動物対話士(R) の伊東はなんが、方言まで再現する的確なペットの通訳で飼い主さんとの本当の愛と豊かさを引き出してお伝えします。
アニマルコミュニケーションが怖い…?
2011年05月04日 (水) | 編集 |
アニマルコミュニケーションを受けた方の
セッションレポートを時々見かけたりするのですが、
そのコメントには大抵「受けてみたいけど怖いわ」と
書かれる方がいらっしゃいます。
今日はそれについて、HANAn的思いを少し…。

アニマルコミュニケーションが怖い?
なんでだろう?
こんなにステキな世界なのに…。
これが私の素直な思いです。
怖いことなんて何にもないんだよね。ホントはさ。
でも、怖いと思ってしまう飼い主さんの気持ちは
分からなくもないです。
「うちの子に文句を言われそうで嫌だわ」
ですよね?
ただこの一点に尽きるんじゃないかな。

文句を言われるのが怖いんだったら、
そういうことをしなきゃいいだけ(笑)
彼らが言いたい事は分かってるけど
私にそれは無理なんだよ…って時は
そういうふうに伝えればいい。
ただそれだけのこと。
なのに、それすらしようとしないんじゃ
ペットさんがかわいそうだよね。
あなたの大事なペットさんはあなたの大事な家族であって、
手触りのいいぬいぐるみじゃないんだもの。
家族だったら分かり合っていたほうがHappyだと思うのです。
「家族」と思っているなら、ね。

でもそうなると次に思うのは
「私はあの子たちの言葉が分からない」でしょ?
その時にコミュニケーターを使えばいいんです。
「自分の立場と役割」を理解しているコミュニケーターなら、
結果が人寄り・動物寄りのどちらに転んだとしても、
円満解決のお手伝いをしてくれるでしょう。
こんなに便利な存在があるのに、
それを怖いといってしまう人がいるというのは
ペットの言葉を「垂れ流し」で「言いっ放し」の
コミュニケーターがいかに多いかという表れでもあり、
個人的には大いなる危機感を感じていますが…。

ただ、どうしても伝えておきたいのは
アニマルコミュニケーションって
とってもハートフルでステキな世界ですよ

ってことです。
アニマルコミュニケーターは
飼い主さんやペットたちを泥沼に追い込んだり
恐怖心を植えつけたりするようなことはありません。
少なくとも私はそういうふうになってお帰りいただくことを
心がけてお仕事させていただいてます。



                     
HANAnの活動をより広く知ってもらうために
ブログランキングに参加してます。
アニマルコミュニケーションやヒーリングはステキ!
と思われた方は、この文字列をポチッとお願いします♪


blogramランキングにも参加中!
こちらもよろしくお願いします(^0^)/

コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック