で起こった事を話しているのを聞く
母親になったような気持ちで、「へー」とか「すごいじゃーん」と
相槌を打ってました。

病院と家との往復で人と話すこともあまりなくて辛かったんだろうなって
思いました。
話はすることはあってもせいぜいドクターとの業務的な会話だけだろうし。
人と話すことってものすごいストレス発散になるんですよね。

そして、次は友達のお母さんがいる病院へと足を運びました。
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック