動物対話士(R) の伊東はなんが、方言まで再現する的確なペットの通訳で飼い主さんとの本当の愛と豊かさを引き出してお伝えします。
スポンサーサイト
--年--月--日 (--) | 編集 |
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
息をひとつ 抜いてみた
2012年03月13日 (火) | 編集 |
昨日、息をひとつ抜いてみたら、
いつもの私に戻ったと感じた。
ってことは、おとといまでの私は
私であって私ではなかったんだな。
でも昨日の私は本当の私。
サロンでの私はいつもの私だった。
私が大好きな、私らしい私だった。

緊張って、いったん緩ませないと
どの暗い緊張してたかってのは分からないものなんだね。
緊張を強いていたものが決して無駄だとは思わないけど、
なくてもいいものだって思った。
でも、緊張の元を取り除くと
再び大変な局面がくるかもしれないという
「恐れ」があるのが正直なところ。

さぁ。今こそチャンスだ。
手離す恐怖を克服するチャンス。
そう思って、もっと自分の内側と話をしようと思う。
すべてを委ねて、今できることをちゃんとやれば
結果は自然に手元にやってくる。
きっとね。

「霊能がある人はすべてお見通しだから苦しまなくていい」
これが世の多くのみなさまのお気持ちだと思う。
私も昔はそう思ってた。
今はスピリチュアルな世界をお勉強したから、
霊能がある人だって葛藤の時をすごすことを知っている。
それを「苦しい」と捕らえるかどうかは
それぞれの感覚だから問わないけれど、
この世に生まれたからには内容の差こそあれ
「学び」の必要性は誰にも等しく与えられている。
それが人間関係なのか、恋愛なのか、親子関係なのか、
または己の芯の強さなのか…。

学びが終わった時に肉体としての命を閉じる。
それは人も動物も同じ。
もちろん先日出会ったチビだってそう。
生きている私はまだまだ学びが終わっていないということ。
生きなければいけないということ。
これはおととい、3月11日を迎えて思ったことのひとつ。


息をひとつ抜いたら
思っていたことが次々にあふれ出てくる。
本当はもっといろいろ書きたいけど、
続けるとますますとりとめがなくなるので
今日はこの辺で。


追伸:
緊張の元はもよちゃんのことじゃないから安心してね(^^)

                     

HANAnの活動をより広く知ってもらうために
ブログランキングに参加してます。
アニマルコミュニケーションやヒーリングはステキ!
と思われた方は、この文字列をポチッとお願いします♪


blogramランキングにも参加中!
こちらもよろしくお願いします(^0^)/
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。