FC2ブログ
ペットも大切な家族の一員。そう思ってくれるステキなあなたに、一般社団法人動物対話協会代表理事がお役に立つ情報をお届けしています。
法律のお勉強をしてきました
2018年12月05日 (水) | 編集 |
人とペットさん、両方のカウンセラーとして
双方が笑顔になるお仕事をしています、
動物対話士の伊東はなんです。
いつもお読みいただきありがとうございます。

動物に関する法律についてお勉強をしてきました。
ペットはモノ扱いであるということは知っていましたが、
実際に法律的にはどうなっているのか。
弁護士さんはそれをどう見ているのか。
というのを聞きたくて。

配布資料の多さは「さすが弁護士さん!」です。
20181204-2.jpg

その中でも特に「まずは地元から」ということで
東京都の動物に関する条例が興味を引きました。
20181204.jpg

国が定める「法律」と、自治体が定める「条例」に
ギャップがあった場合、
優先されるのはどちらだと思いますか?

私は法律だと思ってました。
けど、正解は条例なんですって。

とか、

ペットは「有体物」という「動産」である。

とか、

「過失相殺」という言葉がある

とか、

東京都は騒音に関する規制レベルがあるので
ペットの鳴き声もそこに準ずる

ことが、

受忍限度との兼ね合いにどう影響するか

とか、

本当に興味深いお話しでした。
さらに判決事例の話も興味深かったです。
もっといっぱい知りたいなぁと思いました。

判決事例の話では、
裁判の方法によっては非公開なものもあって、
専門家じゃないと知れないものもある。
ということを初めて知り、
んんん~~~と唸ってみたり、

法律が「公布」されたら、
それを知っていようがいまいが、
公布された時点ですべての国民は
それを知っていることになる

とか。

法律素人の私はびっくりしっぱなし。
「知ってることになってる『知らないこと』」が
山ほどあるんだろうな、それは怖いな、って思いました。

どういうことが起こると訴えられて
どういう形で判決が出たのか。
私がそれを知ることは、私の元に来る
クライアントさんを守ることができるとも思いました。
いや、実際に法的にケアできるのは法律家さんだけれど、
私は知恵を与えるということでサポートできると思いました。

私のもとに来れば…という意味では、
今は「高齢者がペットと暮らすこと」の
ノウハウをお伝えすることができるのは
その一つかなと思っています。
12/16(日)千葉市稲毛区でお話しします。
https://ameblo.jp/hananz/entry-12422352882.html

あとはペットさんへのご供養の方法も。
これはもう、完全に経験則に基づくことだけど、
私は経験に勝るものはないと思っているので
このお話しはペットさんにも飼い主さんにも
とっても役に立つお話しができると思っています。
これは主にセッションや講座でお伝えしていますが、
イベントでお話ししてくださいというお声をいただければ、
喜んで馳せ参じます☆

これからも、そんなこんなを増やしていきたいと
改めて思ったある日の午後でした。



-----

伊東はなんのセッションや講座を受けた感想を
まだまだ大々的に募集しています!
皆さんの声が、文字が、
たくさんの方の力になります。
ご感想はこちらまで、「感想送ります」とお願いします。
いただいたご感想メールには、
ブログには書かない伊東はなんが直接に
「あなただけに向けてのお返事」をいたします。
「私も感想送りたーい!」とか、
「まだ書いてないわー!」とか、
「はなんさんからの感想メールがほしい!」という方、
ぜひご感想をお送りください。

-----

インスタグラムはじめました。
まだ使い方がよくわからなくて、
フォローとフォロワーの関係とか、
じょうずな改行のしかたとか、
そういうの、全然わかりません(^^;
けど、フォローしてくれたらうれしいです。
https://www.instagram.com/ito_hanan/

たぶんいろんなものの中で一番「素の伊東はなん」が出てると思います。
けど、愛してやまないしっぽの家族たちもちゃんと登場してますよ。

-----

一般社団法人動物対話協会


            
人とペットさん、両方のカウンセラーとして
双方が笑顔になるお仕事をしています

一般社団法人動物対話協会
http://www.aada.or.jp/

HANAn
http://www.hanan.jp/
動物取扱業:14東京都訓第004535号
東京都杉並区下高井戸1-11-23
TEL・FAX:03-6304-3138

ペットさんの種類状態等一切不問。
2007年より専業アニマルコミュニケーターとして活動。
2013年夏に職業名を「動物対話士」に変更し、名称は商標登録済み。
ペット入室可能なサロンにて、安心してセッションを受けていただけます。
※シーズー1頭、猫3匹がサロンにおります。あらかじめご了承ください。
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック