動物対話士(R) の伊東はなんが、方言まで再現する的確なペットの通訳で飼い主さんとの本当の愛と豊かさを引き出してお伝えします。
スポンサーサイト
--年--月--日 (--) | 編集 |
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
お仕事をしたがる子たち
2007年04月08日 (日) | 編集 |
昨日も出張でアニマルコミュニケーションのセッションをしてきました♪
今回は多頭飼いのワンコさんです。
たぶん同じような事でお悩みの方が多いと思いましたので、
個人を特定せずに、「こういうときはこういう理由の可能性があるよ」
というひとつの例としてご紹介します☆

先住犬の子は人間になる日も近いかも~ってくらいの子で、
家族も「この子がいれば安心♪」って感じ。
ある意味、影の大黒柱みたいな感じかも(笑)
ずーっと私とおもちゃの引っぱりっ子をしました(^0^)
フレンドリーなワンコさんで特に問題はなさそうだったので、
体の弱点はないかなぁってスキャンしました。

その犬種としては気管支がしっかりしてるなぁという感じだったので
「この子、気管支は丈夫ですねぇ」とお伝えしたところ、
「そうなんです。同居犬はハーハーしててもこの子はちょっと舌を出して
暑いかも~ってくらいなんです」って。
そのあと感じたのが足腰の疲れやすさ。
確かに夏になると訳もなく突然座り込む事が何度かあるそうで…。
あとは耳。片方だけちょっと聞きにくそうな感じがしました。
飼い主さんにお聞きしたら確かに昔、耳を患ったことがあるとのこと。
今は完治してるそうなので安心しました♪

で、後輩君はというと…。
毛色の配色も、体型も、申し分なくイイ子。
そして、威勢もイイコ(笑)

人や動物をあわせた知らない物事に対しては吠えてしまったり、
時に噛み付いてしまったりするのが飼い主さんの悩みとのことでした。
どんな反応をするのかなと思って普段どおりにしてもらい、
私にも吠えてもらったり、噛み付いてもらったりしました。

いろいろお話させてもらって分かってきたのが、
元々の気の弱さや、先住犬への憧れ(自分にないものを持っている)、
自分も認めてほしいという気持ち…などなど。

飼い主さんは本当に心の優しい方で、犬の気持ちもこれでもかってくらい
十二分に理解をされていて、だからこそ余計にワンコもその期待に
答えたかったのかもしれません。

そしてワンコが自分で出した答え(この子はとても頭が良いのです☆)は
「周りから強く見られることで自尊心を高める事と、
頼りになる犬だということを家族へアピールをする」という事で
他人(他犬)に吠える&噛む、をしていたようです。
吠えたり噛んだりすると周囲が一歩引きますから、
それを「強くて怖がられてる=一目置かれる存在になった」と思っていたようです。

ただ実際にやってみると、なんだかちょっと違うかも…と思いつつも、
違う手段を見出せなかったのでそれを続けていた感じ。
健気ですよね~。彼なりに一生懸命考えて、それを実行していたのです。
もう、かわいくてかわいくてたまりません♪

そこでHANAnから、
「何か別のお仕事を与えてあげてください」と提案をしてみました。
例えばアジリティ。
例えばドッグショー(去勢しちゃってたら×だけど)。
などなど、他人から見ても「キミはすごい!」と言われるようなことを
させてあげると彼の自尊心も傷つかず、存在価値も見出す事ができると思いました。

ほかにもいろ~んなお話しをしました。
楽しかったです(^-^)
私の長話にお付き合いくださってありがとうございました(^^)

吠えることが問題行動のひとつである場合、
威嚇などのほかに、それを仕事と思っている場合があります。
人が仕事をして達成感を得るように、動物だって達成感を得る事は
大事な事だと思います。
「この子にしかできない何か」を探して、それをさせてあげることで
問題が解決する事もあります。
ぜひ何かひとつでもいいです、探してあげてください(^^)

ちなみに我が家の場合、
はなは撮影モデル。
志乃はセラピードッグ。
ぼーずは、ワンコの心を開かせるためのヒーラーでしょう、きっと。
そして芽依はショードッグ。
萌は…?お笑い芸人か?!(笑)
いやいや、我が家のマスコットドッグです。存在が癒しだもんね。

我が家の5ワンにもそれぞれ役目があります(^-^)
皆さんのおうちのペットさんにもそれぞれの役目がきっと…♪
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。