動物対話士(R) の伊東はなんが、方言まで再現する的確なペットの通訳で飼い主さんとの本当の愛と豊かさを引き出してお伝えします。
アニマルコミュニケーション上達の近道
2014年07月24日 (木) | 編集 |
この夏は私にとっては珍しいくらい
たくさんのイベントを企画しました。
どれもアニマルコミュニケーションを上達させるには
必須の内容です。

だって、養成講座のメニューに入っているくらいですもの。
そのくらい効力のある講座です。
ぜひ参加してください!!

【キッズインストラクター養成講座】
http://hanan.jp/event/201408kids.htm

この講座は、
大人が子供に対して、上手な質問を投げかけることを集中的に学ぶ講座です。
飼い主さんがペットさんに、と言い換えても過言ではありません。

どうすれば私の言うことを聞いてくれるようになるのか。
どうすれば相手の行動にイライラしないで済むようになるか。
どうすればいつも笑顔で過ごすことができるのか。

などなどを質問を通じて見つけていく講座です。

「子供がやる気になるための魔法の質問」
「なりたい自分になるための魔法の質問」
という、二つのコンテンツを身につけることができます。

これを学ぶと、
「私の言うことは聞いてもらえないから、コミュニケーターさんに代弁してもらおう」
という時間とお金の無駄遣いが減るばかりか、
「私とうちの子はちゃんとコミュニケーションできている!」と
感じることもできるようになります。
さらに、人間関係の円滑化についてはもちろん!という感じ。

2011年8月20日ボランティア@あづま総合運動公園

<伊東はなんが最初にこの講座を受講した動機>

私はペットたちとの関わりを、基本的には人に置き換えて考えています。
(もちろん状況によってはそうでない時もありえますが)

いつも私は、ペットたちにわかりやすく情報を伝える手段は
ないだろうかと考えていました。
人間向けの子育て本もいくつも読みました。
でも学術的で難しくて…(^^;

そんな中で出会ったのが「魔法の質問」でした。

質問に答えるだけでワクワクする自分がいるんです。
不思議でしたねぇ。
でも、とっても楽しかった。
そして、そのあとから、ペットたちとのコミュニケーションが
不思議なくらいスムーズになったんです。

これは!と思い、速攻、自分でもびっくりするくらいの受講料を払い、
山形での2泊3日の合宿、東京での2日連続での講座を受けて、
晴れて魔法の質問認定講師になりました。

「聞く」と「質問する」って、似てるけど
実はまるで違うものなんだなってわかりました。

キッズインストラクター養成講座は、
認定講師セミナーで学んだ内容の一部を
ギュギュッと凝縮して詰め込んであります。

きっと、認定講師になる前にこの講座を知っていたら
山形まで行かなかったかもしれません(笑)

そのくらい濃いです。

(キッズインストラクター養成講座のあとは
 ぜひ問塾へのご参加を!
 この一連の流れが本当に大事だと、
 今だからこそわかります)

受講した結果として言えるのは、
言葉ってとっても大事だということ。
そして、聞く側のマインド(心持ち)がとっても大事だということ。

キッズインストラクター養成講座は
この両方をしっかり学ばせてくれる講座だということです。

アニマルコミュニケーションを上達させたいと思っている方は、
ぜひ受講してください。
自信を持っておすすめします。

4匹の仔猫ちゃんたち

【キッズインストラクター養成講座】
http://hanan.jp/event/201408kids.htm

締切は7月31日。
急ぎお申し込みください!


                  

獣医師の宿南先生と行う月替わり講座、
「犬と人のライフケアアカデミー」


次回の私の出番は8月2日(土)10時からです。
詳しくは上のリンクをクリックしてくださいね。
8月のテーマは
「夏バテで食欲減退。元気のないワンちゃんがシャッキっとする?!
言葉かけ一つで、ノンストレスでみるみる元気になる魔法のコミュニケーション 」 です。
お申し込みはお早めにどうぞ♪

                  

HANAn ~アニマルコミュニケーション&各種ヒーリング~
http://www.hanan.jp/
動物取扱業:第12-4-6号<訓練>
東京都世田谷区北烏山1-59
TEL・FAX:03-3307-9357

ペットの種類、生死、状態等一切不問。
2007年より専業アニマルコミュニケーターとして活動。
2013年夏に職業名を「動物対話士」として商標登録済み。
ペット入室可能なサロンにて、
安心してセッションを受けていただけます。

ご予約がなければ18時でクローズします。
営業時間内でもセッション等で電話に出られないこともあります
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック