FC2ブログ
ペットも大切な家族の一員。そう思ってくれるステキなあなたに、一般社団法人動物対話協会代表理事がお役に立つ情報をお届けしています。
フードジプシーカウンセラーというお仕事
2006年10月02日 (月) | 編集 |
こんにちは。
はなママ@はなんです。

せっかくブログになってカテゴリ別に話題を割り振ることができるので
何をお話しようかと悩んでいました…。(これに半日費やしました

今日は、名刺をお渡しすると必ず聞かれる
「フードジプシーカウンセラー」についてお話します♪

フードジプシーカウンセラー・・・?

聞き覚えのない言葉に皆さんは「?」と思われるかもしれません。
けど言わんとしてることはなんとなーく分かるかなって感じ?!

「フードジプシー」+「カウンセラー」の造語です。(そのまんま!笑)
フードジプシーを救済する人というと分かりやすいでしょうか。
世界広しと言えども、この肩書きを持っているのは私一人です
えっへん

・・・ところでフードジプシーって?という方に解説を。
簡単に言うと、ペットフードをどれにしようか決めかねて、
まるでジプシーのようにあちこち転々として落ち着かない様子を言います。
類義語にはシャンプージプシーとか、病院ジプシーなんてのもあります(^^;

そして、ジプシー生活をすると何がいけないのか…というと、
「食べてくれない」と言うことに対して飼い主さんが頭を痛めてしまい、
それがストレスとなりペットと飼い主の関係がうまく築けなくなるのが問題です。

本当はいろいろ試すことについては何一ついけないことはありません

だって、そのフードを食べないのにはそれなりの理由があるかもしれませんし、とっても乱暴に言ってしまうと、食べないからって死ぬわけじゃないからいいんです。(もちろん病気をしている子は別です)

ジプシーをされている方を大きく分けると以下の二つに分類されます。

いろいろ試すとわがままになるから固定させたいという方。
・・・うんうん。分かります。巷ではよくそういわれてますもの。
   うちの子はイイコでいてほしい親心ですよね。

今よりもっといいフード捜し求める方。
・・・調子の悪い子と生活している方に多く見られます。
   こういう方たちは成分分析表の読み方なんかも私より詳くて、
   素直にいろいろ教わりたいと思うくらい博学です

後者の場合は、どんどん納得のいくものを見つけていただければいいと思います。このタイプの方はフードを探すことを苦と思っていないので悩みません。フードチェンジに嫌悪感がなければ問題ありません。

ところが前者の場合はそうもいきません。ほとほと困り果てて
「なにかいいフードはありませんか?」と私のところに来られます。
何で食べないか考えたことがありますか?と聞くと、
皆さんどこかで打ち合わせでもしてきたかのように同じセリフ
おっしゃいます。「わがままなんです、うちの子」って(笑)
けど、なぜわがままになってしまうかを聞くと苦笑いでおしまい(^^;
大丈夫。みんなそうなんです。何とかなります


ここで我が家の実話をひとつ・・・。

今では来るもの拒まずの我が家のボス、はなでさえ
「ドライフード嫌~い」という時期がありました。
何で食べないんだろう?って考えました。
で、はなの気持ちになっていろんな方法にチャレンジしてみました(笑)

まず考えたのは「空腹ではないのかもしれない」ということ。
当時は1日2食でしたので、それを1食にしてみました。
最初は空腹に耐えられず食べていましたが、そのうちそれも残すようになり。
物の本には「根競べが必要です」と書かれていたので実践しましたが、
人間が負けました
3日目くらいからかわいそうになってくるんです。
「あのご飯イヤ。ママと同じのが食べたい」って切なそうに鳴くんです。
それでも「人のご飯なんてあげてはいけない物の最たるもの」と
本に書いてあったので、次なる手を考えなければいけませんでした。

次なる手段は「フードに鰹節まぶし」。
これはよく食べました!…けどやっぱり最初のうちだけ。
すぐに鰹節だけ舐めてフードを出すというスペシャルな技を覚えました(--;

イヤ、参った…。
そこまでして食べたくない理由は何だろう…と思った私は、
はなになったつもりでおもむろにドッグフードを一粒食べてみました。

うがーーー。げろまずーーーーー

はながフードを嫌がる理由が分かりました
そして心から同情して反省しました。
こんなのが毎回出てきたらいやだよねって。

そのあとしばらく手作りご飯を続けましたが体が持たなかったこともあり、
1ヶ月くらいでリタイヤしてしまいましたゴメン!
(今はその時々によってドライだったり手作りだったりしてます)

そして、はなが食べてもおいしいフード探しが始まりました。
その中でフードの足し算のおもしろい話も見つけました。
(これはあとでじっくりお話します。かなり納得です)

そして、そんなことをしながら気づいたことがもうひとつ。
「今日は食べるかな?どうかな?」って心配しながら食事の様子を
見ていた(思っていた)ことが、その原因のひとつでもありました。

見張られながら食べるのって落ち着きませんよね。
「さぁ!今日はいつもと違うよ。たくさん食べてね!!」って気持ちで
堂々と出されたら、ペットさんにだってその気迫は通じます。

些細なようで結構大きな心理作戦!
かなり有効です。お試しあれ☆

そうはいってもなかなか・・・という方にはバッチフラワーレメディを
おススメします。
ペットさんとオーナーさんと、二人とも摂取してください。
この場合、どちらが悪いということではないですから、
みんなで一緒に同じものを摂ります(^^)

レメディの内容はケースバイケースですが大体の場合、
責任に押しつぶされそうな心向けにエルム
こんなのイヤ!っていう潔癖な態度にクラブアップル
あとはお話を伺って全部で4種類ほどミックスしましょう。
レメディは共用で使うことがポイントです

このときオーナーさんのお話を聞くと同時にペットさんのお話しを聞きます。
さらに最適なレメディを確かめるために、とてもクリアでハイパワーな
水晶のペンデュラムでどれが適しているかを確認します。
(これがまたすごい的中率なんです!)

それを続けること2週間。
大抵はペットさんもオーナーさんも一皮向けたようなオーラになり、
とてもゆったりした生活を送れるようになります。

もしあまり改善が見られなかったら…?
多分人間側にフードを食べないことに対する恐れの意識が残っている
可能性があります。
そのときはもう一度ゆっくりとカウンセリングをしましょう。
今度こそ心の奥にしまってあるお話しをお聞かせくださいね(^_-)☆

長くなりましたので、今日はこの辺で。
フードの足し算のお話しはまた今度、必ず・・・。
テーマ:親切なショップ
ジャンル:ペット
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック