動物対話士(R) の伊東はなんが、方言まで再現する的確なペットの通訳で飼い主さんとの本当の愛と豊かさを引き出してお伝えします。
スポンサーサイト
--年--月--日 (--) | 編集 |
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
はなん@伊勢
2011年03月25日 (金) | 編集 |
昨年から、この時期にお伊勢参りに行くことを決めていました。
まさかこんなことになった後のお参りになるとは…。

外宮さんから内宮さんへ。
その間、月夜見さん、猿田彦さんにも足を運びました。
周りながらそれぞれの神様の氣の違いを感じたり、
参拝なさった方々の残された氣を感じながらお参りしました。

外宮さんと内宮さんではそれぞれ、御垣内と呼ばれる
いわゆる「暖簾の向こう側」まで通していただき、
参拝できたことのお礼と、東北地方の早期復興、人々の心の安寧、
そして天に召されたすべての存在への心からの冥福を祈りました。
今の私にできるのはそれしかないから。

幸いにも外宮さんも内宮さんも同席者はおらず、独り占め状態でした。
なんという贅沢!
ありがたい限りです。本当に。

被災地が落ち着くだろう頃を見計らって、
仮設住宅へペットと飼い主さんへのケアに行こうと思っています。

本当に心から、被災地の皆様にお見舞い申し上げます。
ペットさんの声、たくさん届けに行くから待っててね。
「うちにも来て!」ってリクエストはぜひコメント欄にお願いします。
管理者のみ閲覧可能にすると、私しか読めないから安心してね。


はなん@伊勢より
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。