動物対話士(R) の伊東はなんが、方言まで再現する的確なペットの通訳で飼い主さんとの本当の愛と豊かさを引き出してお伝えします。
ご感想をいただきました
2012年08月01日 (水) | 編集 |
電話セッションのご感想をいただきましたのでご紹介させていただきます(^^)
「このセッションが誰かの役に立てるならどうぞブログで紹介して下さい」とのこと。
ありがたい!!本当に感謝!感謝!です。
ペットさんのお名前も出していいとのことですので、全文そのままにご紹介します。

この方のセッションの受け方は「知らないことを聞きつつ、普段自分が感じていたことの答え合わせをする」という、まさにHANAnの推奨するセッションの受け方です。
自分の言いたいことをしっかり言って、相手の言いたいことをしっかり聞く。そして普段自分が感じていたことがどのくらいペットたちの声を拾っていたのかを確認する。
これが理想です。
動物対話士であるHANAnはあくまでも第三者の他人です。どうしたらいいか、どうしたいかは私に聞くことではないのですよ(^^)

ということで、さっそくいただいたメールをご紹介させていただきます。Sさま、本当にありがとうございます。

Sさま宅には2頭の猫君がいます。ゾロ君6歳7ヶ月、ベェ君6歳3ヶ月。
先日ベェ君に異常が見つかったとのこと。
ベェ君はどう思っているのか、同居猫のゾロ君はどう思っているのか…というのがお話しのメインでした。

----------------------

私がセッションをお願いした一番の理由は・ベエがこれから先どうなるのか…自分で分かっている、あるいは自分で決めているのかが知りたかったからです。

セッションの最初にベエが
「もう少し待って。もう少し待ってくれたら"(腫瘍が)小さくなるから」って言ってくれたので、一番聞きたかったその一言だけで私はもう満足で一時間分のセッションを終わっても良い位でした(^^)v

残りの時間で~
弟分のベエが大人になり、ゾロよりお兄ちゃんになっているとか…ゾロなりにベエの事を心配していても、同じように薬を飲ませて欲しいとか…、ベエが御飯食べないから僕も食べないんだなんて…(^^;

要は「ゾロは、お兄ちゃん振りたい幼稚園児ですね」って言われて笑ってばかりでした。

「そうです・」とか「やっぱりね~(*^^*)」って普段思っていたことがほぼ合っていて、嬉しい一時間でした・

はなんさんがいつも言われているように、答え合わせのセッションも大切だと思いました。

はなんさんの今年のブログでひき逃げされ、はなんさんに助けられたわんこが「最期は人に助けられ、死ぬ」というわんこ自身が決めたストーリー通りでエンジェルになりましたよね。
動物たちは、ある程度自分で決められるようですね。

遠慮がちなベエなので、生きる事を諦めないで欲しい…。
もう十分してもらったからって満足しないでもらいたいです。

※セッション中にベエから、
胸を開いて何か手術のような映像が届いたと言われた時に、(腫瘍摘出)手術はしないと言ってくださいって言ったのに…

Dr,曰く…胸腔内だけでなく心臓を包んでいる膜(強膜・きょうまく=多分この字で合っていると思います)心臓とこの膜のわずかな隙間にも水が溜まっていて、それが心臓全体を圧迫しているのがベエをしんどくしている一番の原因だろう。。。とのこと。

今のままだと、いつ心不全を起こしてもおかしくない状態で、将来的に自然に水が貯まらなくなると癒着を起こし、今度は肺が膨らみにくくなります。

心臓と強膜の間の水を外側へ逃がしてやる手術(開胸手術)が必要かも…という事で大阪の大きな病院で全身麻酔をしてCTを8/6(月)に撮りに行く予定になっています。

はなんさんが見た映像はこの事だったのかもしれませんね。

精密検査が必要と言われるかも…とは思っていましたけど…そんな手術は聞いてないよ。ベエに嘘を言った事になる

ベエは体重が軽くなって、以前の元気な時より動きやすそうで、顔もしっかりしているのに~麻酔で死んだら諦めきれないですよね。

どうするか思案中というのが今の心境です。

S.R

----------------------

ベエ君のおかあちゃんは手術のことについて決して嘘なんてついてないんだから心配しないでね。
だって手術のことはおかあちゃんも知らなかったでしょ?
ベエ君は言えばわかる子だし、言わなくても察知してくれる子だというのがセッションで確認できたと思います(^^)
だからお父ちゃんやゾロ君と協力して正直にお伝えしてみて。ベエ君なら怒らずに聞いてくれるはずだから。

麻酔のリスクについてはとことんDr.と話し合ってください。お医者さんは最悪の状況を想定してご家族に話をします。だから「絶対安全」とは言いません。けれど最善を尽くしてくれるのはご存知の通り。

「ベエの芯の強さを見せてほしい。死ぬのは病気を克服してからにしてほしい。生きることへの満足感を得るならそれからにしてほしい」と願いましょう。そして、そう伝えましょう。

腫瘍のエネルギーを抜いて手術を避ける方法は、ちょっと考えてトライしてみますね。
残念ながら私は獣医師ではないので、手術をしないほうがいいのか、手術で取り除いちゃったほうがいいのかは判断できません。(してはいけません、というほうが正しいですね)
わたくし事ですが、うちのワンコは7歳半でしたが手術で取っちゃって正解でした。
なので手術する・しないに関わらず「ベエ君にとって最善な道」が開かれるためのお手伝いになるようなヒーリングエネルギーを送りたいと思います。
(セッションを受けられた方にはご希望により1セッションにつき30分の無料遠隔ヒーリングを実施しています

大丈夫。ベエ君を信じましょう!
私も応援してます(^^)/♪

                     

9月1日、2日の福岡勉強会、参加者絶賛募集中!
ランチつきでいつもの受講料!というステキな特典つき♪
定員になる前に急ぎお申し込みを!

                     

HANAnの活動をより広く知ってもらうために
ブログランキングに参加してます。
アニマルコミュニケーションやヒーリングはステキ!
と思われた方は、この文字列をポチッとお願いします♪


blogramランキングにも参加中!
こちらもよろしくお願いします(^0^)/
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック