動物対話士(R) の伊東はなんが、方言まで再現する的確なペットの通訳で飼い主さんとの本当の愛と豊かさを引き出してお伝えします。
スポンサーサイト
--年--月--日 (--) | 編集 |
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
陰と陽と多頭飼い
2014年05月19日 (月) | 編集 |
今日の夜ご飯のデザート。
フィリピンパパイヤと国産レモン。
フィリピンパパイヤと国産レモン
残りの半分は明日の朝ごはんに♪

縦に切ったのは
陰陽のバランスを考えてみてのこと。
マクロビオティック師範のお友達に教えてもらいました。
http://hananz.blog77.fc2.com/blog-entry-1662.html

これ、左脳な私が考え出すと、
とっても面白くてハマるんです。

で、
陰陽って食べ物だけでなく
長年この仕事を通して
多頭飼育のペットたちを見ていると(特に2匹の場合)、
動物や人間(兄弟関係)にも当てはまるみたい☆


こんばんは。
いつもお読みいただいてありがとうございます。
動物対話士の伊東はなんです♪

このごろがんばってブログの更新続けてます。
そうすると、いろんな人がほめてくれるのです。
それがとってもうれしい♪
単純だけどね、やっぱりほめられるとうれしいものです。

で、今日は陰陽の話。

物事にはすべてにおいて陰陽があります。
明るいところと暗いところ。
朝と夜。
夏と冬。
男性と女性。
白と黒。
熱と冷。
…。

真逆の性質を持ったペアが
「陽と陰」という言葉で表されます。

「食べ物はひとつで陰と陽をなしている」
と冒頭に書きました。

太陽と地面は陽と陰の関係だそうです。
そして物事はすべて陰陽の関係で成り立っていると考えられます。
たとえば一本のにんじんを陰陽で見てみると、

太陽(陽)←→太陽に一番近いところ(先端)(陰)
になり、
根または根に近いところ(陽)←→地面(陰)
になる、と。
そうすると、野菜一本ですでに
陽と陰が成立していることになる…。

深い。
深すぎます。

でもおもしろい
こういうの大好き♪

もし、あなたが多頭飼いをしていたら、
(もしくは過去にしていたら)
もしくは、兄弟がいたら、
その関係性を見てみてください。

ほとんどの場合、陰陽で区別できます。
陰陽と言いにくかったら動と静でもOK。

たいていのケースは上の子が陰なことが多いみたい。
おとなしくて物分りがいいのが上の子に多いパターン。
その分、下の子はやんちゃで、見て見てオーラ満載!(笑)
上の子を押しのけてまでアピールしたがります。

でも、こんなときは無理に上の子を優先しなくていいんですよ。
むしろ、下の子を優先してあげたあとで、
上の子に対して「譲ってあげてえらいね」って
ほめてあげてください。
そのほうがうまくいく。

しつけ本のほとんどの場合、
「先住さんを優先しましょう」と書いてあるので
飼い主さんはその通りにしなきゃと思って躍起になりますが、
それは人もペットもかなりがんばらないとうまくいかない。

でも、下の子が先に来たなら
それを優先してあげて、
あとで上の子をほめたほうが
お互い楽だし、いいい結果を残しやすいのは
こっちだったりします。
しかるよりほめる方がお互い気分いいしね。

これを実践するときは、必ず上の子に対して
譲ってあげたことをしっかりほめてあげてください。
それを忘れなければOKです。

陰と陽を活かすってそういうことだと思います(^^)

今から10年半前の写真。
2014年末。凛・はな・志乃
極陽の凛。陰のはな。陰の志乃。
一目瞭然だね(笑)

なーんて、
こんな面白い話も聞けちゃうかもしれない
マクロビオティック師範の作るスイーツつきお話し会は
5月26日(月)11時から。
来週の月曜日です。
定員まであと2名!
ぜひお友達と一緒にお越しください(^^)/
詳しくはこちら。
http://hananz.blog77.fc2.com/blog-entry-1662.html
別口でも募集をかけているので、
早くしないと締め切られてしまうかも。
お申し込みはお早目がオススメです。


                  

いよいよスタート!
獣医師の宿南先生と行う月替わり講座、
「犬と人のライフケアアカデミー」


次回の私の出番は6月14日(土)10時からです。
詳しくは上のリンクをクリックしてくださいね。
次回のテーマは
「怯え、ケンカ、犬見知り…。
 本来の社交的なワンの育成法」です。
お申し込みはお早めにどうぞ♪

                  

HANAn ~アニマルコミュニケーション&各種ヒーリング~
http://www.hanan.jp/
動物取扱業:第12-4-6号<訓練>
東京都世田谷区北烏山1-59
TEL・FAX:03-3307-9357

ペットの種類、生死、状態等一切不問。
2007年より専業アニマルコミュニケーターとして活動。
2013年夏に職業名を「動物対話士」として商標登録済み。
ペット入室可能なサロンにて、
安心してセッションを受けていただけます。

ご予約がなければ18時でクローズします。
営業時間内でもセッション等で電話に出られないこともあります
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。