動物対話士(R) の伊東はなんが、方言まで再現する的確なペットの通訳で飼い主さんとの本当の愛と豊かさを引き出してお伝えします。
スポンサーサイト
--年--月--日 (--) | 編集 |
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
凛とのコミュニケーション
2007年04月10日 (火) | 編集 |
このところ立て続けに凛にまつわる話が私の周りを飛び交うので、
これはきっと何かメッセージがあるに違いないと思い
凛とのアニマルコミュニケーションを試みました。

凛とは、志乃の同胎で1歳のお誕生日を待たずにお空に帰った子。
私にいろいろなことを教えてくれたし、
たくさんの夢をかなえてくれた子です。

凛とのコミュニケーションは一度もトライした事がありませんでした。
なんでかな。怖かったのもあるかもしれない。
何が怖いのかはよく分からないけれど…。

これから凛とのセッションを始めますが、
たぶんとてつもなく長くなると思います。
言葉が流れてくるままを文字にしますので
同じ言葉や言い回しが何度も出てきたりするかもしれません。
これはいつものメールカウンセリングと同じなのですが、
頭で考えて文章を作りこむのではなく、感じたままを
そのままキーボードに投影させているためです。

なので、もし同じ言葉が何度も出てきたら、
それほどまでに強調して伝えたい事なんだなぁと思ってください。

長文になりますのでお時間とご興味のある方は続きをどうぞ…。
凛UP
コミュニケーションに使ったのはこの写真です。

は・・・はなんり・・・凛

一番最初の写真とごあいさつをしました。

は)凛、久しぶり!
り)ほーんと久しぶり。すごく待ったよ。
  お母さんってば人の事ばっかりなんだもん

は)ん~~~。ゴメン…(^^;
  なんとなくね、勇気がなかったんだ。

り)お母さん弱いよねぇ。他人(ひと)にはあんなにいろいろ言うくせにぃ。
は)…(^^;
  そっち(の世界)はどう?

り)いいよ~♪明るくてねー、光がたくさんでお花もたくさんで、
  みんなが優しいよ。
  風も光も、ここにあるものはみんな(優しい)!

は)うちにいたときのこと、思い出すことはある?
り)あんまりない(笑)
  お母さんが思い出したときくらいかな。
  お母さんが写真を見てるとき、私も一緒に懐かしく見てるんだ。
  3人でいたときが一番楽しかった。
  はなしのりんって名前つけてくれて、みんなが一緒になってる感じが
  すごくよかったよね♪

は)さいごの時のこと、覚えてる?
り)さみしかった。がんばったんだよ、私。けど一人でさみしかった。
  おうちに帰りたかった。みんなのいるところに帰りたかった。
 (凛は病院で最期を迎えました)
  でも凛のお仕事はもう終わりだから帰らなくっちゃって。
  お母さんにはそのあともいろいろ辛い思いをさせちゃったよね。
  でもはなちゃんや志乃ちゃんがいてよかったと思う。
  そのあとの兄弟(ぼーずたち)は本当の事言うとちょっとさみしかったけど、
  でもこうなる予定だったんだよね、最初から。
  今でも芽依ちゃんと私を間違えるでしょ。
  あれはすごく嬉しいけど、芽依ちゃんにはかわいそうかなって思う。

は)芽依の中に凛の魂は入ってる?
り)うん、ちょっとくらいは。全部じゃないよ。
  だからこうしてお話しができるの。
  芽依ちゃんは私ができなかった事を全身全霊込めて生きてる。
  芽依ちゃんの命として。
  うらやましいなって思うこともあるよ。
  でも私はもう少しこっちの世界にいることにしたの。
  もっともっとお勉強する事があるような気がして。
  今だからお母さんだから言うけど、私、ショーは好きじゃなかった。
  辛かったよね、お母さんも。
  私も辛かった。お母さんのばかーって何度も思った。
  けど、お母さん聞こえなかったし、がんばってたし…。
  次にそっちに行ってもそれはもうしなくていいかな(苦笑)

は)そっか。ごめんね。そうだよね。とってもむきになって・・・、ね…。
り)だから芽依ちゃんがとってもうらやましかった。
  私も芽依ちゃんみたいにお母さんと一緒にショーをしたかった。


(ここで凛の気持ちも私の気持ちもいっぱいになってしばし中断)

り)(おもむろに)ねぇ、ぼーずちゃんの中にも私のかけらがあるの知ってた?
は)毛ぶきは凛そっくりだなぁって思ってたけど…。
り)分かってたんだぁ♪
は)それ、そうだったの?
り)うん。ちょっとだけ。でね、お母さん(ぼーずの毛を)
  ざくざく切っちゃったでしょ。

は)うん。切った(笑)
り)あれね、「やったー♪」って思って見てたんだよ。
は)なんで?
り)私のときにはやってくれなかったから♪
は)あぁ・・・そうなんだぁ。
  そうだよねぇ。ぼーずはずいぶんすっきりしたみたいだもんねぇ。
  萌には?入ってないの?

り)萌ちゃんははなちゃん(の分身)だよ(笑)
  だから(私は)入ってない(^0^)
  ねーねー、志乃ちゃんの調子がよくなってきてよかったね!

は)そういえばそうだねー、一時はどうなるかと思ったもんね。
  (志乃は一時期皮膚の調子がすこぶる悪い時期がありました)

り)キレイな毛だよねぇ。
は)ホントだねぇ。
  ところでさぁ、ホントにうちには帰ってこないの?

り)うん♪帰んないよ(^-^)(きっぱり)
は)…orz
  最近凛関係の話がよく出てくるんだけど、なんでだろ?

り)みんなにお別れとお礼を言いに行ってるの。
は)お別れ?
り)そう♪高いとこに行くの!
  お母さんの後ろの天使さんのお手伝いに行くの♪

は)へーーーーーっ!そうなん!?
  天使さんのお手伝いするんだ。凛ってえらいんだねぇ。
   (私の指導霊は、ペットが亡くなったときに行くペット専用の牧場の
  管理人をしている天使だと師事している先生に言われました)

り)だってお母さんの子だもん♪
  お母さんの神様のお手伝いするんだよ(嬉)
  早くそっちに行きたくてしょうがないの。

は)凛が高いところに行ったら凛と芽依を呼び間違えなくなるかなぁ?
り)そうかもねー♪(とにかくウキウキ)
は)そっちに行っちゃったらこういう風にお話できないのかなぁ?
り)かもねー♪でも大丈夫だよ。気持ちはいつもそばにいるって♪
は)凛は誰を一番守りたい?
り)志乃ちゃん!(即答)
は)そっかー(^-^)
  唯一の兄弟だもんねー。

り)たまにね、志乃ちゃんに会いに行くんだよ。
  志乃ちゃんも分かってて、凛が来たよってみんなに教えてるのに、
  志乃ちゃんは教え方がへただからみんなに怒られちゃうの(--;

は)(はっ!)あれは凛だったんだ?
り)たまに違うときもあるけど☆
は)(=_=)
  高いところに行く前にはちゃんと私にも教えてよ。
  高いところに行くのは喜ばしい事だけど、嬉しいけど、
  けどなんだかさみしいね。ますます離れ離れになっちゃうみたいだよ。

り)そんなこと言っちゃやだよ~。笑顔で送ってよ~。
は)夢に出てきてくれない?そしたらちゃんと見送ってあげる。
  泣くかもしれないけど。凛の前途を祝うよ。

り)うん!約束だよ!そしたら早く寝てね。夢見る時間を作ってね。
は)わかった。そしたら「今日は早く寝なさいね」っていう日は
  凛のにおいで教えてね。

り)え~~~?難しいぃ~。
は)分かった(^^; 早く寝るわ(苦笑)
り)ねぇ、もういい?(もうそろそろ帰りたい)
は)なんで急ぐの?
り)あんまり長く話してちゃダメだって。
は)上の人に(いわれてるの)?
り)うん。
は)そっか。こうしてお話できただけでもすごいよね。
  じゅうぶん…だよね。


凛のふわふわを思い出してしばし中断。じっと待っててくれる凛。

り)じゃぁね。がんばろうね。

白馬が空を駆けていくように、
斜め上のお空に向かって走っていった凛でした。

  
本当は楽しいより辛い思い出のほうが多かったみたい。
いろんなことを包括して、私のためにコミュニケーションしに
降りてきてくれました。
いろんなことがあったもんね。
酸いも甘いも…というより、酸っぱかったり苦かったり渋かったり…、
そういうことが多かった凛とのショー生活。
今だから、私だからはっきり伝えてくれたのかもしれない。
アニマルコミュニケーターとして仕事をしてなかったら、
ここまではっきりと負の感情まで伝える事はしなかったかもしれない。

凛はさらに高い次元を目指してお空に上がって行きました。
じゃぁ残された私は・・・?
私もさらに上を目指して勉強しなくちゃ。

今日はもしかしたら泣くかなと思ったけど、淡々と話ができた。
本当に凛離れしなきゃいけないときなんだね、きっと。

ふと視線を動かした先に、はなしのりんの写真が。
2004年の年賀状用に撮影した画像です。
私のお気に入りの一枚なので、キレイに印刷して額に入れてあるんだ♪
はなしのりん2004年年賀状用画像

左端で一人目立ってる凛が「ホントにがんばんなさいよ!」って
私に喝を入れているようでした。
コメント
この記事へのコメント
すごいね
すごいね、凛ちゃん!はなママも。
すごいよ~本当にいい関係だね。
もっと言いたいことがあるのに、言葉にならない。

2007/04/10(Tue) 21:03 | URL  | モモ&ゆう #mQop/nM.[ 編集]
ありがとう♪
きっと凛とお話しするのはこれが最初で最後だと思うけど…。
お話できて良かったなぁと思いました。
お互いいろいろ思うところはあるんだよね、私も凛も。
がんばって神様のお手伝いをしてほしいと思います(^-^)
2007/04/11(Wed) 12:53 | URL  | はなん #Si2BarZE[ 編集]
うらやましいなあ
はなんさんがうらやましいです。だって自分で自分の子供たちとコンタクトできるなんて。家族のワンが突然なくなってからまだ4ヶ月しかたってません。心の整理がつかずに今まできました。でもやっぱり亡くなった子が心配してくれてると思うとがんばろうっておもいます。
2008/11/04(Tue) 15:15 | URL  | カズ #7O9A4FZ.[ 編集]
カズさま♪
私はカズさんのほうがうらやましいですヨ。
私はこうして凛と話ができるまで、丸三年かかってます。
四ヶ月くらいのころは、アニマルコミュニケーターなんて存在は知らず、
人間の霊能者のところに行っては悲しい思いをしていました。
(犬は「犬畜生と言われているのだから忘れなさい」と言われたこともあります)

それを救ってくれたのが今の私の霊能の先生です。
人にはそれぞれペーストタイミングがありますからね、
あせらないでいいと思いますよ。
よろしければアニマルコミュニケーション勉強会に
お越しください(^^)
ご自身で話せたらもっと考えも変わってくると思います。
2008/11/05(Wed) 00:50 | URL  | はなん #Si2BarZE[ 編集]
コメントを投稿
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。