ペットの気持ちを通訳するなんて当たり前!動物対話士(R)はそこから導かれる幸せへの道しるべと笑顔をご提供するのがお仕事です。伊東はなんの動物対話はペットさんの方言まで再現する的確な通訳で、ペットさんと飼い主さんとの本当の愛と豊かさを引き出してお伝えするのが得意技!
あたりまえがいちばんしあわせ
2015年06月09日 (火) | 編集 |
関東地方もとうとう梅雨入りです。

クライアントさんから
「いつもブログ見てます♪」という
嬉しいお言葉をいただきながら、
なかなか更新まで手がまわらなかったこの頃。
いつまでも甘えていてはいけないなぁと思ってます、ハイ(^^;
こんな私なのに、セッションのご依頼や
講座のお申し込みをくださるみなさまには本当に頭の下がる思いです。
私に出来ることはなんでもさせていただきます!という気持ちでいっぱいです。
本当にありがとうございます。

はやいもので、世田谷サロンから杉並サロンに
拠点を移してから3ヶ月が過ぎました。
力強い友達の助けもあり、サロンもかなり整いました。
「おかげさま」というのはこういうことかなって思います。

柏から世田谷へ。そして杉並へ。
拠点を移すたびに、
お仕事のキャリアを重ねるたびに思うのが、
当たり前のありがたさです。

うちの子たちは、忙しく飛び回る母ちゃんとともに暮らしています。
お留守番も多いし、ご飯の食いっぱぐれもしばしばです…(^^;
シャンプーさえままならないこともあります。
でも、みんな健気にいてくれます。

この健気さが私にとっては本当に大事なことでした。
いてくれて当たり前、ではなく、
いてくれてありがとう、になるからです。

いっとき、筆文字を身につけようと思った時期がありました。
その時、練習で書いたのが
「あたりまえがいちばんしあわせ」という言葉。
何を書こうかと考えていて、不意に浮かんだ言葉でした。
あたりまえがいちばんしあわせ
これも当たり前の日常のワンシーン。

柏にいたころは、当たり前は当たり前、そのものでした。
特別でもなんでもなかった。
頑張ったんだからサロン持ってもいいよね。当たり前だよね。って。

世田谷に来て、「私もやっと東京に戻ってこれた」って思いました。
(東京生まれなのです^^)
ここで視点が「私」から「クライアントさん」に移りました。
クライアントさんに支えていただいたおかげで
東京に帰って来れた、と思えるようになったんです。
それが励みになって、お仕事もいっそう頑張りました。

そして今。
杉並のひろーいサロンに
しっぽの家族も全員揃って一緒にいます。
クライアントさんがいつでもいてくれることのありがたさ。
しっぽの家族の健気さ。
友人の力強さ。
当たり前が当たり前である「今」に感謝したい。
そう思うようになりました。
私もずいぶん丸くなったなぁと思います(笑)

今あることは、きっと当たり前のことなんです。
当たり前の日常を、当たり前に過ごしているだけなんです。
でも、それが一番幸せで、一番ありがたい。

一度書き始めると、どんどん想いが溢れてくるのは
いつもの私の悪いクセ。
この際だから、分割してでも
思ってることをぜーんぶ書いてみようと思います。
最近の私のこと。
うちのしっぽたちのこと。
この頃の仕事に対する思い。
イベントの予定も続々あるので、そのことも。
などなど。

本当はセッションのご感想などを
記事にしたほうがいいかも知れないけど、
過去記事にもたくさんあるしね(笑)
なので、ちょっとの間だけ
わがままに書かせてください。


6月14日のホリスティック獣医さんとのコラボ診療、
あとちょっとだけ空きがあります。
一日で見られる組数は限られていて
来月は再診などもあるから、
どんどん枠が狭くなってくると思います。
なので、診察を考えている方は
お早めに受診されることをオススメします。
きっと再診の方が予約は取りやすいから。
詳しくはこちらの記事を見てね。


                  

HANAn ~動物対話(アニマルコミュニケーション)&各種ヒーリング~
http://www.hanan.jp/
動物取扱業:14東京都訓第004535号
東京都杉並区下高井戸1-11-23
TEL・FAX:03-6304-3138

ペットの種類、生死、状態等一切不問。
2007年より専業アニマルコミュニケーターとして活動。
2013年夏に職業名を「動物対話士」として商標登録済み。
ペット入室可能なサロンにて、安心してセッションを受けていただけます。

営業時間内でもセッション等で電話に出られないこともあります
テーマ:人生を豊かに生きる
ジャンル:心と身体
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック