動物対話士(R) の伊東はなんが、方言まで再現する的確なペットの通訳で飼い主さんとの本当の愛と豊かさを引き出してお伝えします。
アニマルコミュニケーションのタイミング 続き
2012年03月25日 (日) | 編集 |
昨晩ぽっちゃんとのセッションについて
思うところをつらつらと書いてみましたが、
ちょっと言葉足らずだったなぁと思って
補足の意味をかねてもう少し書いてみようと思います。

ぽっちゃんの緊急セッションを受ける前は
「お申し込みは10日前まで。ご入金は1週間前まで」
というHANAnルールを敷いてました。
「クライアントさんには平等に」という意識の元、
特例は受け付けていませんでした。
特に、亡くなったばかりのこのセッションは
飼い主さんの心の整理がつくまで待つという
スタンスでお申し込みを受け付けていました。
少なくとも初七日は過ぎてからにしませんか、という感じで…。

実際、亡くなったばかりの子に対するセッションは
飼い主さんの後悔の念が強すぎて、
ペットさんの言葉がまるで届かないことが多くあります。
どんなに彼らの真実と思いのたけを伝えても
「それは私を思いやってのことで本当の言葉じゃない」って
受け止めてくれないのです。
そのたびに私とペットさんは切ない思いをしてきました。
時々「今朝亡くなりました」とか「昨日亡くなったので…」
というお申し込みもありましたが、当時はそのたびに
「どうして生きているうちに聞いてあげないのよ…」と
悲しい思いでいました。

でも先日、チビ君の最期に立ち会って、
葬儀会場で飼い主さんに彼の最後の思いを伝えた時、
飼い主さんはとても感謝してくださいました。
彼の場合は特に、交通事故死だったにもかかわらず
自業自得だという言葉があったからよけいに
「チビの言葉に救われた」という思いが強かったせいも
あるかもしれません。
また、ペットが亡くなって何年も経つ飼い主さんの中には、
長いこと後悔の念にさいなまれている方も少なくありません。
そんな飼い主さんたちを見て、
言葉を伝えるタイミングをこちらで決めるのは
間違っていたのかもしれないな…と思うようになりました。
今日亡くなりました、とか、昨日亡くなりましたと言って
セッションをご希望なさる方にも、それぞれの事情があるのだろうと
思えるようになりました。

チビ君のことからまだ1ヶ月しか経ってないけど、
彼の死に直面して以来、クライアントさんの状況は
問わないようになりました。
元々HANAnのアニマルコミュニケーションは
ペットさんの生死不問、種類不問、死後経過年数不問という
スタイルで行ってきましたが、これによってまたひとつ
セッションスタイルに幅が出ました。
チビ君のおかげです。

お空に帰ったペットさんの声を聞きたいけど
何を言われるか不安…という方へ。
クライアントさんからいただいたメールのお返事として
私が送った文章を以下に転記します。
ペットさんの固有名詞のところは「ペットさん」と書き換えましたが、
あとは原文のままです。
これがほとんどのエンジェルペットさんの心です。

------------------------

最期のときのことを思うと、
もうそばにいてくれないのではないかと思っていた…とのことですが、
生前のペットさんのことを思うと、そんな子ではなかったはず。
いい事も悪いことも、すべてひっくるめて、
家族の一員としてそれを受け止めてくれていたはず。
だったら、そばにいたくないから気配を感じさせないなんて
ありえないというのがよくお分かりだと思います(^^)

これからもペットさんのこと、大切に心に留めてあげてください。

------------------------

ペットの魂は(というか、人も同じですが)
生前と死後とでなんら変わりはありません。
魂の存在は永遠です。
HANAnのエンジェルアニマルコミュニケーションを受けられた方なら
それを実感してくださっているはず(^^)

ペットと飼い主の関係は永遠です☆
お互いの魂の進化向上のために出会ったのだし、
お互いの魂が進化向上できたからこそ
忘れられない存在になるのです。
だからこそ死後もなお、あたたかい感謝の言葉をくれたり
時に厳しい叱咤激励をしてくれたりするのです。
ホント、ありがたいよね…。


                     

HANAnの活動をより広く知ってもらうために
ブログランキングに参加してます。
アニマルコミュニケーションやヒーリングはステキ!
と思われた方は、この文字列をポチッとお願いします♪


blogramランキングにも参加中!
こちらもよろしくお願いします(^0^)/
コメント
この記事へのコメント
はなんさん、お久しぶりです。館山のみゆです。みゅう&こみゅう&ぽみゅうシーズー親子と言えばわかりますか?(^o^)
2年前にみゅうが旅立ち、先週ぽみゅうが旅立ってしまいました。みゅうの時はもうすぐ17歳ということもあって自然に覚悟ができていたのですが、ぽみゅうはもうすぐ14歳というまだまだ元気だったのでショックがかなり大きかったです(T^T)こちらに引っ越ししてきたときにはなんさんにアニマルコミニュケーションしてもらった原稿を読み返してみました。まだ涙が出るけど、とってもパパママ思いのよい子達だということを再確認出来ました。残されたこみゅうも15歳、少しヨロヨロしはじめたけど毎日楽しく過ごしてもらいたいと思ってます。
あの時はなさんさんにアニマルコミニュケーションしてもらって良かったと思います(^o^)
2012/03/27(Tue) 10:07 | URL  | みゆ #ALNPex4.[ 編集]
みゆさま♪
わーーーーーー!
みゆさんこんばんは!
お返事遅くなってスミマセン(>_<)
もちろん覚えてますとも♪
アニマルセラピーでは大変お世話になりました!!
そっかー、みんなそんなお年になったのですね。
かくいうはなも11歳、セラピーを楽しんでいた志乃はこの6月で9歳になります。
あのころはまだまだピチピチギャル(笑)だったのに。
なかよしわんちゃんたちがどんどんお空に帰っていくたびに、アニマルコミュニケーションの存在意義を再認識させられます。
それにしてもみゆさんも元気そうで何より!
またお気軽にコメントください♪
2012/04/02(Mon) 20:36 | URL  | 水土はなん #Si2BarZE[ 編集]
コメントを投稿
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック