動物対話士(R) の伊東はなんが、方言まで再現する的確なペットの通訳で飼い主さんとの本当の愛と豊かさを引き出してお伝えします。
スポンサーサイト
--年--月--日 (--) | 編集 |
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
はなに表彰状
2015年10月22日 (木) | 編集 |
2015年10月のはなと芽依

みなさまこんばんは。
動物対話士(R)の伊東はなんです。
ブログ記事のご無沙汰が続いていますが、
私もワンコ達もニャンコ達も元気です(^^)

…といいつつ、
ここ最近、志乃と芽依の調子が良くなくて、
週に一回、病院に通っています。
おかげさまでお薬はいらないねーって感じなので
大したことはないのですけどね。

で、今日は通院日でした。
伊東さーんって呼ばれて窓口に行ったら…。

じゃじゃーん。
はなに表彰状
はなちゃんのご長寿の表彰状です、って。
思いがけず泣けてしまいました。

はながまだまだ若くって、
私がこんな仕事をしていない頃。
理由はないけど、なぜかぼんやりと
「はなは10歳まで生きないんだろうなぁ」って思っていました。
だから無事に10歳になった時は心底ホッとして、
これからはおまけの人生だから楽しもうね、って決めました。
その後心臓が悪いことが分かり、
このままでは一年持ちませんという余命宣告が出てから、
今年、3度目の夏を超えました。

そして実は、
この夏は本当にお空に帰っちゃうかと思うほど
大変な時期がありました。
このまま逝かせたら私が後悔する!と思って、
あわててはなと二人きりの一泊旅行をセッティングしました。
はなの出産後、二人っきりで何かするってことが
ほとんどなかったから、
しっかりお礼を言わないとって思って。

空気のおいしいところで同じご飯を一緒に食べて、
ずーっとふたりっきりでいて…。

そうしたら、そこから奇跡のV字復活を遂げました。

けど、15歳のお誕生日まで
あと1ヶ月という最近になって
また咳がひどくなってきました。

そんな時にこの表彰状だったので、
びっくりするやらありがたいやら。
改めておまけの人生のありがたさを感じました。
あとはいつ何があっても「いつもどおり」で過ごせる。
そう思いました。

この「いつもどおりに」という言葉は、
セッションで実に多くのペットさんが
(特に病気を抱えているペットさんが)
飼い主さんに伝えてほしいという言葉。
あちらに行くのは自然なことだから
気にしないで大丈夫だからね、という
思いが込められています。

この言葉、私もとってもよくわかります。
だから、それを伝える立場の私だからこそ
しっかりと実践していきたい。
そう思ってます。

TOPの写真は数日前のはなと芽依。
はなは「あたしのベッドなのにぃ~…」って。
子供たちには強く出られないのがはなのいいところ。
こんな感じで「いつもどおり」に過ごしています。

平和が一番、ですね。

                  

HANAn ~動物対話(アニマルコミュニケーション)&各種ヒーリング~
http://www.hanan.jp/
動物取扱業:14東京都訓第004535号
東京都杉並区下高井戸1-11-23
TEL・FAX:03-6304-3138

ペットの種類、生死、状態等一切不問。
2007年より専業アニマルコミュニケーターとして活動。
2013年夏に職業名を「動物対話士」として商標登録済み。
ペット入室可能なサロンにて、安心してセッションを受けていただけます。
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。