動物対話士(R) の伊東はなんが、方言まで再現する的確なペットの通訳で飼い主さんとの本当の愛と豊かさを引き出してお伝えします。
黒ラブちゃん保護から2週間
2011年11月25日 (金) | 編集 |
今日で黒ラブちゃんを保護してから丸2週間が経ちました。
できるだけ早期解決を…と思い、
歩かせて家を見つけるだけでなく、
ネットに情報を書き込んだり、チラシを増刷したり、
お仕事が空いてる時間のほとんどを
黒ラブちゃんに使っています。
夜も可能な限りラッシュ時間にあわせて2時間前後ですが
駅前で黒ラブちゃんと一緒に情報を求めています。
しかし、チラシ関係はもとより、警察署や保健所からも
一向に飼い主さん経由のアクションがありません。
どうしちゃったんだろうねぇ、本当に…。

しつけの入り具合やシャンプーの残り香から
すぐに飼い主さんは現れるものだと思いました。
けれど2週間も音沙汰がないとなると
いよいよ本気で「一時預かり→里親」を
してくださる人を探さなければなりません。

現在彼女が生活しているのはHANAnの仕事場で、
他の犬が苦手なワンコさんもお見えになります。
なので私がこの仕事を続けている以上、
ここで彼女と生活することは不可能です。
自宅は大型犬不可の集合住宅なので
一緒に住むことができません。

保護してから3ヶ月は「拾得物」ということで
一時預かりの枠を出ることができないのですが、
それをご理解の上お預かりくださる方を募集します。
拾得物保護管理期間の来年2月11日までは
飼い主さんのところに戻る可能性を考えて
いくつかの注意事項を守っていただくことになりますが
これは彼女が自宅に戻った時に苦労しないためです。
管理期間を過ぎても飼い主さんが名乗り出なかった時には
里親さんとして一緒に生活していただけます。

黒ラブちゃんをお預かりいただくまでの
流れは以下のとおりです。

サロンに黒ラブちゃんを見に来ていただく
  ↓
(問題なさそうだと感じられたら)
  ↓
HANAnがご自宅に黒ラブちゃんを連れて行く
先住ペットがいる場合はその子との相性もチェック
(先住ペットさんのため)
  ↓
(問題なさそうだと感じられたら)
  ↓
1週間程度のお泊りトライアル
  ↓
(問題なさそうだと感じられたら)
  ↓
誓約書へのご記入
(一時預かり中のこと、里親になったときのこと等)
  ↓
一時預かり&里親さんとしてお渡し


当初はお散歩が楽しすぎて
電信柱のにおいかぎに忙しい彼女でしたが、
保護後10日を過ぎたころから
譲渡の可能性も考えてお散歩の練習もはじめました。
とても理解力の高い子なので
すでにほとんど問題ありません。
階段の上り下りでは人を待つこともできます。

どうかよろしくご検討のほどお願いいたします<(_ _)>




                     

アニマルコミュニケーター養成講座第3期生、
アニマルコミュニケーション勉強会@静岡 お申し込み受付中!
詳しくはHANAnホームページまで!

HANAnの活動をより広く知ってもらうために
ブログランキングに参加してます。
アニマルコミュニケーションやヒーリングはステキ!
と思われた方は、この文字列をポチッとお願いします♪


blogramランキングにも参加中!
こちらもよろしくお願いします(^0^)/
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック