動物対話士(R) の伊東はなんが、方言まで再現する的確なペットの通訳で飼い主さんとの本当の愛と豊かさを引き出してお伝えします。
戸隠探訪 早朝座禅編
2010年10月13日 (水) | 編集 |
1泊2日の戸隠探訪はとっても盛りだくさんで
とても一回では書ききれないので何度かに分けてUPします。
前回の奈良の神社めぐりといい、今回の戸隠といい、
我ながら「なんて欲張りなんだろう」って思います・・・(笑)

今日は朝5時半から始まった座禅体験をUPします。


千葉を夜中の12時半に出て長野についたのは朝4時。
軽自動車で行ったのでそれほど飛ばしていないのに、
思ったよりずっと早く着きました。

せっかく早く着いたので周囲を探索、もしくは
車の中で一寝入り・・・と思ったのですが、
とにかく森!山!で、真っ暗!!!
周囲の気配を敏感に察知しようと思えばいくらでも
おどろおどろしいものが感じられるような、
そんな雰囲気でした。
怖いからそんなことしなかったけど(^^;

なので、とにかく車を走らせ続けること1時間。
じっとしているのが怖かったので、
とりあえず道場を確認して、15km先のお宿を確認して、
戸隠神社の脇を通ってみたりして、
とにかく座禅道場が開くまであちこち走りました。

このときにおもしろく感じたのは、
お寺と神社の前を通った時の雰囲気の違い。
格段に神社さんの前のほうがホッとする!
あぁ、やっぱりここには神様がいるんだなって思いました。

あたりが薄明るくなってきたので道場に戻ります。
本当は道場前で車を止めててもよかったんだけど、
こんな看板に見守られながら仮眠を取るのは無理!
…と思いません?(^^;
道場前の看板! どどーん!
明るくなってから撮影したからまだいいけど、
真っ暗な中でこれを見たら…です(笑)

座禅体験させていただいたのはこちら。
座禅道場「座禅専門道場 活禅寺」
右下の大きな看板が先のお坊さんの2ショット↑です。
こちらのサイトに詳しいことが書かれています。

どうやら受付をしてくださったのが大先生のようです。
とてもお人柄が柔らかく親しみやすく、
「またこの人に会いに来たい」と感じる方でした。
大先生と2ショット写真とってもらえばよかったな。
「昨日だったら吉永小百合にあえたのに」なんて言ってくれる
気さくなお方です。
私が行く前日に吉永小百合さんが戸隠に来ていたようで残念!
お寺さんでの座禅は初めてだったのですが、
大変親切に丁寧に教えていただきました。
この大先生のお人柄が門下生の皆さんにも伝わっているんだね。

道場の中は非常に粛々として心地のいいものでした。
私が習った座禅とは少しずついろいろ違っていましたが、
「郷に入っては郷に従え」です☆
つつがなく1時間の座禅体験を終えました。
結跏趺坐を1時間もしていたにもかかわらず、
痺れを切らさずにすぐ立ち上がれたのは
場の持つ空気感かもしれません。

参加費は「志」で金額が決まっていません。
私も心ばかりのご喜捨をさせていただき道場をあとにしました。

朝一番の真っ暗な森の空気が怖かったことを除けば
本当にいい感じ。
次に行くなら夏かなぁと思いました。←この辺がヘタレです(笑)

そして日が高くなってきたので改めて戸隠神社に向かってGOです。
途中の景色は旅をしていることを実感さえてくれるのに
十分なものでした。
いかにも戸隠!って感じ
柏にはない風景です

お宿に車だけ置かせてもらおうと思い、
お声をかけさせていただいたら
「もしかしたら危ないかもしれないので」と、
こんなものを渡されました。
熊避けの鈴
熊避けの鈴です。
これがまた高く澄んだいい音で…。
熊だけでなくちょっとした除霊にも使えるくらい。
本気でひとつ譲ってほしいと思いました。
(お宿の人には恥ずかしいから言わなかったけど^^;)

ということでこれから
徒歩による戸隠五社めぐりがスタートです。
続きは明日。



←登録してみました♪ステキなブログがたくさんです(^^)

                     
HANAnの活動をより広く知ってもらうために
ブログランキングに参加してます。
アニマルコミュニケーションやヒーリングはステキ!
と思われた方は、この文字列をポチッとお願いします♪


blogramランキングにも参加中!
こちらもよろしくお願いします(^0^)/

---
アニマルコミュニケーション・各種ヒーリング・パワーストーンなら
HANAn H&Aヒーリングセンター http://comm.hanan.jp
テーマ:神社・仏閣巡り
ジャンル:旅行
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック