動物対話士(R) の伊東はなんが、方言まで再現する的確なペットの通訳で飼い主さんとの本当の愛と豊かさを引き出してお伝えします。
大阪 回想録 ~セッション編~
2007年06月04日 (月) | 編集 |
5月31日から6月3日まで、4日間に渡り
大阪でアニマルコミュニケーションを広めてきました(^m^)

4日間のスケジュールはこんな感じ。

5/31(木)
北柏8:04発→新大阪11:53着
夜 対面セッション

6/1(金)
お昼 お取引先様へごあいさつ その1
夕方 お取引先様へごあいさつ その2

6/2(土)
10:00~17:00 アニマルコミュニケーション勉強会入門編
夜 対面セッション

6/3(日)
終日 対面セッション


その中でも今日はセッションについて書いてみたいと思います。
今回もたくさんの犬猫さんとお話しました。

それぞれにいろんな主張があったり、気遣いがあったり、
思いがけず前世の姿を見せてくれたり…。
それはそれはバラエティに富んだ楽しいセッションでした。

その中でも今回は、セッション史上初めてわたしが泣きました。
お空に帰った子の気持ちを聞いてほしいと言われ、写真をじっと見てたら
その子の気持ちが私のハートに入り込んできて、思わず感謝の涙。
いつもなら単なる気持ちの橋渡しに徹しているので淡々としてるのに。
その子はとっても親孝行の子だったのね。
長生きこそしなかったけど、長患いもしなかった。
やるべきことを終えちゃったから帰ったんだけど、
思ってた以上のスピードだったので、もうちょっといたいなぁって
少し思ってたみたい。
けど、これ以上残ってても何もしてあげられないので
感謝の気持ちをいっぱい持ってお空に帰っていったんだって。
パパとママに「ありがとう!今でも大好きだよ」っていう気持ちが
どんどん私の胸に押し寄せてきて、その子に変わって涙した感じだった。

他にも、一緒に車に乗っていたときに軽い事故を起こした飼い主さんに
「私は平気だけど、(飼い主さん)のことが心配」と気遣った子、
ママに言いたい事はある?というリクエストを受けて
「ご飯ちゃんと食べてね」と言った子、
お兄ちゃんより強く見られたくてがんばっちゃう子、
前世は夫婦だった多頭飼いされてる子達、
飼い主さんをボクの彼女と思っている子、
先に亡くなった子とツインソウルだった子…。
もっともっといろんな子とお話ししたけど、ざっと書いただけでも
こんなにたくさんのことを聞かせてもらいました♪

もちろんステキなお話しだけでなく、現実を見直して
考えなきゃいけないシーンもいろいろあって、
改めて種の違うものどおしの共存について考えさせられました。
どうにかして解決に持っていけたらいいなと思っていますが、
それには飼い主さんの気持ちの持ち方がとっても大事。
いつもKeep Happyでいることだと思います。
単純だけど難しい…。
そして、人間換算したときの年相応の扱いをしてあげることって
とっても大事だなと思います。
いつまでもかわいい私の子供…ではないんですよね(^^;

いずれにしても、セッションを受けてこの子の気持ちを知りたいと
思ってくださる飼い主さんはステキだし、話を聞いてもらえるペット
たちはこの上ない幸せだと思います。

次は勉強会編です♪
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック