FC2ブログ
ペットも大切な家族の一員。そう思ってくれるステキなあなたに、一般社団法人動物対話協会代表理事がお役に立つ情報をお届けしています。
私の心が小さな幸せであふれているとき、しっぽたちは…
2019年01月10日 (木) | 編集 |
人とペットさん、両方のカウンセラーとして
双方が笑顔になるお仕事をしています、
動物対話士の伊東はなんです。
いつもお読みいただきありがとうございます。

このところ、一人でいると
今までだったら気づきもしなかっただろう
小さな小さな幸せが、
ビックリするくらい深く心に染み入ってきます。
ありがたいなぁ、うれしいなぁ。
幸せってこういうことなのかも…と
思うシーンが本当に多いんです。

実際はしっぽたちがいるので
全然一人じゃないんですけどね(笑)、
でも、きっと今ならしっぽたちがいなくても
同じように過ごせるんじゃないかって思います。

「今」がどういう状況か。
「今」なにができるか。
幸せを感じられる分岐点は
そこにあるんじゃないかな、って思うのです。

そんな中、しっぽたちはどうしているかというと、
実に穏やかなんです。

私が寝ているときは起こさず、
調理しているときは遠くから見守り、
味見の時は「どれどれ?」って一緒に味見をしたがる。
一緒にいる幸せを満喫している、って感じです。

本当だったらつまんないと思うんですよ。
母ちゃんは自分の事ばっかり一生懸命だから。
でもそうじゃない。
穏やかで仲良しで、本当に落ち着いてるんです。
それぞれの定位置で。
それぞれがそれぞれの定位置でのんびりと。

これが私がよく言ってる
「ペットは飼い主の写し鏡ですよ」ということです。
私が楽しみながら幸せの中にいると
しっぽたちはそんな私を見て幸せを感じているのです。

あなたはあなたと暮らす家族たちに
どうあってほしいですか?
穏やかでいてほしいですか?
朗らかでいてほしいですか?
元気でいてほしいですか?

その姿を見たいときは
まずあなたがそうなりましょう。
どうすればそうなれるかって?
そんなの自分で見つけてくださいな(笑)
何も考えないあなただと、
家族まで何も考えられなくなっちゃいますよ。

今年の私はいつにも増して
「しっぽの家族とともに暮らす一人の人間としての
豊かさを追求する」という一年になりそうです。
それってなんだかうれしいな。
大晦日にどんな私になっているか、
今から楽しみです。

―――――

ペットさんとの会話を有意義なものにして
きずなをより深める動物対話基礎講座の詳細はこちら↓
http://hanan.jp/school

今月は1月26日(土)に初級と中級、27日(日)に上級です。

-----

伊東はなんのセッションや講座を受けた感想を
まだまだ大々的に募集しています!
皆さんの声が、文字が、
たくさんの方の力になります。
ご感想はこちらまで、「感想送ります」とお願いします。
いただいたご感想メールには、
ブログには書かない伊東はなんが直接に
「あなただけに向けてのお返事」をいたします。
「私も感想送りたーい!」とか、
「まだ書いてないわー!」とか、
「はなんさんからの感想メールがほしい!」という方、
ぜひご感想をお送りください。

-----

インスタグラムはじめました。
まだ使い方がよくわからなくて、
フォローとフォロワーの関係とか、
じょうずな改行のしかたとか、
そういうの、全然わかりません(^^;
けど、フォローしてくれたらうれしいです。
https://www.instagram.com/ito_hanan/

たぶんいろんなものの中で一番「素の伊東はなん」が出てると思います。
けど、愛してやまないしっぽの家族たちもちゃんと登場してますよ。

-----

一般社団法人動物対話協会


            
人とペットさん、両方のカウンセラーとして
双方が笑顔になるお仕事をしています

一般社団法人動物対話協会
http://www.aada.or.jp/

HANAn
http://www.hanan.jp/
動物取扱業:14東京都訓第004535号
東京都杉並区下高井戸1-11-23
TEL・FAX:03-6304-3138

ペットさんの種類状態等一切不問。
2007年より専業アニマルコミュニケーターとして活動。
2013年夏に職業名を「動物対話士」に変更し、名称は商標登録済み。
ペット入室可能なサロンにて、安心してセッションを受けていただけます。
※シーズー1頭、猫3匹がサロンにおります。あらかじめご了承ください。
テーマ:幸せに生きる
ジャンル:心と身体
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック