動物対話士(R) の伊東はなんが、方言まで再現する的確なペットの通訳で飼い主さんとの本当の愛と豊かさを引き出してお伝えします。
フォローアップクラスの意味と意義
2007年04月16日 (月) | 編集 |
昨日、第1回目のフォローアップクラスを都内で開催しました。
東京・横浜のそれぞれで入門クラスを受けた方が参加して、
懐かしい気持ちでスタートしました。
入門クラスを受けてから約半月。
アンケートの中に寄せられた質問を中心に
質疑応答の時間がほとんどになりました。
結局実習が2つしかできなくてちょっと残念だったけど、
それだけ聞きたいことが多かったってことは、
それだけたくさんの復習や自主勉強をしたということなわけで。

入門クラス後、人のオーラが見えるようになった人、
たくさんの動物に話しかけてみた人、
スピリチュアルについていろいろ調べてみた人。
本当に様々でしたが、興味を持ってさらに先を見てみようとなさった
気持ちに大きな感動と深い感謝の気持ちがわきました。

そんな感じだったので、たった半月前のことなのに、
入門クラスの時の皆さんと昨日の皆さんとは
ずいぶん雰囲気が違って見えました。
頼もしかったです(^-^)

クラスの皆さん、アニマルコミュニケーションの勉強をしたのは
まだたったの2回ですが、それでもリーディングの力は
ぐんと伸びたみたい。
フォトリーディングはみんなすごかったねー(^-^)
封筒の中からネコさんの目力を感じた人もいたし、
ワンコのにおいが届いた人もいたもんね☆
疾走するワンコさんの意味はこれからじっくり確認したいところです(笑)
「眠い」って言うメッセージをワンコさんから受け取った人もいて、
ちゃんと声をキャッチしてたよね。
他にも封筒の中からペットの性別までかんじられるひともいたり、
その子の性格を声の勢いで感じたりした人や、
アニマルコミュニケーションできてるじゃん♪って人もいて、
すごかったです。

昨日のクラスで、コミュニケーションで届いてくる動物の声は
普段聞いている「音」や「声」とは違うこと、
イメージが届くというのが、目で見ている景色と違うことが
だいぶ分かってきたと思います。

あとはひたすら練習です。
何回もフォローアップクラスに出て、
昨日の感覚を維持してください。
たぶん昨日参加された方は「繰り返し練習すること」や
「昨日の感覚を維持すること」の大事さは分かっていただけたと
思います。

フォローアップクラスに5回くらい参加された方が出てきたら、
その方たちには実践クラスとして
私のプチセッションを含めた、ワンコたちの声を直接聞く
クラスを開催してもいいかもしれませんね。
一種の卒業式…になるのかな(^^)
そのときは「犬クラス」「猫クラス」に分けなきゃですね(笑)

フォローアップクラスは毎月ほぼ同じような内容で
実施する予定です。
積み重ねや練習って本当に大事。
みんなで一緒にがんばりましょう♪

5月の予定はできるだけ早く確定させます。
日にちがずれる可能性もありますので
もう少しお待ちください。
コメント
この記事へのコメント
管理人のみ閲覧できます
このコメントは管理人のみ閲覧できます
2007/04/16(Mon) 18:01 |   |  #[ 編集]
管理人のみ閲覧できます
このコメントは管理人のみ閲覧できます
2007/04/16(Mon) 21:28 |   |  #[ 編集]
eさま♪
こんばんは♪
フォローアップクラスは楽しかったですよ(^^)
皆さんとても熱心にお勉強されていたようで
本当に頼もしかったです☆
eさまもきっと皆さんに負けないくらい
勉強熱心だと思いますので
eさまが入門編が終わってフォローアップクラスに移って
皆さんと机を並べる事が来る日を楽しみにしてます♪
きっとすぐですね(笑)
2007/04/16(Mon) 21:39 | URL  | はなん #Si2BarZE[ 編集]
Rさま♪
いつもご覧くださってありがとうございます(^^)
6月のローレン先生のにいかれるんですね。
私も物は試しと申し込んでみましたが、
すでに定員になってました。
申し込み開始の2時間後にメールを送ったというのに!
ローレン人気に改めてビックリです(*。*)

ところで私のコースとローレン先生のコースの違いは
私も知りたいです(笑)
私は彼女の講演会には行ったことがありますが、
セミナーには出た事がないので内容はまったく分かりません(^^;
もし出られたら、どんな内容だったか教えてください(笑)
2007/04/16(Mon) 21:45 | URL  | はなん #Si2BarZE[ 編集]
コメントを投稿
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック