FC2ブログ
ペットも大切な家族の一員。そう思ってくれるステキなあなたに、一般社団法人動物対話協会代表理事がお役に立つ情報をお届けしています。
鬼の撹乱です
2019年02月05日 (火) | 編集 |
人とペットさん、両方のカウンセラーとして
双方が笑顔になるお仕事をしています、
動物対話士の伊東はなんです。
いつもお読みいただきありがとうございます。

大変です!
鬼の撹乱です!!(笑)

昨夜39度まで熱が上がりました。
体温39.06℃!


まさかのインフルエンザ罹患。
今朝病院に行ってそう言われました。
昨日イベントに来てくれた人には
昨日のうちに状況を伝えています。

不思議なのが、こうなる2,3日前に
大量に玄米ご飯を炊いてたこと。
普段は都度精米してますが
今回は玄米のまま炊きました。
最近の傾向から見ると、とても珍しいこと。

何が不思議かって、
玄米ご飯はデトックス効果が非常に高いので、
よくダイエットに使われたりします。
風邪引いたからデトックス!って、
症状が出る前から準備してたこと。

私はダイエットしたかったわけではなく
たまたま米びつから出てきたお米がたくさんだったけど、
(うちの米びつさんは非常にアバウトなのです😅)
戻すのも面倒だったので
そのまま炊いちゃった♪ってだけですが…(笑)
そうしたらデトックスの必要な事態にはまり、
結局それが功を奏しています。

それにプラスして、
梅を収穫するところから自分で行った手作りの梅干しがある!
これをお粥にして一緒に食べたら美味しくて美味しくて!
病人状態で美味しいって思うんだから、
本当に美味しいんだと思います(笑)

玄米と梅干し。
二大デトックスの日本食を体に入れたら
あとは体の持っている治癒力に任せるだけ。

すでに治癒力の現象は現れていて、
いつもはトイレの回数の少ない私が
今日はいつもの倍くらい行ってます。
(これでやっと人並みかも)
玄米ご飯+梅干しによるデトックスは
順調に進んでいるようです。
恐るべし人体の力!

それに加えて、
普段はサプリメントも含めて
薬はほとんど取らない生活なので、
お医者さんからもらった薬が効く効く!
おかげさまですでに体温は36度後半になってます。

新月。旧暦元旦。デトックス。
出すもの出したら、あとは駆け抜けるだけ!

とは言うものの、やっぱり数日はおとなしくしてなきゃですね。
今日から数日間の人と会う約束はすべて延期してもらいました。
ご迷惑をおかけした皆様、申し訳ありません。
来週には完全復帰なので、引き続きよろしくお願いしますm(__)m



-----

ペットさんとの会話を有意義なものにして
きずなをより深める動物対話基礎講座の詳細はこちら↓
http://hanan.jp/school

-----

伊東はなんのセッションや講座を受けた感想を
まだまだ大々的に募集しています!
皆さんの声が、文字が、
たくさんの方の力になります。
ご感想はこちらまで、「感想送ります」とお願いします。
いただいたご感想メールには、
ブログには書かない伊東はなんが直接に
「あなただけに向けてのお返事」をいたします。
「私も感想送りたーい!」とか、
「まだ書いてないわー!」とか、
「はなんさんからの感想メールがほしい!」という方、
ぜひご感想をお送りください。

-----

インスタグラムはじめました。
まだ使い方がよくわからなくて、
フォローとフォロワーの関係とか、
じょうずな改行のしかたとか、
そういうの、全然わかりません(^^;
けど、フォローしてくれたらうれしいです。
https://www.instagram.com/ito_hanan/

たぶんいろんなものの中で一番「素の伊東はなん」が出てると思います。
けど、愛してやまないしっぽの家族たちもちゃんと登場してますよ。

-----

一般社団法人動物対話協会


            
人とペットさん、両方のカウンセラーとして
双方が笑顔になるお仕事をしています

一般社団法人動物対話協会
http://www.aada.or.jp/

HANAn
http://www.hanan.jp/
動物取扱業:14東京都訓第004535号
東京都杉並区下高井戸1-11-23
TEL・FAX:03-6304-3138

ペットさんの種類状態等一切不問。
2007年より専業アニマルコミュニケーターとして活動。
2013年夏に職業名を「動物対話士」に変更し、名称は商標登録済み。
ペット入室可能なサロンにて、安心してセッションを受けていただけます
※シーズー1頭、猫3匹がサロンにおります。あらかじめご了承ください。
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック