ペットの気持ちを通訳するなんて当たり前!動物対話士(R)はそこから導かれる幸せへの道しるべと笑顔をご提供するのがお仕事です。伊東はなんの動物対話はペットさんの方言まで再現する的確な通訳で、ペットさんと飼い主さんとの本当の愛と豊かさを引き出してお伝えするのが得意技!
セッションイベント@アニマルライフ@千葉
2016年08月07日 (日) | 編集 |
いつもお読みいただきありがとうございます。
動物対話士(R)の伊東はなんです。

8月6,7日の週末2日間は
千葉市のアニマルライフさんにて
オープニングイベントセッション大会に行ってきました。

本来オープンは7月だったのですが、
私の都合がどうしても調整できず
無理を言ってセッションイベントだけ8月にしていただきました。

二日間とも朝10時から夜8時まで。
2日合計で43組70頭のペットさんのセッションをしました。

イベントということもあって
1枠20分というショートセッションでしたが、
どのセッションもとても印象深い内容ばかりでした。

このかわいいポメラニアンさんは初日にご来店くださった
9歳の女の子、うめちゃん。
ママにお写真の掲載許可を頂き、
セッション後のおふたりをUPさせていただきました。
うめちゃん
「私に何か伝えたいことはありませんか?」と聞かれて、
うめちゃんは「ちゃんと寝てね」と一言。
「そんなところまで見てるんですね…」と涙されました。
ママに言いたいことが伝わって嬉しいうめちゃんです(^^)
この写真を見るだけで、私まで嬉し泣きしそうになります。


二日目の夜の枠に滑り込みセーフした
柴犬のタロウくんのセッションもとても印象的でした。
16歳9ヶ月のおじいさんわんこです。
ご来店されたときは左足に力が入らずヨロヨロで、
「もう年だから…。死ぬ前に何か言いたいことがあればと思って…」
と言うママさんと一緒にお見えになりました。
タロウくんの年老いた姿にママさんも心を痛めていて、
人もワンコもおやつコーナーにも見向きもせず、
なんだか寂しそうでした。

20分のセッション中、おはなしをしながら
タロウくんにヒーリングをさせてもらいました。
すると帰りは、小走りに店内を歩き回り、
来た時は「この子はもうおやつも食べないので…」と言っていたのに、
あまりの元気の良さに店員さんが
「今なら食べてくれるかもしれません」と言ったのを聞いたママさんは
じゃぁ試しに…と、彼の好きそうなオヤツを買ってみたところ…。

タロウくん
食べてるー!(≧▽≦)
後ろ足もしっかりしてます。
みんなでタロウくんに「よかったねー」をたくさん言いました。
タロウくんは何度もおやつのおかわりを催促していました。
ママはそれが嬉しくて、何度も何度も催促に答えていました。
これが上の写真の瞬間のみんなの様子です。

おやつを食べている間だけじゃなくて、
サヨナラの帰り道も、足取り軽くお店を後にされました。
店員さんに「はなんさんが奇跡を起こした!」って言われました(笑)

個人セッションはこういう瞬間に立ち会えることが
本当にありがたくてありがたくて、たまりません。

アニマルライフさんでは
定期的に個人セッションをしていこうというおはなしをしています。
まずは初めて体験なさる方を優先的に募集してくださるとのこと。
また、アニマルライフさんでの特別セミナーも予定しています。
セッション等のお問い合わせはアニマルライフさんまで♪



          

ただいま動物対話士養成講座3期生、募集中。
ステキな先輩たちのあとを追いかけてください!
詳しくはこちら→http://hanan.jp/school/yosei

                  

HANAn ~動物対話&各種ヒーリング~
http://www.hanan.jp/
動物取扱業:14東京都訓第004535号
東京都杉並区下高井戸1-11-23
TEL・FAX:03-6304-3138

ペットの種類、生死、状態等一切不問。
2007年より専業アニマルコミュニケーターとして活動。
2013年夏に職業名を「動物対話士」として商標登録済み。
ペット入室可能なサロンにて、安心してセッションを受けていただけます。
テーマ:動物対話
ジャンル:ペット
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック